【WordPress】アフィリエイトコードが貼れない。ブロックエディターでHTMLコードを貼るには?

スポンサーリンク
WordPressのブロックエディターでアフィリエイトコードを貼る方法ブログ収益化
この記事は約3分で読めます。

ブログ(WordPress)にHTMLコードを貼りたいんだけど、貼り方が分からないんです

と問い合わせがありました。HTMLコードを貼るならエディターの「HTMLの挿入」ボタンをクリックすれば貼り付けられたはずだけど…と思いながらやり取りをしていると、ブロックエディター(Gutenberg グーテンベルク)に変えたらアフィリエイトコードの貼り付け方が分からなくなったとのこと。

旧エディターの場合は「HTMLの挿入」ボタンを使いましたが、ブロックエディターの場合、段落ブロックには「HTMLの挿入」はありません。

ブロックエディターでアフィリエイトコードなどのHTMLを挿入するにはどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

WordPressのブロックエディターでアフィリエイトコードを貼り付ける方法

アフィリエイトコードにはテキストタイプとバナー広告タイプの2つがあります。

バナータイプのアフィリエイトコードの貼り付け方

バナー広告タイプのアフィリエイトコードをブロックエディターで貼り付けるには、「カスタムHTML」のブロックにコピーしてきたアフィリエイトコードを貼り付けます。

プレビューをクリックすれば、バナー広告を確認することができます。

文中にテキストタイプのアフィリエイトコードを貼り付けるには

文中にテキストタイプのアフィリエイトコードを貼り付けるのに「カスタムHTML」を使ってもいいのですが、誤ってコードを削除してしまうと収益が発生しなくなることがあります。

文中にテキストタイプのアフィリエイトコードを貼り付けるには、旧エディターと同じ使い方ができる「クラシック」ブロックを使用します。

フィリエイトコードを貼り付けたいところにカーソルを置いた状態で、画面の左上にある「+」をクリック、「クラシック」をクリックします。

旧エディターと同じ使い方ができるブロックが挿入されます。

※ブロックエディターのブロックは、適用しているWordPressテーマによって異なる場合があります。

ブロックに表示されたツールエリアの中にある赤く囲ったところをクリックすると画面の上のほうに「(ドメイン名)の内容 HTMLを挿入してください」とコードを貼り付ける場所が開いてきます。

コピーしてきたアフィリエイトコードを貼り付け、OKボタンをクリックすれば、文中にテキストタイプのアフィリエイトコードを貼り付けることができます。

テキストタイプのアフィリエイトコードをボタンのように貼り付けるには

もうひとつの貼り付け方として、適用しているテーマによってはテキストタイプのアフィリエイトコードをボタンのように貼り付けることができるブロックもあります。

ブロックエディターでテキストタイプのアフィリエイトコードをボタンのように貼り付けるには、「囲みボタン」ブロックを使用します。

画面の左上にある「+」をクリック、検索窓に「囲みボタン」と入力して検索。「囲みボタン」をクリックすると文中に「囲みボタン」ブロックが挿入されます。

画面右側に「囲みボタン設定」が表示されたら、リンクタグ・ショートコードの枠内にコピーしてきたテキストタイプのアフィリエイトコードを貼り付けます。

以上が、ブロックエディターでアフィリエイトコードを貼り付ける方法となります。

アフィリエイトコードにはリンク以外にimgタグが挿入されます。これは、アフィリエイトコードに必ず必要なもので、削除してしまうと収益につながらなくなります。基本的に、アフィリエイトタグを改編してはいけないことになっていますので、コードを挿入する際は気を付けてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました