NPO法人に所属して18年目。今更ですが非営利組織について学ぶことになった。

わたしは個人事業主として働きながら、NPO法人に所属し活動をしています。大きな声では言えないのですが、NPO法人に属しながら非営利組織という組織形態についてしっかりと学んだことがないのです。ましてや非営利組織の経営について学んだことなどありません。

そんなある日、介護施設を経営されている方から「非営利組織について学びたくない?」と声をかけられました。「ドラッカーの本を使って読書会をするからおいで」と言っていただいたことで、ドラッカーの唱える「非営利組織の経営」について学ぶことになったのです。

スポンサーリンク

わたしとドラッカーとの出会い(?)

ドラッカーとの出会いは「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」でした。以前からマネジメントについて勉強したいと思ってはいたのですが、マネジメントの本は書いてある意味が分かりにくくて、何度か図書館で借りてチャレンジしたのですが挫折していました。

店頭でこの本を見つけた時、高校野球の女子マネージャーが~という背表紙で(高校生?もしかしたら読めるかも…)となんとも安易な動機で手に取りました。

そこには高校野球の女子マネージャーが弱小チームを強くしようとドラッカーの「マネジメント」という本を読みながら奮闘する姿が描かれていました。

それがわたしとドラッカー(正確に言えばドラッカーの唱える組織論)との出会いとなりました。

ドラッカーの「非営利組織の経営」を学ぶ読書会に参加してみた

まずこの本のタイトル、非営利組織の経営。非営利なのに経営?営利を目的としない活動なのに?とここで無知さをさらけ出すことになるのですが、「聞かぬは一生の恥」とばかりに分からないことを分からないと言う覚悟で読書会に参加しました。

読書会は、同じ本をまずは時間を区切って一章ずつ読むところから始まりました。そこで気になったことを付箋に書きます。思いつくだけ書きだすのでものすごく集中して読むことになりました。

主宰者(ファシリテーター)の合図で参加者それぞれが付箋に書かれたことを皆さんの前に示しながら、本に書かれていることと自身の感じたこと、考えたことを発表していきます。

同じ本を読んでいるのに、参加者それぞれが違うものに気づき、考えを広げ、言葉を紡いでいきます。その様子を見ていると、同じものを見ているのに(読んでいる、または聞いているのに)感じ方が違うものだということに気づくことができました。

それは組織運営にありがちな「同じ団体に属しているなら同じ感じ方、考え方であるべき」というような考え方がうまくいかないという事例が多い理由が分かるような気がしました。

それぞれの意見や感じ方を共有したところで、主催者(ファシリテーター)が意見をまとめていきます。

こんな感じで1章ずつ読み進めていく経験は初めてだったし、同じ本を読んで語り合うことも今までの人生で初めてのことだったので、ただ読んでいるよりももっと深いところまで何かが落とし込まれていくような感覚でした。

ドラッカーの組織論に触れてみて感じたこと

読書会では第1章の途中で時間切れとなり、それ以降は空き時間に少しずつ読んでいる状態ですが、読書会ほど落とし込みがうまくできていなくてここで表現することはできそうにありません。

が、「非営利組織の経営」第1章の「ミッションとリーダーシップ」を読んで印象に残ったフレーズを引用すると

ミッションとは組織に働く者全員が自らの貢献を知りうるようにするものでなければならない

自らの貢献を知りうる…。それを働く人自身がどれだけ組織に貢献しているかということを知ることができる組織運営にしていかなきゃいけない。自分はいったい何をしているんだ、自分がしていることが組織のどの部分を担っているのか、全体から見たらどんなところなのか。それが見えていないと同じ目的に向かっていっているという実感が得られないだろうなと自分の体験も含めて思いました。

次に、ミッションの三本柱として書かれている内容にも腑に落ちる部分がありました。第一に機会、ニーズを知らなければならない。第二に自分が持っているものを踏まえ、基準となりうるものは何かを考えなければならない。成果に新たな次元を持ち込むことができなければならない。第三に何を大事に思うかを考えなければならないと書かれてありました。

組織に対しても組織と関わる人たちに対しても、こういう風になれるとこんな風な動きができるようになる、それができるようになるとこんな暮らし方ができるようになる。その暮らし方は周囲に波及し、よい風を吹かせることができる、そのためにわたしは何ができるだろう、そういつも考えています。

それはそうしなさいという指揮や指示ではなく、それを求めたいと思えるようなシチュエーション、機会を作り出したいと考えて行動しています。

わたしが与えられるものがあるとするなら、場を作り出すことではなく機会を作り出すことだと思っています。それはわたし自身に潤沢な資金があるわけでもなく、広大な人脈があるわけでもないからです。自分の持っているものが分かっているからこそ、その範囲でできることをしようと考えながら行動しています。

ただ、ニーズは変化していきます。ずっと変化しないでいけるものはありません。少し先を見据え、新たな仕掛けを作り続けなければならないとも考えています。

わたしにとって大事にしたいことは、作り出せる力を多くの人に持ってもらいたい。年齢や環境を言い訳にしないで、問題だと嘆くより課題だと捉えチャレンジする力をつけてほしい。そんな力を持つ人がこの町にたくさんたくさん増えてほしい。指導や指揮、指示を待つのではなく、自らの発想を信じ動き出す力を持ってほしい。その力を発掘し、育てていくことを大事にしたい。そんなチャレンジができる場所を作っていきたい。

それがわたしのミッション…なのかな。漠然とし過ぎてミッションとしては弱いですが。

まだ読み始めたばかりで、考えを広げたり深めたりできるところまで行っていないですが、学ぶことって楽しいと思える時間のひとつに「読書」、ありだと思います。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

NPO法人に所属して18年目。今更ですが非営利組織について学ぶことになった。
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!