ママの就職。採用条件の「パソコン操作ができる方」とは?

この時期になると、保育園や幼稚園に入園するお子さんを持つママから採用条件にパソコン操作ができる方と書いてあるけれど、どの程度のパソコン操作スキルが必要なのかという相談が増えます。中には「WordやExcelの基本操作ができる方」と書かれていることもありますね。

が、このパソコン操作やWord、Excelの基本操作ができるとはいったいどの程度の操作スキルのことを言っているのかというのは意外と曖昧なもので、いざ働き始めてから採用したほうも採用されたほうも「こんなはずじゃなかった」という話になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

パソコンスキル。採用後の「こんなはずじゃなかった」が聞こえてくる理由

数年前まで職業訓練校の非常勤講師をしていた関係で、採用側からも採用される側からも相談を受けることがありまして、「こんなはずじゃなかった」という話を聞くたびに、もっとうまくスキルのマッチングができなかったのかと思いますが、実際のところ、これはなかなか難しいものがあります。

資格があれば就職面接に有利。とは言えない。

「就職に有利なパソコンに関する資格や検定はなんですか?」と聞かれることがよくありますが、結論から言って採用されたいと思う会社次第ではないかと考えます。

世の中にはいろいろな職域や職場があります。専門性が高いものであれば資格や検定合格が必須の職域もあるかもしれませんが、パソコン操作に関して言えば、どちらかというと業務上パソコンを道具として使うことが多い、つまり、パソコンに関する資格や検定が必要な専門性よりも業務上、たとえばメールのやり取りであったり、書類を作成したりするときに使うのがパソコンという、極端な言い方をすれば文房具と同じような感覚ではないかと。

というのは地域性というか地方だからかもしれませんが、それほど高いパソコン操作スキルを求められることはそんなにないのかなと。

ただ、同じパソコンを操作するといっても、操作スキルが高ければ業務の効率化が図れます。たくさんある操作技術の中から適切なものを選択し、業務を効率的に遂行できるほうがいいと考えることもできます。

パソコン操作の技術を習得することができれば、同じ業務内容だとしてもそれにかける時間を短縮できることになり、ほかの業務に時間を割くことができますから、操作技術という引き出しをたくさん持つことは仕事をしていくうえで有用なことだと思います。

とはいいつつ、仕事をしていくうえで資格や検定の勉強は役に立つ

子育て中にある事情からパソコンを手に入れ、操作技術を独学で習得したわたしが思うのは、パソコンに関する資格を取ったり、検定にチャレンジしたりするのは就職面接時の看板にはならないけれど、採用されたあと、仕事をしていくうえで大いに役に立ったなということ。

ちなみにわたしが受検した検定は、Microsoft系の検定、ドットコムマスター、日商ワープロ検定、パソコン検定(P検)ですが、これらすべて採用後に受検・合格したものです。受検しなさいといわれたものは日商ワープロ検定だけであとは自主的に受検したものです。

採用されたのだから受検しなくてもいいんじゃないと言われることがよくありましたが、業務でパソコン操作技術をたくさん習得したけれど、自分がどれくらい理解できているかというのを客観的に見てみたくなって受検しました。

パソコン関連の資格や検定を受検するメリットは

パソコン関連の資格や検定を取得したのは採用後のことだったので、わたしにとっては採用に活かすことができたなと思うところはありませんでした。

が、検定を受検したことでわたしにとってメリットだったなと思うのは、パソコンという大きなカテゴリの中で自分の得意・苦手な分野がよくわかったことでした。

得意なところは問題集を読んでもすぐに理解できますし、反対に苦手なところは何度読んでも理解できない。そこが分かったことで、自分の性格も考えて、まずは得意な部分を伸ばし心に余裕が生まれたところで苦手分野に挑戦すると決めたことが結果的に時間はかかりましたが、確実にスキルにできたと思います。

パソコンインストラクターがおすすめするパソコン関連の検定

パソコンインストラクターになりたいという方に…というわけではなく、業務に最低限必要な範囲を客観的に見てこの検定の受検勉強は役に立ったなと思うものをご紹介しますね。

P検

受検した検定の中ではP検が一番、自分が得手としているところ、反対に苦手としているところが分かりやすかったと個人的には思います。

P検-ICTプロフィシエンシー検定協会
P検は、パソコンを初めて触る方から、企業内でパソコンを有効利用されている方まで、パソコンを扱う全ての方を対象としたエンドユーザー向けの検定試験です。

というのも、受検範囲がパソコンを始めとしたハードのこと、インターネット、Office系ソフトの複合的操作技術など、全般的な範囲を抑えている検定だと思います。

ただ、こちらの場合、テキスト最新刊でも数年前のものなのとパソコン関連の検定としては認知度がやや低い傾向にあります。受検会場もほかのものに比べて少ないのも気がかりな点ではあります。

Microsoft Office Specialist(MOS)

WordやExcelといったソフト単体の操作技術に関して学びたいと思ったら、MicrosoftのMOSの受検もひとつの選択肢ではないかと思います。

MOSとは|MOS公式サイト

こちらの検定は対策テキストがたくさん販売されていますし、通信講座も開講されています。受検対策講座を行っている大手のパソコン教室も多いので、パソコン関連の検定のなかでも認知度は高いような気がします。

ただ、こちらの検定は受検費用がほかのものに比べて高いです。受検するかしないかは費用対効果をよく考えてもらった方がいいかもしれません。

が、個人的には下のテキストの問題集はおすすめしたい教材です。

採用条件にある「パソコン操作のできる人」についてわたしなりにまとめてみるとこうなる

採用条件にあるパソコン操作に関するものは多くの場合、WordやExcelが操作できればその他のこともある程度理解しているだろうと、掲載されていることが多いようですので、具体的にどの程度というものは正直、面接のタイミングで質問するしかないかもしれません。

が、その前にできることというと、棚卸しというのでしょうか。自分が今までどんなことをパソコンを使って操作してきたかというものを示すことができるようにしておくとか、最低でも自宅あるいは前職で使用していたOSやアプリケーションソフトなどが言えるようにしておかれるとよいのではないでしょうか。

あと、個人的にはメールの送受信、添付に対する知識、ファイル名、拡張子、署名などについて理解できていたほうがよいと思います。それから入力スピードも遅いよりは早いほうが業務を効率化できると思うので、タイピング練習もおすすめです。

ちなみに、タイピング速度の判定によく使っていたのがe-typingの腕試しチェックです。

腕試しレベルチェック
ウェブ上で無料のタイピング練習ができます。基本からじっくり学びたい方、もう一度練習し直したい方、ぜひご利用ください。楽しくタイピング練習しませんか。

いろいろ書きましたが、まとめきれていませんね。何か思い出したら追記していきます。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ママの就職。採用条件の「パソコン操作ができる方」とは?
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!