NPOって法人でしょ?いえ、法人格を持つNPOと持たないNPOがあります

NPOと聞けばNPO法人でしょ?と言われることがあります。もちろん、どちらもNPO、非営利組織であることは同じなのですが、そこに加えて法人格を持つか持たないかという違いがあります。

今日はそのことについて引用や参考サイトを用いながら書いていこうと思います。

スポンサーリンク

NPOという言葉を広義で語るならば非営利組織は全てNPOになる?!

いつものようにWikipediaさんで調べるとこんな風に書かれています。

広義のNPOは、利益の再分配を行わない組織・団体一般(非営利団体)を意味する。この場合の対義語は営利団体、即ち会社会社法による)などである。この意味では、社団法人財団法人医療法人社会福祉法人学校法人宗教法人中間法人協同組合、果ては地域の自治会なども広義の NPO である。法令に定められた各種法人格を持つものにあっても、行う事業あるいはその組織・団体自体を維持するために収益を上げることに制限はない。有給・無給の専従職員を置く団体も数多い。

引用https://ja.wikipedia.org/wiki/NPO#.E5.BA.83.E7.BE.A9.E3.81.AENPO

そうなんです、地域の自治会も広義に語ればNPOなんです。自己の利益ではなく、受益者に利益をもたらす活動。地域の自治会も、その地域のためを思って活動している、NPOの仲間なのです。

NPOで法人格を取得するメリットとは

NPO法人の役員をやっていて、メリットだな~と感じることって実はあまりないのですが(苦笑)。

強いてあげれば社会的信用を得やすくなるということでしょうか。法人格を取得するには、認証機関から認証を得られないと取得できないのですが、それをすることによって取引がしやすくなるというのはメリットなのかなと思います。

あとは法人名義で口座を開設できるようになりますし、物件を借りたり(事務所や活動拠点として)、物品購入も法人名でできます。

自治体によっては、NPO法人の活動支援を積極的に行っているところもあり、各種助成金や補助金を受けやすくなるという側面もあります。

法人格を取得する。いいところばかりじゃありません…

まず、法人格を取得する際に定款を作成しますが、それを変更するとなれば、総会を開き、認証機関に認証を得なければなりません。

また、団体の合意形成に時間がかかり(総会や理事会の開催)、素早い行動ができないという面もあります。

多くのNPO法人は会費収入が活動資金の大半を占めていると思いますが、それらを厳正に処理し、届け出が必要なものを期限までに必ず提出しなければなりません。

法人格を取得すると納税者となるので、税務申告の義務が発生しますし、認証機関(所轄しているところ)に提出した書類は誰でも見られる状態、開示された状態になるので、いい加減なものを提出することはできません。

要は、事務仕事が大変!そして、所轄しているところが目を光らせている、活動内容が誰にでも分かる状態になっているということも忘れないようにしないといけないです。

じゃあ、なぜNPO法人格を取得したのか

これについては、実のところ、そのころはただの会員だったので、詳細は不明です。

ただ、大変なことも多いですが、法人格を取得したことで活動の幅は広がったのは確かですし、委託契約などもしやすくなったのは感じることがあります。

それに、事業活動を周知する際も法人格を持っているということで、信用を得ていると感じることもあるので、いまのところ、法人格を取得したメリットの方が少し多いかなと思います。

NPO法人格を取得する。

立ち上げには一連の流れがあり、一から立ち上げる場合とうちのように任意団体から法人格を取得した場合とでは違いが生じます。

こちらのページにその流れが図解されています。

認証制度について | NPOホームページ
このホームページは、NPO法人制度や手続きの解説、特定非営利活動法人に関する情報公開、ボランティア団体のイベント情報の提供等を目的として、内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(市民活動促進担当)が運営しております。

また、NPO法人格を取得する際、定款を作成しますが、そこには特定非営利活動分野(20種)から活動内容に該当するものを明記しなければなりません。

特定非営利活動法人(NPO法人)制度の概要 | NPOホームページ
このホームページは、NPO法人制度や手続きの解説、特定非営利活動法人に関する情報公開、ボランティア団体のイベント情報の提供等を目的として、内閣府政策統括官(経済社会システム担当)付参事官(市民活動促進担当)が運営しております。

結構、難しい文言が並んでいて、つくづくその時に中の人でなくて良かったと思う…(代表、ごめんなさい!)

分からないことがあれば、福井県なら福井県民活動センターに行くと詳しく教えてくれます。場所も分かりやすくて、福井駅近くのAOSSAの中にあります。

よく通ったなぁ~、毎年恒例の提出書類で分からないことがあったり、一度、定款の一部を変更しなくちゃいけなくなったりで…。

そういえば、最近、また変わったんですよね…。

https://www.npo-homepage.go.jp/uploads/20160617-kaiseihou-1.pdf

有利になったり、「え?」ってなったり。

本当なら敦賀の地で、この手の相談に応じてくれる機関などがあれば、活動自体がもっと活発になるんじゃないかな~と思ったりして。

地域によって差もあるし、もちろん法人格を持っている団体同士でもお互いの認識に違いがあるし、それはそれで受け止めて。今後のことも考えながら、フリーランスの仕事も、もちろんNPOとしての活動もボチボチやっていこうと思います。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

NPOって法人でしょ?いえ、法人格を持つNPOと持たないNPOがあります
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!