2020年4月22日、Office365がMicrosoft365になると発表

この記事は約3分で読めます。

2020年4月22日にMicrosoftからOffice365 SoloがMicrosoft365 Personalに変わる」とアナウンスがありました。※発表は2020年3月31日

スポンサーリンク

Office 365はOfficeソフトのサブスクリプションサービス

WordやExcelなどのOfficeソフトをサブスクリプションで利用できる、Office365の後継版という位置付けらしく、月額1,284円で利用できるようです。

Office365を契約しているユーザーに対しては自動的に契約が切り替わるとのことですが、ただ名称が変わっただけではなく、従来のOffice365の機能に大きく2つの機能が加わるとありました。

Microsoft 365に追加される新しい機能はあるの?

Microsoft Editorというアプリが追加されます。このMicrosoft Editorは、WordとOutlookのWeb版とデスクトップアプリ内で利用できる校正ツールです。

Microsoft EditorはAIを利用し、文法や綴りなどをチェックして指摘してくれるらしいのですが、文章をたくさん書く人からすれば助かる機能ではないかと思われます。

もうひとつ、追加されるのが「Money in Excel」。Excel上で銀行口座やクレジットカード会社と連携し、履歴を読み込むことで家計簿を作成できる機能らしいです。グラフも作成できると紹介されていました。

ただし、これは数ヶ月、アメリカでサービスを開始した後、順次開始されていく機能ですので、日本で使えるのはまだ先、ということになりそうです。

Microsoft 365のシステム要件は?

Microsoft365のシステム要件は、恐らくOffice365が動作する環境以上が推奨されると考えられますので、現在サポート期間が残っているWindows8.1とWindows10で動作すると考えられます。

ソフトを購入するときは、OSの確認は必ず行いますが、その他にCPU、メモリ(RAM)、ハードディスク、画面解像度も必ず確認しましょう。

Microsoft 365(Microsoft 365 Personal)は1アカウントにつき1ユーザーが利用できます。OneDriveがMicrosoftアカウントだけだと5GBの容量が利用できますが、Microsoft 365は1TBという大容量が利用可能です。

Office365を使っている人はMicrosoft365に自動移行する

ということで、Office365を利用している人は2020年4月22日ごろからMicrosoft 365に自動移行されますので、あれ?画面が違う?みたいなことがあるかもしれないと頭の片隅に置いておいてもらったほうがいいかもしれませんね。

Office 365 Soloの支払い方法。クレジットカード以外にデビットカードが使える、らしい。
Office 365 Soloの支払い方法についてご質問いただきました。たしか、クレジットカードとPayPal以外に方法はなかったように記憶していたのですが、気になったので少し調べてみることにしました。 Office 365 Soloとは...