人の話を聞く力。話す力より大事だと考える

パソコンインストラクターをやっているからか、話す力のほうが強いんじゃないかと思われがちですが、人の話を聞く力が強いねと言われることのほうが多いです。

自分では意識したことは無いのですが、わたしと話すと頭がスッキリすると言われることが多いので、もしかしたら人の話を聞く力があるのかな?と思ったりもして。

ただ、わたしに話をしたいと思ってくださる人の思いを感じながらその場を過ごしているだけなのです。

スポンサーリンク

人の話を聞くときは相手が答えを望んでいるのか、ただ話を聞いてほしいと思っているのかを感じる

自分が人に話を聞いてほしいとき。答えを望んでいることはほとんどありません。というのも、答えをもらってしまったら、どこかでその人を意識してしまうから、「意見ちょうだい」という感覚で話を聞いてもらいます。

それか、ただ愚痴りたいだけ、なこともあります。「もう聞いてよ~」みたいな。

だからか、相手が何を望んでいるのかな?と探りながら聞いているような気がします。

わたしはこう思うよというような言葉はあまり使いません。求められれば、「これはわたしの主観ですけど」と言って話をしますが、どちらかというと「それで?」「そっか」「たとえば?」など掘り下げるように相手が望んでいることはなにかを探っているんだと思います。

人の話を聞くときに感じる疑問を大事にする

世間知らずなので、人の話を聞いていると「あれ?どういう意味だろう」と思うことがよくあります。

そういうときは分かったふりをしないで、相手にたずねるようにしています。聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥ということわざがありますが、まさにそれです。

相手にとって当たり前なことも、場所や人が変われば当たり前ではないとわたしは思います。自分も無意識なレベルで相手が分かってくれると思ってしまいがちです。相手の顔色を見たり声色を聞いたりすれば「あ、いま当たり前だと思って話している?」と感じます。

なので、そんなときは「ごめんね、同じ状況になったことが無いから質問してもいい?」と相手に断りを入れてから聞くようにしています。

それは相手の感情に対しても「なんでそう思ったのか」というところを聞くこともあります。先ほども書きましたが、人の感情ほど同じであることは無い。同じシチュエーションであったとしても感じ方は違いますから。

自分はそうは思わないけれど、相手がそう思ったのなら何かしらの理由があるはず。そう思って相手に質問すると、具体的に話そうとされるからか、相手の中の何かがきれいに整理されていくような感じがします。

人の話を聞くときは、相手のテンポに合わせて

人が話をするときにはその感情の状態なども関わってくると思いますが、ゆっくりと話す人や早口で話す人、いろんなタイプの方がいらっしゃいます。

相手が自分とは違うテンポで話す人だとつい「遅いな」とか「速いな」とか思ってしまうことがあります。

特に掘り下げるような質問をしたときには、相手が答えづらいのか自分の中身と話をしているのか、無言になることがあります。

話を聞く側の人間はこの沈黙がなかなか堪えます。特に忙しい人ならなおのこと。つい「分からないの?」と言ってしまいたくなりますが、そこはぐっと抑えて待つ。

話すテンポが速い人の場合は、話が終わるまでこれまた待つ。途中で何か言ってしまうと同じ事を繰り返して話してしまったり、話が逸れたりするからです。

それとこれは聞く側のときなのですが、頭の中で次に何を話そうかとか答えはとか考えないようにしています。

聞いている途中で分かった気になっていないか

これは知り合いの話なのですが、話をしている最中に「わかった」という人がいます。たぶん、こういうときに本当に理解している人は意外と少ないんじゃないでしょうか。

相手の話を聞いているうちに聞く側がいろいろ考えてしまって、頭の中に答えを見つけてしまい(というか予想?)、「はいはい、分かったよ」という感じになっています。

でも傍から見れば「分かっていない」と分かります。

上司が言った指示を、頭の中で勝手に脳内変換したんでしょうか、案の定、ミスを連発されてしまいました。

この知り合い、人が話をしている間待っていることができないのです。必ず途中で話を遮ります。たぶん、答えを出してあげたい、自分はもう理解していると伝えたいんじゃないかと思うのですが…。

そういう人に話を聞いてほしいと思う人は少ないと思います。そして仕事を任せる上司もいないと思います。

人の話を聞く力についてのまとめ。

最後は脱線してしまいましたが。
仕事に限らず人の話を聞くというのは耳を貸せばいいというものではなくて、相手の身になって親身に聞きつつ、相手の望みは何か、例えば同意してほしい、共感してほしい、意見がほしい、いろいろあります。

質問と相槌をうまく使って相手の話を聞く。相槌は短いほうが効果的な気もします。あとは頷く。やみくもに頷くと相手に「聞いているふりをしているだけ?」と取られがちなので、きちんと頷くようにしてもいます。

そのおかげか、いろいろな人の話を聞くことができて、いろいろな価値観や視野にも触れることができて、人間の幅?懐が深くなっているような気もします。

聞く力を磨く、高めるというのはコミュニケーションスキルの中でも重要だと思います。それからリーダーとしてのスキルとしても高めておいたほうがいいと個人的に思います。

この人凄いねという人はやはり「質問上手」。つい話をしてしまいます。答えは何ももらってはいない、聞いてもらっている感覚ではありますが、聞いてもらっている間に自分の中の感情や考えのもつれた糸が解かれていくような気がします。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

人の話を聞く力。話す力より大事だと考える
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!