Facebookの使い方、プライバシー対策などいろいろまとめました。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの使い方やプライバシー設定などで相談を受けた内容をまとめました。

スポンサーリンク

Facebookの登録について

Facebookに登録するときの流れの中に「連絡先を読み込む」というのがあります。これは、自分のスマホなりパソコンなりに保存してある連絡先をFacebookにアップロードすることで「友達」を見つけやすくするものです。

友達を見つけやすいというとつながりが広がる、昔の友人や知り合いとFacebook上でつながりやすくするというメリットもあれば、Facebookをやっていない人に勝手に招待メールを送ってしまったという相談事例もあります。

このようにFacebookに含めたSNSには、あなたの持つ連絡先(メールアドレスや携帯電話番号)を読み込むことによって、友達を見つけやすくする機能があります。

SNSは友達(SNS上の)が増えたほうがやり取りがあってつながりが深まりはするかもしれませんが、今はつながりがない人ともつながってしまう可能性もあります。必要じゃないのであれば、連絡先を読み込まないようにして登録したほうがいいと思います。

Facebookには2つの画面と2つのツールがある。

Facebookには「タイムライン」と「ニュースフィード」という画面があります。タイムラインとは自分の投稿が時系列で並ぶ画面、ニュースフィードとは自分と関わりのある人の投稿が並ぶ画面です。

さらに「Facebookページ」と「Facebookグループ」があります。このFacebookページとFacebookグループが使う目的に合っていない、使い分けがうまくいっていないという事例もありました。

Facebookページを使うのはどんなとき?

Facebookページは、個人ページとは違い、主にお店や企業、団体、フリーランスなどの方が個人名ではない名前で情報を発信できます。

また、Facebookページは、複数の人で管理や投稿ができますし、それぞれの人に役割を付与するができます。

複数の人で管理ができるということは誰でもがその設定を変更できるということ。

もしそれがFacebookページをどう運用したいかという目的にそぐわない場合は権限を制限することもできます。

Facebookグループを使うのはどんなとき?

Facebookグループとは、同じ価値観や興味関心のもとに集まることができます。

公開、非公開、秘密という公開範囲を設定できるので、グループの集まり方、交流方法を自身で決めることができます。

Facebookページ・Facebookグループは運用目的を明確にしておくべき

FacebookページもFacebookグループも、複数の人や不特定多数の人の目に触れることになるので、運用目的を明確にしておかないとトラブルの元です。

ある団体がFacebookグループを開設するときにその運用目的を明確にしておかなかったために起こった小さなトラブルを例に書いています。

Facebookを使っているうえで心配なのはプライバシー

Facebookというのは基本的に実名登録です。だとすると、実名で登録して個人情報は大丈夫なのだろうかという不安を口にする人がいます。

インターネット上のサービスなのですべてにおいて絶対に安全だとは言い切れないのが事実ですが、最低限、Facebookのプライバシー設定を自分の使い方に合わせて見直してもらえるといいかなと個人的には思います。

Facebookに登録した直後、プライバシー設定を何も変更していない状態だと登録した情報は公開情報になっています。

Facebookにはこんなトラブルもある

Facebookのメッセージ機能を使って、LINEアカウントを乗っ取ろうとするトラブルも相談が多い事例です。また、昔よくあったチェーンメールのSNS版のようなものもありました。

それからFacebookのイベント機能を使って勝手にイベントの主催者にされたり、イベントに招待されていたりという事例も相談が多い事例です。

Facebookの写真へのタグ付けについて

SNSにはタグ付けというものがありますが、Facebookは写真に写り込んだ人にタグを付けられるようになっています。

わたしはタグを付けるときは相手に「タグ付けしてもいい?」と確認してからタグをつけるのですが、Facebookの写真に勝手にタグを付けられて困ったという話もよく聞きます。

Facebookの使い方、プライバシー対策などいろいろまとめました。

Facebookは個人で利用するタイムラインとニュースフィードに加えて、FacebookページやFacebookグループというツールがあります。発信したい情報に合わせて使い分けられるので、自分の発信したい情報に合わせて選択してもらえたらと思います。

また、プライバシー設定やセキュリティについても一度見直してもらい、自分の使いたい目的に合わせて公開する情報を選択するようにしてもらえたらと思います。

ブログやホームページにはできない、SNSならではのメリットも大きいと思いますので、そのメリットやデメリットにも目を向けてうまく使い分けられるようにしていきましょう。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク
関連コンテンツ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!