Facebookページのカバー写真。サイズが合わないのかカバー写真の端が切れてしまう

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページを作ったのでカバー写真を作ったが、パソコンからFacebookページを見るとちゃんと表示されているのに、スマホから見るとFacebookページのカバー写真の一部が見切れていると相談されました。

スポンサーリンク

Facebookページのカバー写真のサイズについて調べてみると…

作ったFacebookページを見せてもらうと確かにパソコンからだとカバー写真全体が表示されていましたが、スマホから見るとFacebookページのカバー写真の端っこが見切れていました。

Facebookページのカバー写真として表示できる画像サイズがあって、それより大き過ぎるから表示できないのかとFacebookのヘルプページで画像サイズに指定があるのかを確認してみると

コンピューターでは幅820ピクセルx高さ312ピクセル、スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセルの大きさでページに表示されます。
引用元 Facebookページのプロフィール写真やカバー写真のサイズはどのくらいですか。

となっています。この文言の中で気になる点がひとつ。まずパソコンとスマホでは表示出来る大きさが違うということ。

でも、これはあくまでもFacebookページのカバー写真として表示できるサイズ、というだけ。指定されているサイズで作れという話ではなさそうです。

表示できるサイズと作成サイズとは違うようだ

指定されているサイズ、パソコンとスマホでは幅も高さも違っています。そこで、いろいろ調べてみた結果、幅と高さを最小値に合わせてみればいいんじゃないかというところに行きつきました。

Facebookページのカバー写真の表示できるサイズの小さいほうの値、幅はスマホのほうが表示サイズが小さいので「640pixel」、高さはパソコンのほうが表示サイズが小さいので「312pixel」。

この中に表示したい要素を入れたらちゃんと表示されるのではないかと…。

Facebookページに使った画像を送ってもらうと、推奨されている幅と高さの大きいほうの値より大きなサイズになっていました。さらに、この大きなサイズいっぱいに表示したい要素がびっちり入っている。だから、見切れてしまったのか…と思いました。

大きく作って中央に見切れたくない要素を配置することで解決した!

そこで、下のリンク先に書いてあったとおりに作成し直してみると、Facebookページのカバー写真が見切れてしまったという現象を解決できました!!

参考サイト スマホ対応!Facebookページのカバー写真(画像)のサイズと注意点

ちなみに新規ファイルのサイズ指定は、828pixel×466pixelで作成しました。

PhotoshopでFacebookカバー写真を作成するなら、AdobeのサイトにFacebookカバー写真とプロフィール写真を作成するためのテンプレート(Photoshop用)が紹介されていたので、こちらからテンプレートをダウンロードすると作りやすいかも。

Photoshopがインストールされていないパソコンなら、canvaというサイトがお勧めです。ちなみに、わたしのFacebookページもこのcanvaというサイトでカバー写真を作りました。

Photoshopほどできることはないかもしれませんが、ブラウザと写真があれば作ることができますし、気に入ったのがフォントの多さ。ちなみに、スマホでも作れるようにアプリがあるけど、アプリだと使えるフォントが少なかったです。

合わせて読んでほしい Facebookページのカバー写真を「canva」で作成してみた

Facebookのカバー写真。自分で作成したいなら作成する縦横のサイズに注意して

撮影した写真をそのままカバー写真に設定するだけならこのようなことは起こりませんが、いくつかの写真を組み合わせたり、文字を入れたりしてFacebookページのカバー写真を作成するなら、カバー写真いっぱいに見せたいものを載せないようにしましょう。

【2016年11月改定】 Facebookカバー写真をスマホとパソコンに最適なサイズにする方法とは?というページにも書かれていましたが、どの端末でも同じように見せようとするなら、上下左右に要素を配置しない領域(見切れてもいい)を作っておく必要があったんですね。

このような現象は、ブログのヘッダーでも起こりうる可能性があるかもしれません。カバー写真やヘッダー画像がきちんと収まらないときは、見せたい要素が指定されている範囲に収まるように制作し、ギリギリまで要素を配置しないようにしておいたほうが良さそうです。

Facebookページのカバー写真。いろいろ決まりがあります(2017年度)
Facebookを団体や企業、店舗などで使用する場合、おすすめしたいのはFacebookページです。(Facebookはあくまでも「個」。団体名、店舗名で登録するなら「Facebookページ」を作りましょう)FacebookページはFace
 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

関連コンテンツ