Facebookの使い方、プライバシー対策などいろいろまとめました。

Facebook

Facebookの使い方やプライバシー設定などで相談を受けた内容をまとめました。

スポンサーリンク

Facebookの登録について

Facebookに登録するときの流れの中に「連絡先を読み込む」というのがあります。

これは、自分のスマホなりパソコンなりに保存してある連絡先をFacebookにアップロードすることで「友達」を見つけやすくするものです。

友達を見つけやすいというとつながりが広がる、昔の友人や知り合いとFacebook上でつながりやすくするというメリットもあれば、Facebookをやっていない友人や知り合いに知らない間にFacebookへの招待メールを送っていたという事例もありました。

「Facebookへの招待メールを送らないで」と言われたら。
今日はパソコン教室。メールの授業をしていたところ、ある人からこんなメールが来るんだけどとあるメールを見せられました。 そこには「〇〇(お友達だそうです)からFacebookへの招待」という文字が見えます。 Facebookなんか...

Facebookを含むSNSでは、あなたの持つ連絡先(メールアドレスや携帯電話番号)を読み込むことによって、友達を見つけやすくする機能があります。

SNSは友達(SNS上の)が増えたほうがやり取りがあってつながりが深まりはするかもしれませんが、今はつながりがない人ともつながってしまう可能性もあります。必要じゃないのであれば、連絡先を読み込まないようにして登録したほうがいいと思います。

スポンサーリンク

Facebookには2つの画面と2つのツールがある。

Facebookには「タイムライン」と「ニュースフィード」という画面があります。タイムラインとは自分の投稿が時系列で並ぶ画面、ニュースフィードとは自分と関わりのある人の投稿が並ぶ画面です。

さらに「Facebookページ」と「Facebookグループ」があります。

FacebookページとFacebookグループの使い分けについて考える。
FacebookにはFacebookページとFacebookグループがありますが、この使い分けをすることで効果的な情報発信・情報共有ができると思います。

Facebookページを使うのはどんなとき?

Facebookページは昔、「ファンページ」と呼ばれていた機能であることから企業やお店、団体、個人の方ではビジネスや自分が行う活動について周知したいときに使います。

お店の情報を発信するなら個人アカウントよりFacebookページのほうがいい理由
Facebookというのは実名登録が原則だということはよく言われていることなのでご存知の方も多いと思いますが、「お店の情報をアップするんだからお店の名前でいいよね」と本来実名を登録しなくてはいけないアカウント名をお店の名前になっている、とい...

SNSは基本的に個人で利用するものが多いのですが、FacebookページもFacebookグループも複数の人で管理することができるのも大きな特徴だと思います。

Facebookページに投稿できる人を増やす方法とFacebookページの役割について
Facebookページの管理権限には「役割」というものがあり、複数の人が管理していくうえでの権限を付与することができるようになっています。

Facebookグループを使うのはどんなとき?

Facebookページは不特定多数の人に情報を発信する目的で使われますが、Facebookグループは公開、非公開、秘密という公開範囲を使って参加者をコントロールすることができます。

同じ価値観や考え方、興味や関心を持つ人が集まりディスカッションするのに使われています。

Facebookグループの公開範囲と招待する方法を事例を交えてまとめてみた
「Facebookグループ」のやり取りの中でトラブルが発生したと相談されることがあります。そこで、Facebookグループを作成する前に考えておくとよいことを事例を交えてまとめてみました。

Facebookページ・Facebookグループは運用目的を明確にしておくべき

FacebookページもFacebookグループも、複数の人や不特定多数の人の目に触れることになるので、運用目的を明確にしておかないとトラブルの元です。

Facebookグループの公開範囲と招待する方法を事例を交えてまとめてみた
「Facebookグループ」のやり取りの中でトラブルが発生したと相談されることがあります。そこで、Facebookグループを作成する前に考えておくとよいことを事例を交えてまとめてみました。
スポンサーリンク

Facebookを使っているうえで心配なのはプライバシー

Facebookというのは基本的に実名登録です。だとすると、実名で登録して個人情報は大丈夫なのだろうかという不安を口にする人がいます。

インターネットを使うサービスなので、プライバシーを完全に保護できるかと言えばそうとは言い切れませんが、個人情報をある程度自分でコントロールすることはできます。

Facebookのプライバシー設定は、Facebookをどう使うかによって設定を変えよう
「Facebookに登録している情報が洩れているかもしれない」という相談がよくあります。 Facebookに限らず、SNSは登録した情報をもとにつながりを広めていこうとするためのツールです。基本データの項目を埋める(入力する)とFac...
Facebookに登録した直後、プライバシー設定を何も変更していない状態だと登録した情報は公開情報になっています。プライバシー設定を見直す、不必要に情報を入力しないなどして自分の情報を保護するように努めましょう。
スポンサーリンク

Facebookを介したトラブルの相談も多い

Facebookには直接つながりのない人ともやり取りができる「メッセージ」がありますが、このメッセージを使ったLINEアカウントの乗っ取りに関する相談が多いです。

「今、忙しい?」とFacebook Messengerに届いたら。アカウントの乗っ取りかもしれない。
FacebookMessengerに知り合いから「今、忙しい?」とメッセージが届いたとき。お誘いのメッセージかと思えば何やら雲行きが怪しい

LINEアカウントを乗っ取ろうとする人にその人のFacebookアカウントはすでに乗っ取られています。Facebookアカウントを乗っ取り、あなたになりすますことで「あなた」という人の信用を悪用し、LINEアカウントを乗っ取ったり、フィッシングサイトへ誘導したりする事例が多いです。

中には、悪質なプログラムをインストールさせられるという事例も報告されています。

Facebookをあまり使わないというのであれば思い切ってアカウントを削除するというのも選択肢のひとつだと思います。これは、自分の信用を守るためでもあり、自分とFacebook上でつながっている人たちも守ることになると思います。

スポンサーリンク

Facebookの写真へのタグ付けについて

SNSにはタグ付けというものがありますが、Facebookは写真に写り込んだ人にタグを付けられるようになっています。

わたしはタグを付けるときは相手に「タグ付けしてもいい?」と確認してからタグをつけるのですが、Facebookの写真に勝手にタグを付けられて困ったという話もよく聞きます。

スポンサーリンク

Facebookの使い方、プライバシー対策などいろいろまとめました。

Facebookは個人で利用するタイムラインとニュースフィードに加えて、FacebookページやFacebookグループというツールがあります。発信したい情報に合わせて使い分けられるので、自分の発信したい情報に合わせて選択してもらえたらと思います。

また、プライバシー設定やセキュリティについても一度見直してもらい、自分の使いたい目的に合わせて公開する情報を選択するようにしてもらえたらと思います。

ブログやホームページにはできない、SNSならではのメリットも大きいと思いますので、そのメリットやデメリットにも目を向けてうまく使い分けられるようにしていきましょう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Facebook
wseedkをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
だぶるしーど