ハッシュタグって何?基本的なお話から効果的な使い方までを書いてみた。

SNSの使い方

SNSを使っている人なら一度は目にしたことがある「#」が付いたリンクのような文字列。このキーワードの先頭に「#」が付いているものを「ハッシュタグ」と呼んでいます。

ハッシュタグには使い方のルールのようなものはなく、あるのは「暗黙の了解」的なもの。だからといって何でもかんでもハッシュタグをつければいいというものでもないです。

今回はハッシュタグについて基本的なお話からハッシュタグの効果的な使い方までを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

ハッシュタグはどんなときに使うもの?

ハッシュタグの始まりはTwitterだと言われていますが、現在多くのSNSや一部のブログサービスでもハッシュタグを使うことができるようになりました。

ハッシュタグというのは基本的な考えとして、キーワードのつながりを表しています。

たとえば、SNSに美味しいスイーツの情報を投稿したとき、ハッシュタグを付けるとすれば「#スイーツ」とか「#イチゴショート」とか、後はお店の名前だったりします。

このハッシュタグは投稿同士をつなぎ合わせることができます。自分が投稿した「#スイーツ」をクリックしてみると、同じ「#スイーツ」というハッシュタグを付けた投稿がまとめられて表示されます。

気に入った投稿があれば「いいね」などアクションすることで、フォロー・フォロワー以外のつながりが生まれる。そんな使い方をします。

ハッシュタグの付け方を間違えるとハッシュタグとして認識されない

ハッシュタグの付け方には決まりがあって、投稿の内容と区別するため、文末に半角スペース、または改行してから半角の「#」を入力し、ハッシュタグにしたいキーワードを入力します。

ハッシュタグの付け方。入力に気をつけて。

また、ひとつの投稿に対して複数のハッシュタグを付けることができます。複数のハッシュタグを付ける場合も同様に、半角スペースまたは改行して半角の「#」を入力してからキーワードを入力します。

ただし、キーワードの中に半角スペースやスペースを入力してしまうとタグが途切れてしまいます。

例として以下のように入力したハッシュタグは認識されますが、

#ひまわり畑 #ひまわり #夏の花

以下のように「ひまわり畑」と「2018」の間を半角スペースで区切ってしまうと、「2018」はハッシュタグとして認識されなくなってしまいます。

#ひまわり畑 2018

ハッシュタグを付ける上限数は決まっているのか

調べてみましたが、ハッシュタグの上限は規定されていないようです。

ただ、SNSの種類によっては、あまりに文章量が多いと「続きを読む」をクリックまたはタップしないとすべてのハッシュタグが表示されないということもあるので、せっかく入れたハッシュタグを活かしたいと考えるのであれば、ハッシュタグの数は3~5つくらいに絞ったほうがいいのでは、と個人的には思います。

スポンサーリンク

ハッシュタグを使うメリットについて考えてみる

ハッシュタグを使えば多くの人に投稿を見てもらえる可能性がアップする

InstagramやTwitterでは、自分とつながりのある人をフォロー・フォロワーと呼んでいますが、通常何もせずに投稿を目にしてもらえるのはこの関係がある人ですよね。

SNSではいろいろな検索ができますが、このハッシュタグを検索対象とすることができるので、検索結果に表示される可能性が高まります。そうなれば、自分の付けたハッシュタグを辿ってつながりのない、他のユーザーに自分の投稿を見つけてもらえる可能性が高まります。

他にも、イベントやキャンペーンでハッシュタグを指定して投稿を促すことで、同じハッシュタグで投稿されたものがひとまとまりになるので、イベントやキャンペーンが盛り上がるし、拡散されやすい状況を作ることができます。

スポンサーリンク

ハッシュタグを使って、いろんな人とつながろう!

ハッシュタグに使うキーワード。同じキーワード(興味・関心)を持つ人の投稿を見ることも見てもらうことができます。ただし、投稿者の公開設定にもよりますが。

ハッシュタグに使うキーワードを工夫すれば、同じキーワードを使う人たちとのつながりを生み出すことができます。

Instagramにハッシュタグを付けて投稿した後、そのハッシュタグをタップし、どんな投稿があるかを確認することはありませんか。わたしは結構やってしまいます。

同じものを撮影しているのに構図が違うし、見ているところも違うし。とても勉強になります。ハッシュタグきっかけでフォローしたりフォローされたり。気軽にリアクションすることもできるのでふわっと楽しんでます。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
SNSの使い方
wseedkをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
だぶるしーど