【ConoHa WING】「保護されていない通信」とアドレスバーに出る。無料独自SSLを設定しよう

スポンサーリンク
サイトに「保護されていない通信」「安全ではありません」「セキュリティ保護なし」と表示。SSLを導入しようホームページ制作
この記事は約5分で読めます。

知り合いから

うちのホームページ、「保護されていない通信」ってでるんやわ、これってどうにかならん?

とLINE。URLを送ってもらって見てみるとアドレスバーに「保護されていない通信」と表示されています。

 

保護されていない通信…、このページにアクセスしてこのバーを見たら(え?大丈夫なん?)と不安に感じてしまいますね。

「保護されていない通信」と表示されるのはGoogle Chromeで表示した場合。Microsoft Edgeだと「セキュリティ保護なし」、Safariだと「安全ではありません」と表示されます。
スポンサーリンク

ブラウザのアドレスバーに「保護されていない通信」「セキュリティ保護なし」と表示される理由

SSLが導入されていないサイトだから

アドレスバーをよく見てみると「http://~」となっています。

保護されていない通信や「セキュリティ保護なし」と表示されるサイトは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのひとつ、SSLが導入されていません。

レンタルサーバーによっては、無料で独自SSLが導入できるところもあるので、アドレスバーに「保護されていない通信」「セキュリティ保護なし」「安全ではありません」と表示されるサイトは、独自SSLを設定したほうがいいと思います。

スポンサーリンク

ConoHa WINGで無料独自SSLを設定するには

どこで契約されていますか?

ConoHa(WING)っていうところ

それなら(独自)SSLの設定、できますよ

ConoHa WINGで無料独自SSLを設定するには、無料独自SSLの設定をオンにする必要があります。

また、ConoHa WINGでWordPressを使ってサイトを開設されているならサイトのの設定から「かんたんSSL化」を有効化します。

ConoHa WINGの無料独自SSLの設定をオンにする

ConoHa WINGの管理画面にログインし、画面左側にある「サイト管理」をクリック→「サイトセキュリティ」をクリックし、独自SSLにある「無料独自SSL」をクリック。「ON」をクリック。

無料独自SSLが有効になれば、ON/OFFの下に「利用中」と表示されます。

ConoHa WINGは有料ドメインを複数追加することができます。また、無料ドメインも1つ追加することができます。
ドメインがひとつだけなら上の操作でOKですが、ドメインを複数設定している場合は、「切り替え」ボタンをクリックして、無料独自SSLを設定したいドメインに切り替えてから上の操作を行ってください。

これで無料独自SSLは有効になるはずなのですが、エラーメッセージが出たとLINEが。

ConoHa WINGの無料独自SSL設定をオンにしょうとしたら「失敗しました」とエラーメッセージが表示された

ConoHaWINGで無料独自SSLが設定できない サイトにアクセスできませんというエラーメッセージ

やはり…。実は以前にもこんなエラーメッセージが表示されたと問い合わせをいただいたことがありました。

ConoHa WINGだけに限らないのですが、こういった設定は反映されるのにしばらく時間がかかります。今回も時間が経てば無料独自SSLの設定は有効になるはずなので、しばらくこのまま放置しておくようお伝えしました。

2時間ほど経過したころに画面を確認していただくようお願いすると、無料独自SSLはオンに、「利用中」というコメントも入っていました。これで無料独自SSLの設定は終わりです。

ConoHa WINGでWordPressを使ってブログを開設しているなら

サイト設定の「かんたんSSL化」を有効化しよう

ConoHa WINGでWordPressを使ってブログやサイトを開設しているなら、「かんたんSSL化」を有効にしておきましょう。

ConoHa WINGの管理画面を開き、左側のメニューから「サイト管理」をクリック→「サイト設定」をクリックし、ドメイン名をクリック→「かんたんSSL化」の「SSL有効化」ボタンをクリックすると画面右下に「成功しました」と黒い吹き出しが表示されます。

WordPressの管理画面とサイトのURLが「https://」で始まっていれば、サイトのSSL化は完了です。

ConoHa WINGで無料独自SSLを使ってサイトをSSL化しよう

ConoHa WINGでは、無料で独自SSLをサイトに導入することができます。

ただし、どこのレンタルサーバーもそうですが、ネームサーバーの登録やSSL化など反映に時間がかかります。

今回も「失敗しました」とエラーメッセージが出て焦りましたが、しばらく時間をおく、「待つ」ことで解決することもあります。

時間がないときに「失敗しました」というようなエラーメッセージが表示されたら焦りますよね。

ConoHa WINGは、WordPressでブログやサイトを構築したい、でも、インストールとか設定とかデータベースとか難しそう…と思っている方に検討していただきたいレンタルサーバーです。

ConoHa WINGでWordPressを使ったブログやサイトを構築するのに必要なのは、送受信可能なメールアドレスのみ。あとは、WordPressの管理画面にログインするためのユーザー名とパスワード(これは自分で決めることになります)を考えておくこと。

ブログの名前も考えておきましょうね

ConoHa WINGの契約からサーバーが使えるようになるまで、WordPressをインストールしてブログを開設、今回ご紹介した無料独自SSLなど様々な設定があるのですが、どれも専門的な知識はそこまで必要ないと思います。

ただ、それぞれの設定項目が反映されるまで時間がかかる場合があるので、すぐに反映されないからと闇雲に設定を変更したり削除したりせず、しばらく「待つ」ようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました