「町を元気にしたい」という人との出会い

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はライティング用の取材日。

この方にお会いすると私は原点に返るように感じます。

毎月、お会いするこの方は年下の女性。「町を元気にしたい」という思いを強く表現する彼女。その瞳には力強さがあります。

スポンサーリンク

若さを武器に…とは言えない場所もある。思いを封じ込めるような声かけ。

どこにでもある話かもしれませんが、こういう思いを持つ人は少なからずいらっしゃいます。だけど、それと同じくらい「やっても無駄」という人も・・・。

若い彼女はそんな声に「やってみないとわからないでしょ」と吠えるように。

どうしてこの声に「ほな、やってみな」と言える大人がいないのか。

何が正解で、これをすれば・・・なんてことが分かれば、みんなやってますよね。

分からないからやらない、それより、分からないけどやってみたいをどうして尊重することができないのでしょう。

それが無駄だと言い切れる、その理由を説明してほしいと思う。

それが問題を提起しているなら、その問題をクリアする方法を考えようとは思わないのか。どうして大人の知恵や経験で、それを導いてあげることができないのか。

「やっても無駄」というけれど、無駄なことはやってはいけないのでしょうか

無駄なことってやってはいけないのでしょうか。
結果がすぐに出ないことはやっても本当に無駄なことなのでしょうか。
数年、数十年かかってもできていないことってありますよね。だから、無駄って決めつけるのは時期尚早ではないでしょうか。

今まであらゆる立ち位置、立場の人がその思いを持って、行動した。けれど、達成できなかった。それは事実かもしれない。だけど、それが思いを止める理由になるのでしょうか。

成功事例と言われるものを見て、それはそこだからでしょ?という人。本当にそれだけで成功したと言われているのでしょうか?
出来ない理由を探す時間があるなら、その余力があるなら、できるようにするにはっていう前向きな話、しましょうよ。

彼女の瞳を見ていると、何か力になりたいと思う。
だけど私にはその力がない。ない、で終わりたくないと思っています。

まちづくりはひとづくり

という言葉があります。私は本当にそうだと思います。

彼女のような人が思いを口に出し、彼女なりの視点で取り組んでいける世の中になってほしいと思う。そしてそれを見守る大人になっていきたいと思う。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク