Facebookの始め方から使い方、プライバシー設定などについてまとめてみた

スポンサーリンク
Facebook
この記事は約5分で読めます。

Facebookの始め方から使い方など、相談の多い内容をまとめてみました。

スポンサーリンク

Facebookの始め方。設定項目はよく確認して設定していこう

Facebookに登録するときに連絡先を読み込むと…

Facebookを始めるときには登録が必要です。とはいえ、Facebookに表示される質問や設定事項などを確認しながら進めていけばいいので難しいところはないかなと思うのですが、ひとつだけ気を付けてほしいのが「連絡先を読み込む」です。

Facebook以外のSNS(LINEもそうです)には、SNSを使用する端末に保存している「連絡先」を読み込む設定があります。

この連絡先を読み込むのは、SNSの特性である「人とつながる」を補完するものであるということです。あなたの端末に保存している「連絡先」には、あなたと直接付き合いのある人たちが登録されていますね。連絡先には何が登録されているかといえば、「携帯電話番号」や「メールアドレス」ではないでしょうか。

SNSに登録するのに必要なのは「携帯電話番号」や「メールアドレス」です。

SNSで連絡先を読み込むということは携帯電話番号やメールアドレスを読み込むことで、自社のSNSサービスを利用している人とあなたを結び付けます。

ただ、中にはSNSを使っていることを知られたくない人もいるかもしれません。人とどんどんつながることを良しとしない人もいるかもしれません。

個人的にはFacebookを始めとしたSNSに連絡先を読み込むのはお勧めしていません。できればスキップしてもらうほうがいいいと思っています。

Facebookに端末(スマホ)の連絡先を読み込んだことで、Facebookをまだ利用していない人に対して勝手にFacebookへの招待を送信していたという事例がありました。

Facebookで友達申請を送るとき。申請だけじゃなくてメッセージを送ったほうがいい?

Facebookを始めて、たとえば名刺をいただいてその人がFacebookをやっていることがわかったので友達申請を送ろうとするとき、あなたはメッセージを送りますか?

名刺交換した程度だとどこの誰かが分からないかもしれないので、わたしはメッセージを送るほうなのですが、Facebookの友達以外からメッセージを送ってもらっても通知がなく、「メッセージリクエスト」に入ってしまうということは頭においておいた方がいいと思います。

Facebookには個人の情報をどこまで公開するかという設定がある

Facebookには基本データというのがあり、個人情報を掲載できるところがあります。個人情報を登録すればするほど、関連性の深そうな人を「知り合いかも?」に表示させることでつながることができるようになります。

だからといって、なんでもかんでも個人情報を公開するのは危険です。悪用されたり乗っ取られたりすることもあります。その辺の兼ね合いが難しいところではあるのですが、設定できる個人情報をどこまで(誰まで)公開するかというのはある程度制御することができますので、必要に応じて設定を見直していくことをお勧めしています。

Facebookに登録した直後、プライバシー設定を何も変更していない状態だと登録した情報は公開情報になっています。プライバシー設定を見直す、不必要に情報を入力しないなどして自分の情報を保護するように努めましょう。
スポンサーリンク

Facebookを介したトラブルで多い相談事例

Facebookメッセージを使ったLINEアカウントの乗っ取り

FacebookにはTwitterのダイレクトメッセージとほぼ同じ機能である「メッセージ」があります。以前はFacebook上で友達になっていない人にメッセージを送ることはできなかったのですが、最近では、メッセージを送ること自体はできるようになりました。

このFacebookメッセージを使ったLINEアカウント乗っ取りに関する相談がよく寄せられます。

特に多いのが、「今、忙しい?」というメッセージがいきなり送られてきて、LINEが凍結されたとかなんとかいうメッセージが続けて送られてきます。最終的には携帯電話番号を聞かれ、その携帯電話番号を使ってLINEアカウントを乗っ取る、という手口です。

また悪質なプログラム(ブラウザのアドイン)をインストールさせられてしまったという事例もありました。

また、Facebookのイベント機能を使ったものも相談がありました。

Facebookのタグ付けが揉め事の原因に?

Facebookに投稿する際、タグというのを付けることができます。

特に揉め事の元になりやすいのが写真や投稿に友達をタグ付けすることです。友達をタグ付けするときは、タグ付けしてもいい?と確認するようにしてくださいね。

Facebookでの情報発信・情報交換を補完するためのツール「Facebookページ」、「Facebookグループ」

Facebookには個人でやり取りする以外に、FacebookページやFacebookグループというツールがあります。

お店や企業、団体など情報を発信したいのであればFacebookページを使ったほうが個人アカウントで発信するよりも効果的です。

Facebookグループにはディスカッション機能があったりファイルを共有する機能があったりしますので、グループを運営するにはいろいろ使い勝手がいいなと個人的には思います。

また、FacebookページにFacebookグループをリンクさせることができるようになったので、情報発信以外の使い方、コミュニケーションを深めるためのツールとして活用できるのではと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Facebook
スポンサーリンク
wseedをフォローする
だぶるしーど
タイトルとURLをコピーしました