SNSの「ハッシュタグ」の使い方。入力の仕方や効果的な使い方について考える。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSを使っている人なら見たことがあるだろう「ハッシュタグ」。

キーワードの前に「#」を付けるのが「ハッシュタグ」なのですが、入力の仕方や効果的な使い方について自分なりにまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ハッシュタグを使うのはどんなとき?

ハッシュタグを使うときはどんなときですか。わたしは主にInstagramで使うことが多いのですが、投稿した写真がどんなものかを表すときに使います。

たとえば、ひまわり畑で撮影した写真に「#ひまわり畑」とハッシュタグを付けると、同じハッシュタグを使った投稿(写真)を一覧表示させることができ、Instagram上でフォロー・フォロワー関係にないユーザーにも自分が投稿した写真を見てもらうことができますし、他の人が投稿した「ひまわり畑」に関連した写真を見ることができます。

ハッシュタグの始まりはTwitter

Twitterが最初に導入したハッシュタグですが、今ではInstagram以外にもFacebookやアメブロでも使えるようになりました。

多くの情報がユーザー同士が友達やフォロー・フォロワー関係になくても得られるようになったきっかけのひとつがこのハッシュタグだと思います。

ハッシュタグの入力方法。間違えるとハッシュタグとして認識されない

ハッシュタグは基本的にどのSNSでも入力方法は同じなのですが、入力方法によってはハッシュタグと認識されないことがあるので、基本的なハッシュタグの付け方をご紹介したいと思います。

下の図で示した通り、基本的には投稿内容の後に入れることが多いです。

投稿内容に続けてハッシュタグを入力するなら投稿内容とハッシュタグの間に半角スペースをひとつ入れるか、改行します。

ハッシュタグの付け方。入力に気をつけて。
ハッシュタグの付け方。入力に気をつけて。

また、ハッシュタグを複数入れる場合も同じでハッシュタグと次のハッシュタグの間には半角スペースをひとつ入力するか改行しておきます。

ハッシュタグにつけるキーワードはスペースなどで区切ることがないようにしないと半角スペースで区切られた前文だけがハッシュタグとして認識されてしまいます。

たとえば、先ほどの例で行くと、

#ひまわり畑 #ひまわり #夏の花

と入力するとそれぞれがひとつずつハッシュタグとして認識されますが、

#ひまわり畑 2018

としてしまうと、「#ひまわり畑」はハッシュタグとして認識されますが、「2018」は認識されません。この場合は

#ひまわり畑2018

と入力すればハッシュタグとして「ひまわり畑2018」が認識されます。

ひとつの投稿に付けられるハッシュタグの上限は?

ちなみに、ひとつの投稿にハッシュタグはいくつ付けられるかというと規定はないようです。つまり付けたいだけ付けられる、ということ。

いくつもハッシュタグを付ければたくさんの人に見てもらえるからとたくさんハッシュタグを付けている人がいますが、これ自体が効果があるかというとそこまで無いような気がします。

それもキーワードではなく文章だと同じハッシュタグを使っている人がどうしても減るので、検索されやすいキーワードを使ったほうがいいかな、と個人的には思います。

Instagramはひとつの投稿に複数の写真を投稿できるようになった。ハッシュタグの付け方に工夫がいるかも

Instagramに限定すると、1つの投稿に複数の写真を掲載できるようになったこともあって、写真自体に関連性がないものも同じハッシュタグで表示されてしまうことがあります。

たとえば、ひまわり畑を撮影した写真に「ひまわり畑」というハッシュタグを付ければ効果があると思いますが、ひまわり畑に行った後に寄ったカフェの写真を同時に投稿したとすると、このカフェの写真も「ひまわり畑」のハッシュタグ検索にヒットするんです。

個人的な感覚なのでこれが正しいというわけではないですが、Instagramの投稿に複数の写真を付けるのであれば、ハッシュタグでまとめて複数回に分けて投稿したほうが効果的じゃないかなと思います。

Facebookのタグの種類と付け方、注意点
Facebookの投稿につけるタグと写真につけるタグ、投稿にFacebookページや他の人をタグ付けする方法について書いています。

ハッシュタグを使って、いろんな人とつながろう!

ハッシュタグに使うキーワード。同じキーワード(興味・関心)を持つ人の投稿を見ることも見てもらうことができます。ただし、投稿者の公開設定にもよりますが。

ハッシュタグに使うキーワードを工夫すれば、同じキーワードを使う人たちとのつながりを生み出すことができます。

Instagramにハッシュタグを付けて投稿した後、そのハッシュタグをタップし、どんな投稿があるかを確認することはありませんか。わたしは結構やってしまいます。

同じものを撮影しているのに構図が違うし、見ているところも違うし。とても勉強になります。ハッシュタグきっかけでフォローしたりフォローされたり。気軽にリアクションすることもできるのでふわっと楽しんでます。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク
関連コンテンツ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!