確定申告に便利なクラウドサービスについて調べてみた

フリーランス
この記事は約3分で読めます。

フリーランスはなんでもかんでも自分でやらないといけないです。特に億劫なのが「確定申告」。確定申告の準備に振り回されている間、そしてなんとか確定申告の書類を提出し税額が確定するころには「今年は毎月ちゃんとしておこう」と決意を新たにするのですが、時間が経つとつい後回しにしてしまって…、そしてそれを毎年繰り返している自分…。

スポンサーリンク

フリーランスの会計ってどうしてる?

会計ソフトを使ってみたけど…

というわけで、会計ソフトを使い始めたわけですが、消費税率が変わるとソフト自体の買い替えが必要だったんですよね。

最近はクラウドを使ったサービスがたくさんありますが、その頃はまだ入金確認しに行ったり、クレジットカードの控えと明細を突き合わせたりしなくてはならないような時代。レシートを見ながらこの費目はどれ…なんて言いながらパソコンの前で唸っていました。

実は、プライベートではアプリで家計簿をつけていたんですね。レシートを撮影するだけでいい手軽さはズボラな自分にはピッタリ。レシートを撮影しながら、これが会計ソフトでできればいいのに…と考えていました。

クラウド会計サービスを調べてみた

こんなに便利になった時代なんだから会計ソフトでできることがオンラインでもできるんじゃないかと調べ、見つけたのがfreee


クラウド会計の「freee」に魅力を感じた理由は?

クラウド会計の「freee 」に魅力を感じたのは、やはりスマホに完全対応している点。領収書やレシートの管理はもちろん、確定申告に必要な書類をパソコンを立ち上げることなく完結させられるとあります。

会計知識がなくても使いやすい点、銀行口座やクレジットカードとも連携できるので、口座に入金があれば自動的に取り込まれますし、クレジットカードで支払ったもののうち必要経費だけを取り込むこともできるとあります。

会計ソフトの買い替えには10,000円ほどかかるのですが、クラウド会計の「freee 」は一番安いプラン(スタータープラン)でも月払いで980円(税別)、年払いにすると9,800円(税別)か…。

年度末、確定申告前の慌ただしさを考えると、この金銭的負担で軽減できるのであればありかな、とは思いながらもなかなか踏み切れないんですよね…。

ちなみに、クラウド会計の「freee 」には3つの料金プランがあります。

フリーランスの会計、どうしてる?のまとめ

フリーランスの会計について税務署に行って相談することもあるのですが、年度末や申告前になって慌てないようにするためには日々の積み重ね、仕訳が必要。

と分かっていても毎年繰り返すバタバタ。学習能力の無さ。

パソコンを立ち上げなくても日々の記帳や銀行口座に入金されたりクレジットカードで支払ったものを取り込むのがスマホだけでもできるというのは大きな魅力です。

見積書から納品書、請求書の作成はMisoca を使っているのですが、Misoca とも連携できるのも魅力です。ちなみにクラウド会計の「freee 」でも請求書などは作成できるようですが、Misoca に慣れているので移行するのもなー…。とか。

ネット上で見積書から納品書、請求書が作成できるMisocaの使い方
フリーランスでお仕事していると毎月発生するのが見積や納品書、請求書づくり。今までExcelで作成していたのですが、Misocaを使って作成するようになりました。今まで作業場に帰ってから作成していた見積書がスマホアプリで作成できるので便利。見積書から納品書、請求書への変換もクリックだけでできるのもありがたいです。

(早く会計を依頼できるくらいになりたいな…)