アプリのインストール。位置情報や個人情報へのアクセス許可が出たら要注意

最近人気のスマホアプリ「ポケモンGo」。いつもは人の姿があまり見られない地元商店街に夜な夜なスマホを片手に歩き回る人を発見することがあります。

そんなに楽しいものなのかと、アプリストアで検索をしてみたら、よく似たアイコンのアプリがたくさん見つかりました。

実はスマホアプリの中には、本物のアプリではなくアイコンや名前を似せて作られたものがあります。それらをインストールしてしまうと不具合が生じたり個人情報を抜き取られたりする危険性があります。

スポンサーリンク

スマホやタブレットを使うならアプリのインストールは必須作業。偽物が登場しやすいアプリもあるので気を付けて

「ポケモンGo」というアプリは、街中でいるポケモンをゲットできる!ってやつなのですが、(日本での公開は2016年7月22日)、つまり今日なのですが、もうすでに偽物アプリが登場してると朝のニュースで報道されていました。

アプリの制作会社を見れば違うんじゃないかと疑念を抱くこともできるかもしれませんが、子どもさんをはじめとするアプリのダウンロードに不慣れな方はそこまで注視してアプリのダウンロードをしないかもしれませんね。

アプリには個人情報にアクセスするものがある。利用に必要のない情報まで提供する必要はありません。

実はアプリや、アプリ間の認証で、個人情報が抜き取られる危険性があることはご存知でしょうか。ずいぶん前になりますが、SNSのアプリ認証で、不要な情報にアクセスされるという事例が多く報道されていました。

これは、アプリの認証以外にもSNSのアプリ間認証や占い・診断系などの投稿にも仕込まれていることがあります。

といっても、いきなり認証されるわけではなく、認証確認画面で「このアプリ(サービス)は〇〇にアクセスしますよ」と明記されています。その画面で「認証」を押せば認証されるので、それさえしなければ大丈夫なのですが…。

スマホのアプリだけじゃない。SNSの連携アプリにも注意が必要です

FacebookやTwitterなんかのSNS。設定の画面をのぞいてみると「アプリ」という言葉があるのを見たことはありませんか?それもその名の通り、アプリです。

特に多いのが診断系。これを使った投稿を目にされた方もおられるんじゃないかと思います。

興味本位でクリックしちゃうこともあるのですが、「アプリ認証」という画面が表示されたらそこでストップ。アプリ認証の際、「この情報にアクセスする許可~」みたいな文言が必ず表示されます。これをよく読まないで認証ボタンをクリックしちゃうと、後でトラブルに巻き込まれる可能性が生じますよ。

診断系に友達リスト、必要ないでしょ?なのに、アクセスするよって表示されます。これは連携しちゃだめです。さっさとその画面から離れてください。

位置情報って本当に必要?意外と初期状態では位置情報付与しちゃってます

わたしはiPhoneユーザーなので、iPhoneの話しかできませんが、位置情報ってどうされてますか?この設定、意外と最初は全開になってます。なんでもかんでも位置情報付けちゃってます…。

わたしはこの設定をオフにしています。必要なときだけオンにしてます。それもアプリごとに。え?面倒?ですよね~(笑) でも、面倒だけどそうしてます。警戒心旺盛過ぎかな(笑)

ちなみにiPhoneの場合は、「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」で設定可能です。すべてのアプリで位置情報サービスを使わない場合は、オフにしておきます。わたしのようにアプリによってオンとオフを使い分けたい場合は、全体の設定をオンにして、アプリごとにオンとオフを切り替えられます。

まとめ。

ゲームを楽しむつもりが個人情報を抜かれていたなんてことにはなりたくないですよね。そのあたりも十分気を付けてよく読むようにしてくださいね。それにしてもすごい反響で驚きました。街中を歩いている人を取材しているような人も見かけました。いや、すごいな。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アプリのインストール。位置情報や個人情報へのアクセス許可が出たら要注意
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!