お店の情報を発信するなら個人アカウントよりFacebookページのほうがいい理由

Facebook

Facebookというのは実名登録が原則だということはよく言われていることなのでご存知の方も多いと思いますが、「お店の情報をアップするんだからお店の名前でいいよね」と本来実名を登録しなくてはいけないアカウント名をお店の名前になっている、という人はいないでしょうか。

スポンサーリンク

Facebookの個人タイムラインでお店の名前で投稿するよりも

Facebookは個人利用が原則。実名で登録しなくてはいけないのにお店の名前で登録している人はいないでしょうか。

これはFacebookのルール違反になり、アカウントが停止する可能性が高まります。

お店の情報を発信したいのであれば、Facebookアカウントを個人名で登録し、Facebookページをお店の名前で登録します。

お店の情報を発信するなら個人アカウントよりFacebookページのほうがいい理由

Facebookの個人アカウントとは別にFacebookページを作成したほうがいい理由について少し書いてみます。

Facebookページのページ情報ならお店の情報が細かくお伝えできる

Facebookの個人アカウントでは投稿や基本データなどの情報をどう公開するか(公開範囲)を制限することができますが、Facebookページは公開範囲を制限することはできません。

公開範囲を制限できない、と聞くと情報がダダ洩れ?!と思う人もいるかもしれませんが、お店の情報なのでお客さまにしっかりとお伝えしたほうがいい情報ですよね。

たとえば、営業時間とか定休日、カードが使えるか、駐車場があるか、道順・地図などはお見せしたほうがいい情報です。

FacebookページはFacebookアカウントを持っていない人にでも見てもらえる

Facebookアカウントがないと見られない、というのではなく、FacebookページはFacebookアカウントがない人にも見せられる、検索エンジンにもインデックスされるので検索対象となります。

ホームページを持っているならFacebookページにリンクさせることができますし、仕組みを使えばFacebookページをホームページに表示させることもできます。

FacebookページとウェブサイトやSNSを連携して情報が届く範囲を広げられる

最近では、ブログに投稿するとFacebookページに同時投稿できる無料ブログサービスも多くなりました。

特に、お店の情報を発信するなら写真をInstagramに投稿→Facebookページに同時投稿できる機能はおすすめです。

SNSをどう使い分ける?Facebook・Twitter・Instagramの特徴を知って効果的に使い分けよう
SNSのうち、ユーザーが多いと言われているのが「Facebook、Twitter、Instagram」 それぞれに特徴があるSNS。効果的に使えば情報発信に大いに役に立つツールなのですが、どれを使ってもいいというわけではなく、どれかひ...

Facebookページのインサイトを見ればどんな人がいつ投稿を見てくれたのかが分かる

Facebookページの投稿をどんな人が、いつ見てくれたのかというのが分かる、Facebookページを運用するのに必要な情報を提供してくれるのがインサイトです。

インサイトを見れば、投稿の閲覧者が多い時間帯が分かるのでその時間帯に合わせて投稿すれば見てもらえる確率が上がります(投稿は予約投稿もできます)。また、どんな投稿なら閲覧数が多くなるのかが分かります。

インサイトが提供してくれる情報を使って(分析して)、効果的な情報発信を探ることができます。

Facebookページにメンバーを追加すればひとりで投稿しなくてもいい

Facebookの個人アカウントは、個人アカウントなのでひとりで投稿しますが、Facebookページは複数の人(Facebookアカウントを持っている人)をメンバーとして追加することができます。

Facebookページへの投稿をひとりで行うとなれば負担が大きいですが、メンバーを追加することによって複数の人が投稿できるようになるので、情報を発信するときのひとりひとりにかかる負担を軽減させることができます。

Facebookページを開設し、メンバーを追加するならメンバーごとにページの役割を設定しておくこともあわせてお勧めします。

Facebookページに投稿できる人を増やす方法とFacebookページの役割について
Facebookページの管理権限には「役割」というものがあり、複数の人が管理していくうえでの権限を付与することができるようになっています。

Facebookページに「チームメンバー」を追加するとページの管理者が誰か(お店の人は誰か)が分かるようになる

Facebookページのページ情報にある「チームメンバー」に自分を追加することができるようになりました。

ページの管理者が誰であるかが分かるようになるので、信頼度が上がるのではないでしょうか。

Facebookアカウントの名前をお店の名前から個人名に変更するには

もし、Facebookアカウントをお店の名前で登録している人で、実名で登録し直す場合はタイムラインを表示→右上にある▼をクリック→設定をクリックします。

「一般」の中にある「名前」の「編集する」をクリックし、氏と名を入力し保存します。

 

Facebookの名前を変更するにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook
名前を変更したり、アカウントに別名(ニックネーム、旧姓など)を追加したりすることができます。
Facebookアカウントの名前を変更すると90日間は名前を変更することができなくなりますので、間違えないように登録しましょう。

お店の情報を発信するのにFacebookを使うならFacebookページを使ったほうがいい理由、のまとめ。

昔は情報発信と言えばホームページくらいしか選択肢はありませんでしたが、さまざまなSNSが登場したおかげでその選択肢は増えました。

Facebookの個人タイムラインの登録を実名ではなくお店の名前にしても、できることは限られます。お店の情報を発信するのであればFacebookページを使ったほうができることも増えるし、他のSNSとも連携でき、情報の拡がりが期待できます。

SNSとの連携はさまざまな世代や属性に情報を届ける手段を広げます。これだけやればいいではなく、手間を省きつつ情報の受け取り窓口を増やすためにSNSとの連携がしやすい、Facebookページを開設しましょう。

お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
Facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど