PR

【PayPal】本人確認書類の提出。補完書類を提出するのにつまづいた

スポンサーリンク
仕事術
この記事は約5分で読めます。

代金の請求や支払いに使っているPayPalから本人確認に関するメールが届きました。

これが本当にPayPalから送られてきたメールなんだろうか…、怪しいかもと開封せずに削除しようかと思ったのですが、気になったのでメールのリンクをクリックせずに直接PayPalにログインしてみると、アカウントについての情報をご提供くださいとコメントが。

見てみると本人確認の書類と補完書類の提出とありました。本人確認書類というのは免許証なんかだと思ったのですが、補完書類?初めて聞きました。

この記事は、古い情報になりました(2023年4月20日現在
PayPalの個人アカウントで10万円以上のやり取りが発生する場合は「パーソナル(個人)アカウントの本人確認手続き」、ビジネスアカウント(個人)の場合は「ビジネスアカウント(個人/アカウント管理者)の本人確認書類」を確認してください。

スポンサーリンク

PayPalの本人確認。確認書類の提出ってどうやるの?

2020年4月1日から本人確認手続きのために提出する書類が変わったそう

今さら本人確認が必要な理由も、Paypalに提出する補完書類というのも分からなかったので、本人確認書類(個人)|サポート-PayPal(ペイパル)のページを読んでみると

2020年4月1日の「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正に伴い、ご提出いただく書類が変更になりました。書類による本人確認手続きをご利用の方で、2020年3月31日までに本人確認手続きを完了いただいていない場合は、法改正に基づいた書類を再アップロードいただく必要がございますのでご注意ください。
引用 本人確認書類(個人)|サポート-PayPal(ペイパル)

とあります。なるほど、そういうことか。

本人確認に提出できる書類の種類とは

理解したところで本人確認書類と補完書類について読んでみると、氏名・現住所が確認できる書類が【A】と【B】に分かれて明記されており、【A】から2点、または【A】から1点と【B】から1点、どちらかの組み合わせをGIF、JPG、PNG、PDFなどの画像形式(2点で5MB以下にする)でアップロードするとあります。

2023年4月20日現在、PayPal個人アカウントおよびビジネスアカウントの本人確認書類が変更されていました。

補完書類として提出できる電気・ガス・水道・固定電話の領収書は同居家族の名義でも可

電気・ガス・水道・固定電話の領収書とあるのですが、これらはすべて夫の名義。文章の中にあった同居家族の名義でも可というのを読み落としてしまって、少しの間、わたし名義で契約しているものってないぞ…、どうする…とググってしまうという…。

PayPalの本人確認書類として提出できるファイルは2枚?!

読み落としていた同居家族の名義でも可を認識して、【A】にある運転免許証と【B】にある電気代の領収書をスマホで撮影してPayPalに提出(アップロード)しようとしたところでまたつまづきまして…。

運転免許証は表面と裏面、両方の画像が必要。表面・裏面の写真を1枚ずつ撮影していました。

PayPalの本人確認書類の提出画面でアップロードできる写真の枚数が2枚。ん?2枚?運転免許証の表と裏で2枚になる…、補完書類はどうする…?

もしかしたら、この次の画面でアップロードできるかも…と思って運転免許証の表面・裏面の画像をアップロードしたところ、必要な情報をご提出いただきまして、ありがとうございます。という画面になりました…。

電気代の領収証はどうやってアップロードするんだ…と思いながらも、これ以上何も出来そうにないのでこのまま待ってみることにしました。

翌日、うまくできなかったという内容のメールが届きました。1点しか提出できていないんだから当たり前です。

で、もう一度本人確認書類(個人)|サポート-PayPal(ペイパル)のページをよく読んでみると書いてありました!

あ!そういうことか!というわけで、画像1枚目には運転免許証の表面と電気代の領収書、画像2枚目には運転免許証の裏面をおいて撮影してアップロードしたところ、翌日には、確認できたという内容のメールが届きました(ホッ)。

ここまで読み落とし・勘違い・思い込みするとは頭が固くなった証拠だ…とひとりガッカリしたというわけでした。

こんなことは自分にしか起こらないだろうとは思うけれど、読み落としのないよう、勘違い、思い込みや先入観を持たずに事に当たるよう、戒めの気持ちを込めて書き残しておきます。

それにしても焦りました…。暗証番号とやらが届くまで安心できませんが、ホッとしました。

スポンサーリンク

暗証番号5桁が印字されたハガキを受け取る。本人確認が終了した!

5月9日(日)、暗証番号5桁が印字されたハガキを受け取りました。ポスト投函ではなく受け取りでした。

Paypalにログインし、アカウントの確認の画面に進むと今までなかった「暗証番号」の項目が。印字された5桁の暗証番号を入力すると、本人確認完了の画面になり、しばらくしたら「本人確認が完了しました」というメールが届きました。

PayPalから暗証番号が印字されたハガキが届くまで約2週間ほどかかりました。だいたいこれくらいはかかるものかもしれません。

2023年4月20日:追記

PayPalの本人確認に必要な書類が変わっていました。補完書類はなくなっていました。

タイトルとURLをコピーしました