無料ブログだと検索に弱い?無料ブログでもできることはやっておこう。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時々、ブログ運営のサポートをさせていただいていますが、アメブロなどに代表される無料ブログは検索に弱いんですか?という質問をよくお受けします。

スポンサーリンク

無料ブログだから検索されにくい?

無料ブログだから検索に弱いということは一概には言えない、とわたしは思います。

無料ブログの場合、同じドメインに複数のサブディレクトリがあることになって、検索エンジン側から見ると同じドメインだと判断されるのがマズいの、と書かれている記事もよく見かけます。

その話が本当なら、同じ内容の記事を無料ブログで書くのか、そのほかのサービス(ホームページ作成サービスなど)で書くのかで検索結果に表示させられる率は変わってくるということにもなります。

同じ文章を書くのであれば多くの人に読まれる機会に恵まれたいと考えますよね。何を使って文章を書くかによって読まれる機会に差があるのであれば、より機会の多い方法を取りたいと思うのは当然です。

長年、ホームページを作ったりブログで記事を書いたり、ライティングしたりしていると、何を使って書くかよりどうやって書くのかが重要だと思うようになりました。

この記事を読んでくれている人が少しでも多くの人に文章を読んでもらいたいと思うのであれば、無料ブログでもできることを書いていきます。

無料ブログでもお金や手間をかけずに検索されやすくするには

ブログタイトルに検索されたいキーワードが入っているか

まず一番はブログタイトルに検索されたいキーワードが入っているかどうかです。

検索エンジンはブログタイトル(つまり、サイトのタイトル)を見ていますので、検索エンジンに対するごあいさつ代わりにブログタイトルに自分が検索されたいキーワードを入れるようにしましょう。

ただ、あれもこれもと欲張るとブログタイトルが長くなってしまうので、ブログタイトルは簡潔に、無料ブログにもブログの説明を入力するところがあるはずなので、そちらにタイトルに入りきらなかったものを入れておくといいと思います。

無料ブログのカテゴリやテーマは侮れない

次に、ブログには標準で付いている機能「カテゴリ」または「テーマ」です。このカテゴリ名やテーマの名前を適当に付けている人はいませんか。

これ、意外と大事です。たまに見かける「日記」、このカテゴリ(またはテーマ)に重要なことをいくら書いても検索エンジンには気付いてもらえない、気付かれるのが遅くなります。

たとえば、アメブロの場合。アメブロのカスタマイズについて書いているなら「アメブロカスタマイズ」とか。

カテゴリやテーマについては別記事「読み手にやさしいブログづくり。カテゴリの分け方」にまとめています。

ブログ記事にも検索されたいキーワードを

先ほどブログタイトルにキーワードを、という話を書きましたが、ブログの記事タイトルにもキーワードを入れるといいですね。

ただし。あなたが今書こうとしている記事に関連しないキーワードはいくら検索エンジンが拾ってくれたとしても読んでくれる人からすれば、「タイトル見て来たけど内容が違う」と離脱されてしまいます。

あくまでも今書こうとしている記事に関するキーワードを、記事タイトルに入れるようにしてくださいね。

キーワードを含めてもブログ記事のタイトルは長くなり過ぎないようにしましょう。ブログ記事のタイトルは検索結果に表示されるけれど、長過ぎると途中で切れてしまいます。

ブログ記事タイトルは入っているけど、サイトタイトルが切れているので△かな。 30文字前後だと収まります。

記事の書き方にも一工夫。見出しがあれば使ってみる

それからこれは記事の書き方になるのですが、アメブロなどの無料ブログにも「見出し」という機能がエディタに付いているのを見たことはありませんか。

この見出し。使っている人は少ないかもしれませんが、見出しを設定しておくと、読み手にとって話が切り替わるタイミングが分かりやすいですし、検索エンジンも「ここから話が変わる」とか「ここからは上の見出しの説明・概要だ」と認識しやすくなります。

たまに、この見出し機能を文字を大きく見せるために使っている人を見かけますが、これは意味が違います。

確かに文字サイズが大きくなり、文字も太めになりますが、見出しはあくまでも「ここで文章の内容が切り替わるよ」という意味であったり、「ここから次の見出しまでは上の見出しの説明なんだよ」という意味であったりします。

ただ、見た目がいまいちなんですよね…。無料ブログの中にはデザインテンプレートの中に「CSS可」というものがあるので、CSSを使って自分で見出しをカスタマイズしてみるのもいいかもしれません。

それと、話は脱線しますが、ブログのエディタに太字がありますが、ブログ記事内の文章全てに太字設定をしている記事を見かけますが、あれは意味がありません。「ここ読んで!」ってところで太字をつかったほうがいいと思います。文字の色も同じです。

あとは、個人的主観なのでと前置きしますが、ブログ記事の中央揃え(センタリング)、記事内の文章すべてを中央に揃えるのは幼く見えてしまうのではないかと思います。

このあたりのことは別記事「ブログ記事を読みやすくする書式設定について考える」で書いています。

無料ブログでもできる、更新頻度と記事数、ひとつの記事に入っている文字数を意識する

更新頻度は多いほうがいいけれど、一日数回という頻度でなくてもいいです。

それから記事数ですが、増えればいいというものではないので中身のある記事をコツコツと書き続けることが大切です。

SEO対策における文字数についてはいろんな記事がネット上に1000文字以上書け、とかありますが。確かに、1000文字以上書くと偶然なのかアクセス数は上がります。が、中身が重複していたり意味のない繋ぎ言葉を繰り返していたりすると読んでいる人には文字数を稼ごうとしているとバレてしまうかも。

無料ブログでも検索されるためにできること、のまとめ。

いろいろ無料ブログでも検索されるようにできること(SEO対策)を書いてきましたが、これらは無料ブログだからというわけではなく、サイトやブログをネット上に公開している人が、自身のサイトやブログにアクセスしてくれる機会を増やしたいという人に共通の、最低限したほうがいいんじゃないかというところを書いています。

あなたのサイトもしくはブログの存在を知っているなら直接URLを入力してアクセスしてくれる人もいるかもしれませんが、あなたやあなたのサイトやブログの存在を知らない人にも読んでもらえる機会を得たいのであれば、最低限上に書いたことをやってみてください。

少しでもあなたのサイトやブログを読んでもらえる機会が増えることを祈ってます。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク
関連コンテンツ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!