ホームページのリニューアルを見た目の古さを改善したいだけで進めるのはやめたほうがいい理由

ホームページのリニューアルを考えるきっかけで一番多いものは ホームページ制作

ホームページを作ってほしいというよりリニューアルしたいという依頼のほうが多い今日この頃。相談されることもリニューアルについてのほうが多い。

ホームページの作り手としてひとつだけ言えることがあるなら「ホームページのリニューアルは新しくホームページを作るより難しい」、のです。

スポンサーリンク

ホームページをリニューアルしてほしいきっかけで多いのは「見た目の古さ」

ホームページをリニューアルしたいと考えるきっかけで多いのは「見た目の古さ」が一番に挙げられます。

ホームページのリニューアル=見た目の改善

といっても言い過ぎではないくらい、リニューアルしたいと思うきっかけを聞けば確実に上がってくる話です。

ですが、ここは声を大にして言いたい。

見た目を変えたいだけなら費用をかけてまでホームページをリニューアルする必要はない

です。この考えだとリニューアルは成功しません。いや、費用をかけた効果を感じられないと思います。

ホームページを見る側から見て、見た目が古そうなホームページが与える印象は

検索エンジンなどであなたのホームページを見に来た人から見て、見た目が古そうに見えるホームページはどんな印象を与えるのでしょう。

開設者側であるあなたも、他の人が開設しているホームページを見る機会があるでしょう。見た目が古く感じるホームページだったとしたら、この情報は古いんじゃないか、そう感じるのではないでしょうか。

今の時代、何か情報を求めるとき、検索エンジンを使って検索してホームページで調べることのほうが増えましたね。せっかく検索エンジンにインデックスされているにもかかわらず、このホームページは情報が古そうだなと離脱されてしまうのはもったいない、です。

ホームページを見慣れている人が増えました。昔はどんなつくりでもホームページがあるだけで認知度が上がりましたが、今はその中でも有益かどうかを見極める目が肥えているユーザーのほうが多いのです。

見た目の古さを解消するためだけにホームページのリニューアルに取り掛かるのはやめたほうがいい

だからといって見た目を変えればという安易な考えは捨てた方がいい。リニューアルにはホームページを新規に開設するまでではないにしても大きな費用がかかります。

見た目も変えつつ、ホームページの持つ役割を見直し、それぞれのページに役割を与えること、積み重なった情報を一度整理して分かりやすい表現や導線を再構築する、そんなふうに考えていかないと費用対効果を高めることはできない、と考えます。

ホームページのリニューアルのタイミングを考える時期はあるのか

ところで、ホームページのリニューアルを考えるべき時期というのがあるのかと聞かれることがあります。たとえば年数で表現してほしいとかそういわれることがありますが、期限ではないんです。

わたしなりにホームページのリニューアルを考える頃合いについて少し書かせていただけるなら、

  • 新規事業を始めた
  • 事業の見直しを行った
  • 〇周年などの記念
  • サービスや事業に変更があった

こんなところでしょうか。

これはリニューアルを依頼する側として考えた場合なのですが、ホームページを制作する側としてこれはリニューアルした方がいいと考えるのは

  • ホームページに使われている言語が古い
  • 各デバイスに対応した表示になっていない
  • FLASHなど動的ファイルを多用している
  • 写真などの画質が悪い
  • ホームページの導線が複雑で見ている側が求める情報にたどり着けない
  • SSL対応がされていない

などが挙げられます。

作りっぱなしで放置しているホームページがダメな理由。
ホームページを作りっぱなしにしていませんか?見直し、加筆、修正。リライトだって必須です。誰が作るのではなく、どう育てるか。作りっぱなしのホームページは機会損失を生むかもしれません。

