ドメインとサーバーの仕組みについてできるだけ分かりやすく書いてみた。

ホームページ制作

ホームページには必ずURL、アドレスがありますね。このhttpで始まるアドレスの「.com」や「.net」などが「ドメイン」と呼ばれています。

ドメインにはたくさん種類があります。誰にでも取得可能なドメインもあればそうではないドメインもあります。

スポンサーリンク

ドメインは早い者勝ち

このサイトのURLはhttps://w-seed.comですが、この「.」の後にあるのがドメイン種別、「.」の前にある「w-seed」を合わせて「独自ドメイン」と呼んだりしています。

このサイトの「w-seed」の部分は任意のものが設定できますが、先着順になっているので必ずしも希望した独自ドメインが取得できるとは限りません。

使いたいドメイン名があるなら早めに取得だけはしておいたほうがいいかもしれません。

独自ドメインを取得する方法

では、独自ドメインを取得するにはどうすればいいかというと、ドメイン管理事業者(レジストラ)のサイトで自分が希望するドメイン名が使用できるかを検索します。

ドメイン指定管理事業者のひとつ、ムームードメインのサイトを例に、独自ドメインが取得できるかを調べてみましょう。

ムームードメインのサイトを開き、検索窓に使いたいドメインを入力し検索します。

アルファベットのドメインであれば使用できる文字は半角英数字と半角ハイフンです。

検索結果が表示されましたね。

ムームードメインの場合、取得可能なドメインには「カートに追加」、取得できない、すでにほかの人が取得しているドメインは「追加できません」と表示されます。

ドメイン管理事業者は他にもお名前.com名づけてねっとなどが有名です。

取得したいドメインがあればそのまま「カートに追加」ボタンをクリックし契約へと進みます。

独自ドメインを取得したらサーバを準備しよう

ここで誤解が多いのが、ドメインを取得したらすぐにウェブサイトが公開できると考えてしまうこと。

実はこの段階ではインターネット上の住所を契約して取得しただけ。住所はあるけれど土地がない、そんな状態です。

次に必要なのは、この住所をどこに置くか、つまりサーバを準備しなければなりません。

自分でサーバを構築できるならそれに越したことはないのですが、サーバの運用管理やメンテナンスなどの手間や費用を考えると、サーバ管理会社と契約するのが一般的です。

先ほど取得したドメインがインターネット上の住所であるなら、サーバは土地、ウェブサイトを構成するデータが家、と考えるとイメージしやすいかと…。

ちなみに、ドメイン管理事業者の中にはサーバ管理も行っているところがあります。

前述したムームードメインの場合はロリポップ!お名前.comであればお名前.comレンタルサーバー名づけてねっとの場合は、WebARENAです。

ドメインとサーバの管理を一括で行ってくれる事業者と契約すれば、ドメインとサーバの管理費用を節約できますし、何より一元管理になりますので面倒な手続きなどが不要。

ドメインを一度取得すれば長いお付き合いになるので、手間が省けて費用が節約できる一括で管理してもらえるところを選ぶのが個人的にはおすすめです。

独自ドメインを取ってレンタルサーバを契約したらDNS設定をお忘れなく

独自ドメインを取得し、レンタルサーバと契約が完了したら、レンタルサーバ側でDNS設定(ネームサーバ設定ともいう)を行います。

独自ドメインご利用時の作業内容 / ドメイン / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアル 独自ドメインをご利用になる場合に必要な作業内容を説明したマニュアルページです。

このDNS設定とは、ドメインとサーバを紐づける操作、つまり、この住所はこの土地にありますよ、と宣言する作業です。

DNSサーバーを正しく設定しておかないとWebページが表示されませんので注意しましょう。

独自ドメインを取得し、レンタルサーバと契約し、DNS設定が完了したら数時間~3日以内にWebページを公開できる準備が整います。

なので、DNS設定が完了したらレンタルサーバにFTPログインし、ウェブサイトを構成するデータをアップロードしておけば数時間~3日以内にウェブサイトが誰にも見てもらえる状態になります。

独自ドメインはドメイン種別によっては別の会社に管理を移行することができる(移管)

ちなみに、一度取得したドメインはドメイン管理事業者との契約が続く限り使い続けることができます。また、別のドメイン管理事業者に管理を移行(ドメイン移管)することもできます。ドメイン移管には移管費用がかかります。

ドメイン移管(引っ越し) | ムームードメイン
ムームードメインへドメインを移管(引っ越し)できます。管理費用は920円(税抜)~。契約期間が1年延長。ドメインを移管すると年間のコストを削減できます。

また、サーバも別のサーバ管理会社に契約を変えることもできます。サーバの契約を変更するときは先ほどご紹介したDNS設定をしっかり行わないとホームページが表示されなくなったり、メールの送受信ができなくなったりします。

ホームページ作成サービスの中には独自ドメインを使えるところがある

ウェブサイトを開設するならやはり独自ドメインを取得して運用するのが長期的な視点で考えても効果が高いと思います。今回は一般的なドメイン取得とサーバ契約について書きましたが、独自ドメインを使ってウェブサイトを公開する方法にはホームページ作成サービスを使う方法もあります。

ホームページ作成サービスの中にはドメインを取得することが出来るところもあります。

ホームぺージ作成サービスと契約し、その中で独自ドメインを取得すればドメイン管理料+ホームページ作成サービス利用料を支払うことで、ドメイン管理とサーバ利用料を合わせて支払うことができます。

また、独自ドメインを別のところですでに取得している場合でもホームページ作成サービスに今まで使っていた独自ドメインを充てることができます。

前述のムームードメインで独自ドメインを取得しているのであれば、ホームページ作成サービスのひとつであるグーペを使うとドメイン設定が比較的簡単に行うことができます。

独自ドメインを設定する ホームページ作成「グーペ」 | マニュアル
ホームページ作成サービス グーペの「独自ドメインを設定する」のオンラインマニュアルです。

これからホームページを持つなら独自ドメインを取るのがおすすめ。

独自ドメインは長くWebページを公開していくのであれば取得をぜひ検討してもらいたいところです。一度独自ドメインを取得すればドメイン管理事業者との契約を続けている限り同じアドレスを使用することができます。

その際、忘れないようにしてほしいのは独自ドメインを取っただけではホームページを公開することが出来ないということ。合わせてホームページのデータを置くためのサーバを準備する必要があることを忘れないようにしてくださいね。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
ホームページ制作
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど