【Instagram】アカウントは共有できる。アカウントの共有方法とアカウントから抜ける方法

共有しているInstagramアカウントから抜けたいときはSNSの使い方
この記事は約5分で読めます。

店舗や会社、団体などInstagramのアカウントを自分のInstagramアプリに共有アカウントとして追加し、運用することができます。

やはり、SNSは発信することが大事。更新頻度が下がるとフィードに流れづらくなるのでまめに更新したいところなのですが、一人だと難しいということもあってひとつのアカウントを複数の人で共有する形が取られることがあります。

店舗や会社、団体などを辞めたり離れたりすると、Instagramアプリに残ったままの共有しているアカウントが、切り替えなければいいだけなんだけれど気になります。

じゃあ、共有しているアカウントを削除してしまえばいいんじゃない?とInstagramアプリから「アカウントの削除」をタップしてはいけません。正しくは、共有しているアカウントを削除するのではなく、共有アカウントからログアウトするだけでいいんです。

スポンサーリンク

Instagramアカウントを複数の人で共有することはできる?

Instagramアカウントは複数の人で共有することができる

Instagramのアカウントを共有するには、Instagramアプリの「アカウントの追加」からそのアカウントを作成したユーザーネームかメールアドレスか電話番号のどれかと、作成時に設定したパスワードを使ってログインするだけです。

ひとつのInstagramアプリで「アカウントの追加」ができるのは5アカウントだけです。

【注意】共有するInstagramアカウントはメールアドレスか電話番号で作成しよう

Instagramのアカウントを作成するには、メールアドレスや電話番号を使う方法以外に、Facebookアカウントでログインする方法があります。

一人で運用するInstagramアカウントであればFacebookアカウントでログインを使ってアカウントを作成しても大丈夫ですが、複数の人で運用するために作成するのであれば、Facebookアカウントでログインしてアカウントを作成してはいけません。

もし、共有する目的でFacebookアカウントでログインし、Instagramのアカウントを作成してしまうと、そのInstagramアカウントのパスワードはFacebookにログインするためのパスワードと同じになってしまい、アカウントを共有する人たちに自分のFacebookにログインするためのパスワードを教えることになってしまいます。

Instagramのアカウントを複数の人で運用するのであれば、メールアドレスか電話番号で作成するようにしましょう。

スポンサーリンク

Instagramから「あなたのInstagramアカウントは削除される予定です」というメールが届いた

この記事を書こうと思ったのは、共同運用しているInstagramアカウントに設定したメールアドレス宛に「あなたのInstagramアカウントは削除される予定です」というメールがきっかけ。

Instagramアカウントを共有している誰かが「アカウントの削除」を行っていた

そのアカウントはある団体のInstagramアカウントで複数の人と共有しているものでした。慌ててInstagramの共有アカウントを確認してみると、誰かがアカウントを削除したことが分かりました。

Instagramアカウントを削除しても30日以内であれば復活させられます。31日を経過すると完全にアカウントは削除されます。

逆にいえば、Instagramアカウントを削除しても31日を経過しないとアカウントが完全に削除されないということになる

共有しているInstagramアカウントから抜けたいなら、ログイン情報を残さないように設定→ログアウトしよう

この件、アカウントを削除されてからすぐに通知を確認することができたので復活させることができました。

アカウントの復活を確認した後、アカウントを共有している人たちに連絡を取って、アカウントを削除した人を探し、アカウントからログアウトする方法を伝えてログアウトしてもらうことができました。

ただ、アカウントからログアウトしてもInstagramアプリ上にはログイン情報が残ったままになります。一旦ログアウトした人も再ログインすることが可能な状態です。

もし、共有しているInstagramアカウントに再ログインすることがないのであれば、共有しているアカウントに切り替え、アプリにログイン情報を残さないよう設定してからログアウトするようにしましょう。

Instagramに複数のアカウントを設定している場合、アプリ右下にあるプロフィールアイコンをダブルタップすればアカウントを切り替えることができます。

Instagramアプリにログイン情報を残さない設定に変更する

Instagramアプリで共有しているInstagramアカウントを開き

  1. 右上にある三本線をタップ
  2. 「設定」をタップ
  3. 「セキュリティ」をタップ
  4. 「ログイン情報を保存」をオフ

共有しているInstagramアカウントから抜ける(ログアウト)

Instagramアプリで共有しているInstagramアカウントを開き

  1. 右上にある三本線をタップ
  2. 「設定」をタップ
  3. 「ログアウト」をタップ
  4. Instagramアプリに追加されているアカウント一覧が表示されるので、共有(抜けたい)しているアカウント名が選択されている(チェックが入っている)のを確認
  5. 「ログアウト」をタップ
  6. 「ログイン情報を保存しますか?」と出るので「後で」
  7. 再度、「〇〇(共有している、抜けたいアカウント名)からログアウトしますか?」と確認画面が出るので「ログアウト」をタップ

Instagramアカウントを複数の人で共有することができる。共有アカウントから抜けたいときは、アカウントの削除ではなくログアウトを選択しよう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
SNSの使い方
スポンサーリンク
wseedをフォローする
だぶるしーど
タイトルとURLをコピーしました