FacebookページとFacebookグループの使い分けについて考える。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookには個人的に使うタイムラインのほかに、自身のコミュニティや他者とのコミュニケーションを深めるためのツール、Facebookページやグループと呼ばれているものです。

Facebookページやグループの使い分けについて、相談事例をもとに書いていこうと思います。

スポンサーリンク

Facebookページやグループを作ることができるのは

Facebookアカウントがあれば誰でも作成できます。

ただし、Facebookページは、企業や店舗、団体、コミュニティなどの公式情報として外向きに発信されるので、少なくてもそれらに属している必要があります。

Facebookグループは、Facebook上で友達になっている人が作成しようとしているアカウント以外に最低一人のアカウントが必要です。グループですから、最低一人は「仲間」がいる、そんな考え方なのかもしれませんね。

Facebookページとは?グループとは?

Facebookページとは

Facebookページの説明をFacebookのヘルプから引用すると

企業、ブランド、組織、著名人がFacebook上で情報を発信し、人々とつながるための手段がFacebookページです。Facebookページはプロフィールと同様、ストーリーやイベントなどでカスタマイズできます。ページに「いいね!」した人や、ページをフォローした人は、ニュースフィードを通じて最新情報を知ることができます。

となっていました。Facebookページというのは引用にあるとおり、広く情報を発信したい人が使うといいツールですね。

Facebookグループとは

もうひとつのグループはどういうものかというと、同じような興味関心がある人があつまり、交流をするためのツールです。

グループの説明をFacebookのヘルプから引用すると

グループは、特定の人々と共通の趣味・関心について交流するための場です。家族間のコミュニケーションのため、仕事を離れたスポーツチームのため、読書クラブのためなど、グループはどんなテーマや目的についても作成できます。また、グループの参加者や公開対象に応じて、グループのプライバシー設定をカスタマイズできます。

となっていました。

FacebookページとFacebookグループ。できることはそれぞれ違う。

例として、サークルを立ち上げているAさんという人がFacebookアカウントを持っていると仮定して両者のできることを説明していこうかと思います。

Facebookページは周知に向いている。広報として使う。

まず、Aさんが立ち上げているサークルの活動について周知するために開設するならFacebookページになります。

投稿名はFacebookページの名前で投稿できるので、個人名を出さずに投稿することができます。

また、Facebookアカウントを持っているサークル内の人を投稿者として登録することができますので、Facebookページ開設者がひとりで投稿しなくてもいいから負担が減るかもしれませんね。

Facebookページ管理には役割設定が大事。

ちなみに、Aさん以外の人も設定によってはFacebookページ名で投稿できます。

Facebookページは、Facebookアカウントを持っていない人にも見てもらうことができます。

Facebookアカウントを持っている人には「いいね」や「フォロー」をしてもらうことでその人たちのニュースフィードに投稿した内容が表示されるようになります。

Facebookページについては別の記事にまとめてあります。

団体名、店舗名で登録するならFacebookページを作る方がいい。

Facebookページの投稿画面を見ながらできることを確認していきましょう。※2018年8月20日現在

Facebookページの投稿画面
Facebookページの投稿画面

Facebookページの投稿画面。個人のタイムラインに投稿するものよりできることが増えています。

個人のタイムラインと同じような投稿ができるようになっていますが、これはFacebookページを作るときに選択したカテゴリによって若干できることが違います。

また、CTA(Call To Action)ボタンをひとつ設定できます。2つ以上CTAボタンをつける場合は広告扱い(有料)になります。

Facebookページからのお問い合わせをメッセージで受け取る
Facebookページからのお問い合わせをメッセージで受け取る

FacebookページのCTAボタンの使用例

ちなみに、上の図は当サイトのFacebookページですが、CTAボタンは「メッセージを送信」になっていますね。このボタンをクリックまたはタップしてもらえばFacebookページの管理者もしくはメッセージを受信・送信できる権限を持つ人がメッセージを確認・返信できるようになっています。

これならメールアドレスを公開しなくてもメールを送ってもらうことができるので、セキュリティ的に安心かもしれませんね。

Facebookページに追加できるCTAボタンに設定できるアクションは

  • 予約ページへの誘導
  • お問い合わせ
  • メッセージを送信
  • メールを送信
  • 今すぐ電話
  • 登録する
  • 動画を見る
  • 詳しくはこちら
  • 購入する
  • クーポンを見る
  • アプリを利用
  • ゲームをプレイ

などです。

Facebookページに表示させることができるCTAボタンの種類
Facebookページに表示させることができるCTAボタンの種類

Facebookページに表示させることができるCTAボタンの種類

Facebookグループは交流や連絡手段、ディスカッション向き。

今度は、Aさんのサークル活動に参加している人との交流や連絡手段として使用するならFacebookグループになります。

FacebookグループはFacebookアカウントを持つ人どうしがグループ内でディスカッションしたり、情報共有したりすることができます。

最近、FacebookページとFacebookグループをリンクさせる機能が登場しました。Facebookグループをリンクさせることで、Facebookページに「いいね」や「フォロー」をしてくれた人でサークルの仲間ではない人(昔、Facebookページはファンページと呼ばれていました)との交流ややり取りができます。

Facebookグループは「公開」「非公開」「秘密」のうちのどれかで公開範囲を設定することができます。

また、Facebookグループにメンバーを追加する設定もそのグループの活動趣旨に合わせて設定を変更することができます。

FacebookグループはFacebookページとは違ってFacebookグループの名前で投稿するのではなく、個人名での投稿になります。

では、Facebookグループでの投稿画面を見てみましょう。

Facebookグループへの投稿画面
Facebookグループへの投稿画面

Facebookグループへの投稿画面

Facebookページに比べると投稿できるものが少なく感じるかもしれませんが、わたし個人として助かっている機能がその他→ファイルを追加です。

Facebookグループへの投稿画面のその他に含まれているもの
Facebookグループへの投稿画面のその他に含まれているもの

Facebookグループへの投稿画面のその他に含まれているもの

このファイルを追加という機能を使って、議事録をグループ全員に見てもらったり、作成中のデータにダメ出し?してもらったりしています。

Facebookページはどちらかというと外向けに情報を発信できるツールです。広報的な使い方が向いていると思います。

反対に、Facebookのグループは内向け。同じ興味関心がある人たちが交流を深める場として使っていくのが向いていると思います。

どちらのツールを選択するにせよ、一番に考えていただく必要があるのは「周知」なのか「コミュニケーション」なのかという目的です。

目的に合わせて、Facebookページとグループを使い分けられると、効果的なツールだと思います。

Facebookページにもグループにも必要なカバー写真。自分で作りたい人はこちらのページもどうぞ。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク
関連コンテンツ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!