Windows7の更新プログラムをインストール後、ファイル共有ができなくなった

講師・インストラクター

ある会社の方から「ファイルが開けなくなった」と電話がかかってきました。お電話だったので詳しい状況を把握できなかったのですが、どうやら共有フォルダーを開けなくなったということらしい。

わたしはそのファイル共有に関わっているわけではないので、業者を呼ばれたほうがいいんじゃないかと提案したのですが、業者を呼ぶにしても一度見てもらえないか、と結構な勢いで食い下がられ、仕方がないので仕事終わりでよければ…と会社に立ち寄るお約束をしました。

スポンサーリンク

Windows7で共有フォルダーにアクセスできなくなっているのは確かだった

仕事が終わり、会社に行かせていただくと、「これなんだけど」とパソコンを指差し、この共有フォルダーが数日前から開かなくなったと。

まず、プロパティを確認し、共有先のパスを確認したところ取り立てて間違っているところもなく。たぶん、これは原因ではない。

共有フォルダーをセットアップしているパソコンのほうに移動し、共有しているフォルダーの設定を確認してみるけれど、ちゃんとファイルは開く。

ということは、やっぱり共有フォルダーの元に原因があるような気がする、ともう一度共有フォルダーをセットアップしているパソコンに戻り考えてみる。

ネットワーク診断を行い、エラーコードを確認すると「0x80070035」

しばらく考えていると、ふと思い浮かんだのがWindowsの更新プログラムだ。そういえば、先日、Excel2010が開かなくなったとFacebookで見かけた。もしかしたら…とネットワークの共有診断を行ってみる。

エラーコード「0x80070035」と表示された。

Googleでこのエラーコードを調べてみる。やはり、Windowsの更新プログラムが原因のようだ。Windows Update(KB4480970)をインストールしたWindows7のパソコンで起こっている事象のようだ。

Windows UpdateのKB4480970をアンインストールすれば解決する?

そこで、解決策を調べてみると、Windows UpdateのKB4480970をアンインストールしたら解決したという事例があった。

もう少し調べてみるとこのWindows UpdateのKB4480970をアンインストールしたとしてもエラーが発生し続けているという事例が見つかった。

特にWindows7どうしでファイル共有を行っている環境だとややこしいことになっているようだ。

KB4480970をアンインストールするのは最終手段ということにしたほうが良いような気がしてきた。Microsoftのほうにも既知の不具合として認識はされているようなので、修正アップデートが提供されるのを待ったほうがいいのではないか、と。

とはいえ、何も行わないというわけにもいかないかなと、KB4480970の不具合を修正する更新プログラムが公開されていないかを確認してみることにしました。

どうやら、KB4487345という更新プログラムをインストールすればこのKB4480970で起きている不具合が解消されるという情報を見つけた。

Microsoft Update カタログからKB4487345をダウンロードし、インストールしてみることに

Microsoft Update カタログにアクセスし、KB4487345というファイルをダウンロード(デスクトップなどの分かりやすいところにダウンロードするといい)し、インストールしてみた。

Microsoft Update Catalog

今回の事例の場合、共有元になっているWindows7パソコンに対してこのKB4487345をインストールしたが、ファイルを共有している元のパソコンも受け取る側のパソコンもWindows7の場合、どちらにもこの更新プログラムをインストールすることになると思う。

共有元になっているWindows7のパソコンにこのKB4457345をインストール・再起動させてみる。共有フォルダにアクセスできることを確認後、共有できないと表示されたパソコンでも共有フォルダを開いてみた。無事、共有フォルダーを開き、ファイルも開くことができるようになった。

Windows7で共有フォルダーにアクセスできなくなったのはWindows Updateが原因だった

なんともまぁ…、更新プログラムというのは不具合を修正するためのもののはず、なのにこういう事例があるというのはいただけない。

今回の事例はWindows7のWindows Updateが原因のようだ。これが解決策!というわけでは無いと思うけれど、疑ってみるのはいいかもしれない。

ちなみに、このWindows7のWindows UpdateのKB4487345は2019年1月15日現在、自分でダウンロードしないとインストールできなかった。次の更新プログラムで配布されるかもしれないけれど、お急ぎの場合はMicrosoft Update カタログからご自身でダウンロードしてみるといいかもしれない。

今回はたまたまこのファイルをインストールすることで解決しましたが、これ以外にも原因・解決策があるかもしれません。また、ファイルをインストールした際、不具合が発生する可能性があるのでご注意ください。

Windows Updateを手動でインストールするときの注意点

Windowsのバージョンをしっかり確認すること

このKB4487345のダウンロードを行う際、気を付けてほしいのは更新プログラムが複数あるということ。自身のパソコンに該当するファイルをダウンロードしないと改善されないので、間違えないようにダウンロードしてください。

Windows7のビット数を確認する方法

ご自身のパソコンにインストールされているWindows7のバージョンを必ず調べてからにしましょう。

Windows7の正しいバージョンを調べるには、スタートボタンをクリック→コンピューターを右クリック→プロパティをクリックすると、システムが確認できる画面に入ります。

「システムの種類」にあるWindows7のビット数が32ビットか64ビットかを調べてください。

もし、Windows7のビット数が32ビットであるならx86の更新プログラムをダウンロード、Windows7のビット数が64ビットであるなら、x64の更新プログラムをダウンロードしてくださいね。

2019年1月15日に確認したWindows7の共有フォルダーにアクセスできなくなった事例は、Windows Updateに原因がある可能性がある

今回の事例は、Windows7の更新プログラムをインストールしたため、不具合が発生したと考えられます。Windowsの更新プログラムは、不具合を修正するためにインストールするのが必須です。

しかし、今回のように更新プログラムをインストールしたがために不具合が発生する場合もあり得ます。今回は急を要したのでご紹介した対処を行いましたが、できれば自動更新されるプログラムによって改善されるまで待ったほうが安全だと思います。

何度も書きますが、くれぐれも自己責任で行うようにしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
講師・インストラクター
スポンサーリンク
wseedkをフォローする
だぶるしーど