Facebookグループ。開設目的に合わせた設定を

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookグループを使っている人から「トラブルが起きた」「荒らしがいる」といったご相談が多く寄せらています。

どうしても文字だけのやり取りになりますから言葉の行き違い、ニュアンスがうまく伝わらないということは想定内の出来事なのですが、相談の中にはFacebookグループの設定を変えれば解決しそうな事例も多くあります。

スポンサーリンク

Facebookグループの開設。その前に。

Facebookグループは「グループ」というくらいですから、自分一人でFacebookグループは開設できません。最低でも自分以外にもうひとりいないとFacebookグループは開設できないのです。

FacebookページとFacebookグループの使い分けについて考える。
FacebookにはFacebookページとFacebookグループがありますが、この使い分けをすることで効果的な情報発信・情報共有ができると思います。

自分以外の誰かがいて初めて開設できるのがFacebookグループですので、その「自分以外の誰か」とどんな使い方をしたいかをよく話し合ってほしいのです。

たとえば

  • Facebookグループを公開するか、非公開とするか、または秘密にするのか
  • Facebookグループにメンバーを追加するならどんな追加方法にするか
  • Facebookグループをどんな目的で使っていこうと考えているのか

最低でも上に挙げた程度のことを決めておいてもらえれば、Facebookグループ運用中のトラブルは軽減されるのではないかと思います。

Facebookグループを開設したら。Facebookグループの説明に入れておいてほしいこと

どういう目的を持ってFacebookグループを開設したのか

まず、このFacebookグループはどういう目的で開設したものかを説明に追加しておきましょう。

Facebookグループ開設・運用の相談の中で多いのが「グループメンバーがグループ開設目的にそぐわない内容を投稿されたり、意味のないシェア記事ばかりを投稿されて困る」というもの。

あるFacebookグループでグループの意図することではない投稿をされたり、意味のないシェア記事ばかりが投稿されるのでメンバーの人がその投稿者に「関係ない投稿をしないでくれ」とコメントしたところ、「どんな投稿をしようが勝手だ」と返され、炎上騒ぎが起きてしまったことがありました。

こうならないように、万が一なってしまってもいいようにFacebookグループの開設目的などを説明欄に入れておくようにしておきましょう。

Facebookグループにメンバーを追加する手段を明記しておく

それから、Facebookグループへのメンバーの追加や承認の方法も明記しておきましょう。

実は、Facebookグループは開設時の設定のままだと、メンバーが誰でも他の人をメンバーに追加できるようになっていて、承認が不要な状態になっています。

誰でもいい、目的に合う人ならOKだというFacebookグループならこの設定でもよいですが、ある程度、メンバーを絞りたいというのであればこの設定のままでは思った状態にはなりませんね。

あるFacebookグループで、あるメンバーが「手あたり次第」Facebookグループに追加する人がいて困る、という相談がありました。

「勝手にグループに追加された」とFacebookグループの管理者に連絡があり、慌ててその手当たり次第にメンバーを追加している人に「メンバーを追加しないで」とお願いしたところ、「グループのメンバーが増えた方がいいじゃないか!」と反論され、何も言えなくなってしまったと。

こういったことにならないように、Facebookグループの管理者として、Facebookグループのメンバーをどう追加したいと考えているのか、誰でもいいから誘って!なのか、Facebookグループの管理者が承認したら追加されるのか、このあたりもFacebookグループの説明欄に明記しておかれると安心だと思います。

Facebookグループにメンバーを追加するときの設定について
Facebookグループの管理者とモデレータについて書いてみました。2017年11月現在

FacebookグループとFacebookページは使い分けましょう

ある人から「Facebookでページ作ったらアンケートができるって聞いたけどできない」と相談されたことがありました。それはFacebookグループですよと作り方をお話しして終わったのですが、こういう話はよくあるのです。

FacebookページとFacebookグループの使い分けについて考える。
Facebookには個人的に使うタイムラインのほかに、自身のコミュニティや他者とのコミュニケーションを深めるためのツール、Facebookページやグループと呼ばれているものです。Facebookページやグループの使い分けについて、相談事例を

SNSは簡単に登録できる。簡単だからこそ深く考えずに取り掛かることができてしまう

今回はFacebookグループでのお話しでしたが、Facebookグループに限らず、SNS全般に言えるのは、少ない手順で登録できることがいい面もあるけれど思わぬトラブルの元になってしまうことがあるということ。

始めよう!と思えば少ない手順で始められるという点は大きなメリットではありますが、その分「あまり考えずに」始めることもできると言えます。

手軽に始められるし、ネットではSNSは有効だという記事もたくさん掲載されていますね。それを読んだり聞いたりすれば、始めたくなる気持ちは分かります。

ですが、SNSはあくまでもツールであって、どう使うかはこちら側、使う側の人の考えなんですよね。どういう風に使いたいか、どうなるのが理想なのか、それが明確になっていればいるほど、そうじゃない使い方をしないように考えることができるんじゃないかとSNS運用をお手伝いする身として感じることがよくあります。

あくまでもツールでしかないということを念頭にしっかりおいてもらって、そこからどう使っていくと目的に近づけるのか、計画とまでは言いませんが、考えておいてもらえるといいなと思います。

そして、文字のやり取りは相手の表情が見えない、声のトーンも分かりません。相手の温度を感じづらい。この文章を読んで相手はどう思うだろうかと、客観的に見ることができるよう、冷静に使ってもらいたいと思います。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク
関連コンテンツ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!