どんな言語を使ってホームページを制作しているか。ソースを見れば分かる

ちなみに、自社あるいは自店、団体のホームページを開いてもらって「ソース」というのを確認してもらうと、そのホームページを作った言語が古いかどうかが分かります。

Google Chromeの場合、該当するホームページを表示し、画面の上で右クリック→「ページのソースを表示」です。

ソースが表示されたら1行目、あるいは2行目あたりに注目してください。

以下のサイトではこのあたりを詳しく書いてくれていますのでシェアします。

参考 「HTML 4.01」と「XHTML 1.0」と「HTML5」の違いまとめ

今、インターネット上にあるホームページの多くは「HTML5」を採用しています。

もし、あなたのホームページが古い言語を使っているならそろそろリニューアルを考えてもいいかもしれません。

ホームページを見られるデバイスは増えた。それぞれに対応した表示の切り替えが必要になってきた

現在、ホームページを見るためのデバイスは多様化しました。昔はパソコンくらいしか表示させられなかったけれど、今ではスマホにタブレット、ゲーム機、テレビでも表示させられるようになってきました。

スマホでホームページを見る人が増えた。スマホ表示に対応させたほうがいい

特に、スマホでホームページを見る人が圧倒的に増えました。最近、検索エンジン大手のGoogleが「スマホに対応した表示ができないホームページは評価を下げる」というニュースが流れたばかりです。

参考 モバイル ファースト インデックスを開始します

もし、あなたのホームページをスマホで表示しても、パソコンで見るのと同じように見えているのであればスマホ表示に対応していない可能性があります。

スマホ表示に対応させていないホームページだと、掲載順位が下がる可能性もあります。

Google Search Consoleから「Mobile-first indexing enabled for サイトのアドレス」という件名のメールが届いた
Google Search Consoleから「Mobile‐first Indexing enabled」で始まる英文メールが送られてきました。英文メールはどきっとしますね…

ホームページを見る側にとっても文字サイズが小さいため画面の拡大が必要になります。スマホで見たならスマホに合わせた表示に切り替えられるようにしたほうがいいと思います。

FLASHなど古いコンテンツを使っているホームページは

あとは昔流行ったFLASH。これはスマホでは表示できません。先日相談のあったホームページはトップ画面がFLASHだけで作成されていたため、スマホではホームページの各ページにすらたどり着けないというところがありました。

FLASHを再生するためのプラグインには脆弱性があると言われてもいますので、ホームページにFLASHを取り入れているなら早急に外した方が良さそうです。

画質の悪い写真を使っているとホームページの見た目が古く見えてしまいがち

スマホやタブレットでさえ、今の時代高画質です。画質の悪い写真を使っていると見ている側に古い印象を与えているかもしれません。

昔はホームページの表示時間を短縮するため、画像の圧縮を行う必要がありました。印刷には不向きだけどディスプレイでの表示はギリギリ大丈夫だろう、それくらいに画質を落とさないと表示する時間がかかり過ぎてしまったのです。

でも、今は通信回線の速度が速くなっていますし、大量のデータを短時間に受け取ることができますので、画質はそれほど落とさずに済みます。

ホームページのページを増やし過ぎた。導線が考えられていないホームページはユーザーの離脱を招く

あとはホームページに情報を追加する際、導線を考えずにページを増やしているホームページが非常に多いのも気になります。見ている側のアクションをできるだけ減らし、手間をかけさせずに情報にたどり着けることが重要です。

これだけ情報保護が叫ばれているからか、SSL対応が無償でできるくらいの時代になりました。もし、あなたのホームページが置かれているサーバがSSLに対応しているならリニューアルを機にSSLに対応させるのが賢明だと思います。

ホームページのリニューアルを見た目の古さを改善したいだけで考えるのは待って。せっかくリニューアルするなら構造やスマホ対応も念頭に置いて進めてほしい

いろいろ書いてきましたが、見た目が古いという動機だけでホームページをリニューアルするのはおすすめしません。細かいことは分からない、というのであればホームページを作ってくれた人や業者に一度聞いてみるといいかもしれません。

せっかくホームページを公開しているのに役割を果たしていないのはもったいない話です。リニューアルするなら効果であり見直しであり、目的をしっかり持ってリニューアルを検討していただけたら、と思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
ホームページ制作
スポンサーリンク
wseedkをフォローする
だぶるしーど