ホームページはどうやって作る?人に頼むにしても知っておいた方がいいこと。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを開設したいけれど、どういう流れで行えばいいのか、というご相談をお受けしました。

ホームページを作るのが自分であろうと、誰かに依頼するのであろうと、ホームページを開設する手順を知っておくことは、実際に作成するときにはもちろん他者との打ち合わせの際にも有用だと思い、今日はホームページを開設する手順についてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

ホームページ開設の目的・ゴールを明確にしよう

まず、一番大切なのは「ホームページを作って何をしたいのか」という目的・ゴールを明確にすること。

たとえば、商品やサービスをアピールしたい、問い合わせを増やしたい、ネットショップなら売上アップ、もしかしたらブログの補完としてかもしれません。

目的・ゴールが明確に設定されていないと、ホームページの開設に関わる全ての人の理解が共有されないので「作っただけで効果がないホームページ」が完成してしまいます。

ホームページを見てもらいたい人、ターゲットを設定しよう

次に、大切なのは「どんな人に見てもらいたいか」というターゲットを明確にすること。ペルソナを設定することもありますね。ペルソナというのはたとえば、年齢はいくつくらいか、性別は、家族構成は、仕事は、どんなことに興味があるのか…など具体的であればあるほど、これから作り上げていくホームページを構成する要素(コンテンツ)が充実したものになります。

ところが、このターゲットを設定するということは逆に言えばユーザーを絞り込むことになります。ユーザーを絞り込むということは相手を限定するということになりますね。

ホームページを開設したいと考える人の多くは「たくさんの人に見てもらったほうが得だ」と考えます。たくさんの人の目に触れれば、それだけ上に挙げた目的が達成されやすくなる、そう考えるのは自然なことだと思います。

ですが、多くの人に、たくさんの人にと思って開設したホームページは正直ボヤッとしていて訴求というところで弱い。そこを補完するためにランディングページを作るというのも手ですが、ホームページ全体のバランスを考えるとあまり適切ではないような気がします。

上のふたつが定まっていれば、ホームページを構成する要素(コンテンツ)でいちばん時間がかかる「レイアウト」と「デザイン」に多くの時間を割くことが無くなります。

制作者と一緒にデザインコンセプトを作り込もう

では、ここからがデザイン。要は見た目。レイアウトも含みます。ここにはホームページの開設を依頼する側としては一番重要なところですよね。ただ、ホームページのデザインは見れば見るほどいっぱいありますので、あれがいい、これがいいとなかなか定まらないのが常。

できれば、ですが。目的やゴールにたどりつけそうだなと思えるようなホームページをいくつか選んでもらえると、わたしとしては依頼者のイメージが分かりやすいです。

それから、ざっくりとでいいので「カジュアル」とか「落ち着いた」、「元気な」というイメージを伝えてもらえるとデザインしやすいかな。

それと、イメージカラー。色は大きな要素。好き好きではなく、会社や店舗、団体のイメージカラーを伝えてもらえるとありがたいです。

ホームページ全体の構成、サイトマップを考える

上に挙げたような打ち合わせをしながら、どんなコンテンツ・ページが必要かを洗い出しながらサイトマップを作成していきます。

このサイトマップがないと、ページの流れがうまくいきません。リンク切れが発生したり不必要なページや重複した内容をページにしてしまったりします。

読み手の目線でサイトマップを作ること。これがこの作業の中で大切にしたい部分です。

いよいよ、トップページデザインに入る

ホームページというのは、トップページとその他のページと分けることができます。トップページはデザインもレイアウトもしっかり作り込まなくてはいけません。その他のページはトップページのデザインが完成したらいくつかレイアウト案を出すようにしています。

コーディング作業に入ります

デザインとレイアウトの見た目が整ったらいよいよコーディングという作業に入ります。コーディングとは上のデザインをブラウザで表示させるためにHTMLなどの言語を使ってコードを書いていく作業です。

この時点での仕様変更はご法度です。追加費用を頂戴することがあります。

支払い方法については最初にしっかり確認しておこう

ちなみに、わたしのほうでは、デザインまでの作業分までを前払いという形で頂戴しています。コーディング、ブラウザ・テストサーバーでのチェック以降の作業はホームページを公開した時点でのご請求とさせていただいています。

このようにホームページの開設にかかる費用の支払い方法についてはしっかりと確認しておかれる方がいいです。人によっては支払いのタイミング、請求のタイミングは違いますので…。

ホームページの開設を依頼したとき、どこまで面倒見てもらえるかを確認しよう

お支払いの話のついでに、というとあれですが、ホームページを開設するというと、どこまでと考えられますか?

人によってはホームページの公開まで、としているところもあります。それ以降の作業というと、検索エンジンにインデックスさせる、アクセス解析などを用いてユーザーの動向を見ながら、ホームページを修正・追記していくなどといったものがありますが、これらが別料金とされていることがあります。

してくれるだろうと思っているだけではダメ。保守契約についてもしっりと最初に確認しておくようにしてくださいね。後で追加料金を支払うことになったという相談事例もありましたので。

ホームページの開設の流れについて、のまとめ。

ホームページの開設を自分でするのか、人に依頼するかによって多少流れは違ってくるかもしれませんが、ざっくりと書いてみました。

依頼する先の業者や人によって流れも費用も全く違います。ただ言えることは、ご自身がホームページを開設したい目的・ゴールを明確に持って問い合わせをしてほしいということ。

言われるままというのがトラブルのもとです。納得したうえでホームページの開設に、そしてご自身が設定されたホームページ開設の目的・ゴールにたどり着けるよう進めていただければ、と思います。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

関連コンテンツ