ホームページをリニューアルしたいと考え始めるきっかけは?

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページのリニューアルを考えるきっかけで一番多いものは

ホームページを作ってほしいというご依頼よりも、ホームページを作りなおしてほしいというご依頼のほうが多いのですが、ホームページのリニューアルとひとことで言っても、それを考え始めるきっかけは様々です。

スポンサーリンク

ホームページは優先度が低い?

建物や機器などのハード面は故障したり機能が古くなったりという「明らかな理由」が存在しますが、ホームページは故障することはなく(なにかしらの理由で表示されなくなったり文字化けしたりはしますが)、機能が古くなったとも気付くことは少ないです。

でも何かしらのきっかけで「ホームページ、このままではいけないかも」と思うことがあって相談に来られると思うのですが、さて、どんな理由が多いのでしょうか。

ホームページのリニューアルを考え始めるきっかけ

見た目の古さ

これはお客さまから指摘されて気付くことがあるみたいで、一番相談理由の中で多いものになります。

なぜ古く感じるのかといえば、デザインなどもそうですが、一番の理由はホームページの持つ幅、です。最近のモニターは大きくなりましたので、画面の中央にきゅっと詰まったように見えてしまう。

ユーザーがホームページを見る端末が増えた

ホームページをスマホやタブレットで見る人が多くなったこともあって、さらにそのぎゅっと詰まった感は目立つようになりました。

最近のホームページは、レスポンシブと呼ばれるホームページを見ている端末によって幅や配置を自動で切り替えられるようになっているものが多くなりました。

昔は携帯で見られるように携帯用のページを別に作ることもあったんです。が、そこまでやっているホームページは少なかったのも事実。携帯用のページを作っているところでも重要なページのみ携帯用のページを作っているところのほうが多く、携帯用のページを準備していないページはパソコンで見る時の幅で表示されることがあり、ユーザーの使いづらさ、見づらさにつながってしまっていました。

今のブラウザや端末では再生できないプログラムがある

一昔前のホームページに多用されていたのがFLASH。実はこのFLASH、iPhoneやiPadでは再生できません。

先日リニューアルを担当させていただいたホームページは、FLASHの再生が終わらないとホームページの本体にたどり着くことができないとお客さまから指摘されて初めて気が付いたという案件でした。

ホームページを構成するのはHTMLというプログラムなのですが、HTMLにはバージョンがあって、現在主流になっているのはHTML5。HTMLは「タグ」というものを使ってホームページを作っていくのですが、ブラウザにこのタグを解釈させて「ホームページ」として表示させる仕組みになっています。

ブラウザがバージョンアップすれば古い言語を解釈できないことがある

ブラウザもバージョンアップをしていきますよね、古いタグで書かれているホームページはブラウザのバージョンによってはレイアウトが崩れたり表示されなかったりします。そのホームページをユーザーが見た時、どんなふうに感じるか。容易に想像できますね。

さらに、このタグ。古いタグであればあるほど、現在のブラウザに対応させるには相当な労力を要します。なぜならそのタグ自体をブラウザが解釈できないことがあるからです。それをブラウザが解釈できるように、レイアウトを崩さずに配置できるタグを探し出すというのは骨が折れる作業です。

ホームページをリニューアルしたいと思ったら読んでもらいたい記事を別にまとめてあります。

ホームページのリニューアルには費用も時間もかかる

ホームページのリニューアルというと、今あるものを修正するだけでいいと思われるかもしれませんが、既存のホームページを今の言語で書き直すというのは思っている以上に手間がかかる作業なのです。

中には、作り直す=入れ替えるくらい費用がかからないだろうと思われる人もいます。が、費用はちゃんとかかります。

先ほども書いたようにスマホやタブレットで見る人や大きくなったモニターで見る人に合わせるというのは別の作業が必要になるのです。

どこまで求めるかにもよりますが…。

ホームページのリニューアルを考え始めるきっかけについてまとめ。

ホームページのリニューアルを考え始めるきっかけはお客様からの指摘が多い(うちの場合)です。それは見た目の古さや使いづらさ、読みづらさ、情報の古さなどが挙げられます。

ホームページを作りっぱなしで放置していると、検索で訪れたユーザーが「このホームページの情報は古いかもしれない」と思われ、離脱されてしまいます。

ホームページのリニューアルができないなら、せめて情報が古くなっていないかを一度確認してみてほしいなと思います。

ホームページのリニューアルも家のリニューアルと同じで、今の規模に合わせて必要な機能を取り入れながら、従来のホームページに適応させていきながら、不要なものは削除し、必要なものは追加し、整理整頓していく作業も加わってくるのです。

なので、時間的余裕を持ってホームページのリニューアルに臨んでほしいと思います。それには根気よく付き合ってくれる業者さんやホームページ制作者と出会うことも大事なことですね。

以前作ってくれたところに依頼できれば一番いいのですが、請け負ってくれないという相談も多いです。別記事にホームページを依頼するときの流れを簡単にまとめてみましたのでよかったら読んでみてもらえればと思います。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

関連コンテンツ