ホームページを公開し続けるためにかかる費用。ホームページのランニングコストについてまとめてみた。

スポンサーリンク
ホームページ制作
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ホームページ開設後にかかるコストとその相場について

さて、長い前フリになってしまいましたが、ホームページ開設後にかかるコストについて、その相場について書いていきますね。

サーバーとドメインの管理を行うのが「保守管理費」

まずホームページ開設後に絶対的にかかる費用としては、サーバーとドメインの利用料。

サーバーだと大体月額1000円前後を見てもらえば大丈夫かな、と思います。

月額1000円より安いレンタルサーバもありますが、個人的にはサポート体制が充実しているレンタルサーバーを選ぶとすれば、月額1000円前後くらいのところがいいかと。

レンタルサーバーを自分で契約する前に確認してもらいたいこととしては

  • サポート体制が整っているか
    「レンタルサーバー名 口コミ」などで検索してみるといいかも
  • WordPressなどのCMSが利用できるか
  • メールアドレスをいくつ作れるか
  • セキュリティ対策
  • SSL化に対応しているか

は最低でも確認してもらったほうがいいと思います。

次にドメインですが、ドメイン自体の利用料はだいたい年払いで3000~5000円ほどかかります。

個人的には、ドメインは依頼者側で取得し、サーバーの利用料と管理料を合わせて制作者に支払うといいのではと思います。費目としては「保守管理費」。月額20,000円程度が相場かなと思います。

ホームページの保守管理に含まれる業務というと

  • ドメインの管理
  • ホームページが安定して公開されているか
  • ウイルス感染、ハッキングの予防
  • セキュリティ
  • サーバーのメンテナンス対応

などが挙げられます。

上に挙げた業務を自分で行うことができればこの部分は不要となるかもしれませんね。

WordPressでホームページを制作してもらおうと考えているのなら

ただひとつ、ホームページをWordPressで制作したいと考えている場合、サーバーの知識以外にWordPressの操作知識も必要です。

WordPressというのはバージョンアップが頻繁に行われますし、プラグインの更新も頻繁です。

ある日突然、管理画面にログインできなくなったり管理画面が真っ白になってしまったりするのがWordPressを使ったサイト制作ではよくあります。

その対応ができればいいのですが、対応できない、あるいは対応するだけの知識がないというのであれば保守管理費用を支払って管理をお願いしたほうが安全です。

WordPressときくと「ブログ」と思いますが、ホームページも作成できます。ホームページにブログの機能を持たせられるのもWordPressを制作に使うメリットのひとつだと思います。
ホームページとブログを併用するならWordPressで作成しよう

ホームページの文章や画像を差し替える、「更新料」

次に、ホームページの内容、文章や画像を差し替えたり、ページを新たに作成したりすることがありますね。費目としては「更新料」となるでしょうか。この「更新料」の請求方法にはいくつかあって

  • 毎月定額
    月に〇回までと定めていることもある
  • 更新の都度払い
    文章を差し替えたり、写真を差し替える。都度見積になる場合もある

新しくページを追加するとなると費用はぐんと高くなります。

ページを1枚増やすだけと思われそうですが、ホームページにページを1枚増やせば既存のページへの導線を設定しなければなりませんので、既存のページも編集する必要がある分、費用がかかってしまうのです。

更新料といってもどこまでの対応をお願いできるのかは必ず確認し、できれば文書にして双方が確認できる状態にしておいたほうがいいです。

実はこの文書を残しておかなかったがためにトラブルになっている事例が多くあります。特に、地元じゃない業者に依頼する場合は気を付けましょう。

SEO対策費用

ホームページに多くの人に見に来てもらいたいとなれば、検索エンジンに対する対応をしなければなりません。それが俗にいう「SEO対策」です。

SEOとは具体的にどんなことかというと

  • ホームページ全体の構成(導線も含め)の改善
  • 各ページの文章構造の改善
  • 記事の見直し、リライト
  • 被リンク

などが挙げられます。

SEO対策に関しては自分で取り組むことも可能です。

しかし、よりよい効果を得たい場合は専門的知識を持つ人にお願いするほうがいいこともあります。

ライバルサイトが多い場合は特に、かな。

SEOは一度やれば持続するというのではなく、これまたコツコツやっていかなければ効果を維持、向上させることは難しいです。

広告費

あとは広告費。

ネット上に出す広告は即効性があり、ホームページへのアクセス増が見込めます。

ただ、よくあるのがホームページ自体が広告のひとつだと考える人が多く、広告に広告費を払うのが腑に落ちないという声がよく聞かれます。

ホームページ自体は広告機能を持っていませんので、SNSや広告を利用してホームページを見てもらう「きっかけ」を作るのが広告。

これはもう、チラシ制作やパンフレット制作などと同じように販促費、広告費として予算化したほうがいいかもしれません。どれくらいなら費用をかけることができるか、というのを先に割り出してからその費用内でできることをやる、そんなイメージでもいいかもしれません。

リスティング広告なら月にいくらと設定できますので、予算のうちどれくらいかけられるかを考えて設定しておくといいでしょう。
スポンサーリンク

最後にまとめると

ホームページ開設後にかかるコストの内訳と相場についてまとめてみました。

  • 絶対的にかかる費用としてはサーバーとドメイン利用料。
  • 制作者に管理をお願いする場合は、保守管理費が発生。
  • ホームページの文章や画像の差し替えをお願いするなら毎月定額か都度見積かを契約書に入れておく。
  • SEO対策は自分でやることもできるけれど、より効果を高めるなら専門知識のある人に任せ、その費用を支払う
  • 広告費は販促費または広告費として別途予算化し、リスティング広告も視野に入れる

ホームページを開設するときの費用とは別に、公開し続けるためには少なからず発生する費用があることをお伝えして終わりたいと思います。

あ、それと管理費一式という見積をだすところは個人的にはおすすめしません。管理費一式と書かれた見積や請求書以外に契約書を交わして管理費の内訳を必ず出してもらうようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました