Jimdo Freeから有料プランへアップグレードするとホームページはどうなる?

ホームページ作成サービス
この記事は約5分で読めます。

Jimdoというホームページ作成サービスを利用してホームページを開設するには、無料プランか2つの有料プランとの契約が必要です。

ホームページを作ったことがないし、専門知識もない。あまり費用もかけられないし、Jimdo Freeでホームページを開設してみて使えそうだったら有料プランにアップグレードすればいい

ありえないほど簡単にホームページができる【Jimdo】

そのうちの3割程度のお客さまがJimdo Freeから有料プランへのアップグレードを希望されます。

スポンサーリンク

Jimdo Freeから有料プランへアップグレードする

Jimdoは無料プランであるJimdo Freeから有料プランであるJimdo ProもしくはJimdo Businessへのアップグレードが可能です。

Jimdo Freeから有料プランにアップグレードしてもホームページ自体はなんら変化なく、まったく同じものを表示させることができますので、今まで作り込んできたホームページを手放す必要はありません。

Jimdo Freeでもホームページを開設するには十分な機能を備えているけれど

無料プランであるJimdo Freeでは基本的な機能は使うことができますが、URLが「https://●●●.jimdofree.com」というサブドメインになったり、Jimdoの広告が表示されたりします。

Jimdoのすべてのプランで利用できる基本的な機能とは

  • デザインとスタイル
  • SNSシェアボタン
  • モバイル表示に対応
  • ブログ
  • 動画
  • フォトギャラリー
  • Google マップ
  • パスワード付きのページの作成
  • メールフォーム
  • 常時SSL対応
  • ファイルのダウンロード

となります。

Jimdo FreeからJimdo ProもしくはJimdo Businessへのアップグレード

まず、Jimdo Freeの管理画面で「アップグレード」ボタンをクリックします。

次にプランを選択します。

Jimdo ProもしくはJimdo Businessを選択すると料金の支払内訳が確認できます。

ジンドゥークリエイターProプラン12ヶ月かジンドゥークリエイターProプラン2年のどちらかを選択し、あとは契約者情報を入力していきます。

Jimdoの有料プランの支払い方法は、クレジットカード払いか銀行振込が選択できます。

Jimdoの有料プランだとドメインを取得しなければならないのか

Jimdoの有料プランを選択すると契約者情報を入力する画面で支払いの内訳が表示されていましたね。その中に「ドメイン」という言葉が表示されています。

Jimdoの有料プランを契約すると独自ドメインが設定できるようになります。

先ほどの内訳の画面を見てみると初年度のみ独自ドメインの費用が差し引かれていますね。

これはJimdoで独自ドメインを取得すると初年度のみドメイン利用料が無料になるという割引サービスが適用されるということ。

ただし、Jimdoで取得可能なドメインすべてが割引対象になるわけではありません

もちろん、ドメインを追加せずにサブドメインのままホームページを公開し続けることはできます。

独自ドメインを設定せずに有料プランにアップグレードした場合のURLはサブドメインのままです。2018年4月4日以降Jimdo Freeで契約している場合は、URLは「https://●●●.jimdofree.com」、それ以前の場合は、「https://●●●.jimdo.com」になります。

でも、もしお店や会社、団体などのホームページをJimdoで公開するなら、年に約1,600~7,000円ほど支払いを追加し独自ドメインを取得したほうが個人的には有益だと思います。

独自ドメインは早い者勝ち。ドメイン取得を前提にJimdoのアップグレードを考えるなら

ただし、独自ドメインは早い者勝ち。他の人が使っているドメインと同じものは取得することができません。

独自ドメインを取得することを前提に有料プランへのアップグレードを考えているなら、アップグレードをする前にJimdoのドメイン検索画面で自分が使いたいと思っているドメインが取得可能か、また2年目以降の利用料はいくらになるのかを確認してからにしたほうがいいと思います。

試しにドメイン検索してみました。

Jimdo以外で取得したドメインを移管できる ※ただし移管できるドメインに制限あり

ドメインというのは、他のドメイン管理会社(ムームードメインお名前.comなど)でも取得可能です。もしすでに、com、.net、.org、.biz、.infoのドメインを持っているというのであれば、Jimdoに移管させることができます。

外部で取得したドメインをJimdoへ移管する

反対に、Jimdoで取得したドメインを他のドメイン管理会社へ移管させることもできます。

Jimdoのドメイン管理については、Jimdoのドメイン運用についてをご覧ください。

最後に

Jimdoの相談があって久しぶりに管理画面に入ったら、Jimdoのプランが増えていました。今まであったJimdo Free、Jimdo Pro、Jimdo Businessは「ジンドゥークリエイター」にまとめられ、新しく「ジンドゥーAIビルダー」なるものが…。

ジンドゥーAIビルダーは業種を選択しいくつかの質問に答え、デザインとテーマカラーを選択するとホームページが完成するらしい。ホームページ公開後は作成アシスタントがホームページを改善するためのアドバイスまでくれると書いてあります。

ジンドゥー AI ビルダーでホームページを作ってみました。

ジンドゥー AI ビルダーでホームページを作ってみた
Jimdoから「ジンドゥー AI ビルダー」というサービスが始まったとお知らせがあったので、試しに「ジンドゥー AI ビルダー」でホームページを作ってみました。 ジンドゥー AI ビルダーを使ってホームページを作ってみる Jimdoアカ...

いよいよJimdoにもAIが登場しましたね。技術の進歩がここまでやってくるんですね。


スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ホームページ作成サービス
スポンサーリンク
キヨミをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

キヨミをフォローする
だぶるしーど