身に覚えのない商品キャンセルのメールが来たけれど偽メールだった、という話

講師・インストラクター
この記事は約5分で読めます。

仕事中はメールソフトを立ち上げたままにしているのですが、通知音が鳴って画面を見ると身に覚えのない商品注文をキャンセルしたというメールが?!

スポンサーリンク

ご注文がキャンセルになりましたというメールが届いた!?

通知された件名を見て焦りました。楽天市場で商品など注文していない、ましてやキャンセルさえしていない…。え?なに?意味が分からないんだけど!・・・焦りましたよね、かなり。

メールを開いてみたところ、もしかしたらこれって楽天市場を名乗った偽メールじゃないだろうか…、いやまだ確信が持てない。

サイトで使っているメールアドレスに届いたものかをチェックしよう

席をいったん離れ、冷静になって席に着く。メールの送信元やどのメアドに送られてきたか(メールアドレスを複数所有し、サイトごとに使い分けているので)をチェックしてみると、このメアド、楽天市場に登録しているものとは違うぞ

ここで偽メール確定までひとつ進みました。

文面におかしなところ、変な言い回しがないかもチェック

個人的なメールアドレス以外はすべて迷惑メール設定ができるOutlookを使っているのですが、画像が自動で開くことがないよう設定しているので殺風景?なメールです。

おまけに、〇〇様と本来なら私の名前が入っているであろう場所に、メールアドレスの@より前の文字が入っている…。

さらに、殺風景なメールにドン!と表示されている「楽天ログイン」という文字。マウスポインタを合わせると楽天市場のアドレスに見せかけたURLがはられています。これはもうフィッシング詐欺サイトにでも誘導しようとするものだろうとほぼ確定…。

おまけに文面の不自然なところに「の」が入ってる…。翻訳機能でも使ったんだろうか。

注文番号までご丁寧に入っていますね…。「このメールに心当たりがない場合や不都合等発生した場合は以下のメールアドレス宛にご意見お寄せください」と楽天市場のサポートメールと見せかけたメールアドレスも入っています。

楽天市場とありつつ、楽天カード株式会社の連絡先が・・・ってサポートデスクの番号が携帯電話になってる!!ご丁寧に国際電話とまであるし…。

・・・・・・もう確定ですよね。

サポートデスクに問い合わせてみたらやっぱり偽メールだった…

ほぼ、いや十中八九、偽メールだとわかってはいても、この文面のメールは初めてだったのでモヤモヤする…。というわけで、楽天市場のサポートデスクに問い合わせてみることにしました。

この手のメールで届くリンクやボタンは絶対にクリックせず、ブラウザからいつもどおりログインしましょう。

最近のサポートデスクってチャットが多いですよね。チャットを開始してオペレーターに問い合わせてみることにしたのですが、チャット開始まで5分弱待ちました…。夜遅かったので仕方ありませんね。

サポートデスクのオペレーターに接続されたので事情を説明すると、そのメールをスクリーンショットあるいはメールの内容をコピペしてと言われました。

実は上の画像はこのときにとったスクリーンショットだったのですが、回答は「偽物です」と。

注文番号で実際に注文・キャンセルがあったかを調べた結果、該当する注文も、もちろんキャンセルもなかったということで安心してください、とのことでした。

身に覚えのない注文キャンセルを知らせるメールが届いたが、偽メールだった

それにしてもこの手のメールって後を絶たないですよね。次から次へとちょ~っとずつ文面変えたりメアドを変えたりしてくるから、迷惑メールで受信拒否したとしてもまた違う形でやってくる。

できれば、サイトの登録に使うようなメールアドレスは、プロバイダからもらうメールアドレスじゃなくてフリーで使えるメールアドレスにしたほうがいいですね。

Windows10の「メール」アプリだと受信拒否を設定することができないので、Outlookなど受信拒否設定ができるメールソフトを使ったほうがいいです。最近では、学習機能ではじいてくれることもあるようですが、すり抜けて受信しちゃいますしね…。

あと、Outlookにはメール内の画像を開かないようにする設定があるので、念のためそちらも設定しておくとよいかも…。

電子メール メッセージの画像の自動ダウンロードをブロックまたはブロック解除する
電子メール メッセージでリンクされている画像を自動的にダウンロードするかどうかを設定します。

この手のメールを受け取っても決してメール本文内のリンクやボタンをクリックして詳細を確認しようとしないこと。どうしても気になるなら、そのサイトで使っているメールアドレスに届いているかを確認し、いつもどおりブラウザを別に立ち上げてログインして異常がないかをチェックするようにしましょうね。

スポンサーリンク
講師・インストラクター
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
wseedをフォローする
この記事を書いた人
wseed

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedをフォローする
だぶるしーど