ホームページを開設する前に考えておくとよいこと。

ホームページ制作

ホームページを開設しようとしたとき、ホームページのことなんて分からないからとりあえず業者に問い合わせる人は多いと思います。

ですが、何も下地の無い状態で業者に問い合わせてもホームページの開設はうまくいきません。

ホームページを開設する前に考えておくといいこと、ホームページの制作を依頼する前にできることについて少しまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

ホームページってよく分からないからお任せしよう!はやめた方がいい

よくあるのが「うちはホームページなんて分からないからお任せ」という話。ホームページの制作はタダではありません。費用だけを見て判断するのは少し待ってほしいのです。

ホームページっていくらかかる?それは求めている結果次第で変わる

というのもよく聞かれるのが「ホームページ作るのっていくらかかるの?」。

これは家を建てるのにいくらかかるの?と聞いているのと同じです。家と言ってもいろんな形がありますよね。どんな家を建てたいのかによって費用は変わってきます。

ホームページもそれと同じで、どんな目的を持ってホームページを作るかによって費用は大きく変わってくるのです。

ホームページを開設したくなった動機について考えてみよう

まず、ホームページを開設したいと思った動機はなんでしょうか。

今の時代、インターネットを使った情報発信の方法はホームページだけではありません。FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSもありますね。

SNSは基本的に無料で使うことができます。なのに、費用をかけてまでホームページを開設したいと思ったのはなぜなのか。

費用をかけてまでホームページがほしい理由ってなんでしょうか。

うちに相談に来られる人の中には

  • ホームページくらいあったほうがいいと言われた
  • ホームページがあれば売り上げが上がると言われた

という人が多いんです。気付きましたか?「言われた」です。主導ではないんです。言われたから作ろうかなと思って相談に来た。

正直な気持ちを書くと「作れと言われたら作る」のです。ホームページを作るのが仕事ですから。

だけど、こういう動機だと多くの場合、特化できない、差別化されないホームページに終始するのです。何を聞いても「任せる」しか言われない。もうすぐ出来上がるぞってところで、「やっぱり」とか言われてしまう。

ホームページがほしい、開設したい理由です。その理由が明確であれば目的が明確になります。

ホームページに求めるものは?どんな結果がほしいのか?を考える

たとえば、問い合わせの窓口を増やしたい。電話だけじゃなくてメールで問い合わせができるようにしたい。それでもいい。

売り上げを上げたいからインターネットを使って商品やサービスを販売したい。これでもいい。

団体の概要を紹介したい。どんな活動をしているかを知ってもらって利用者や会員を増やしたい。それでもいい。活動の履歴を残したい。それでもいい。

ホームページの制作依頼をする前に自分にできることを洗い出してみる

ホームページを持つことは、インターネット上に家を構えるのと同じです。インターネット上に構えた家に対してあなたができることを洗い出してみます。

自分の持つ技術や知識を洗い出す

ホームページを開設したらそれで終わりというわけではありません。ホームページを開設する前なら業者や私のようなフリーランスの制作者が主導ですが、開設後は依頼者であるあなた自身が主導になります。

作りっぱなしで放置しているホームページがダメな理由。
ホームページを作りっぱなしにしていませんか?見直し、加筆、修正。リライトだって必須です。誰が作るのではなく、どう育てるか。作りっぱなしのホームページは機会損失を生むかもしれません。

ホームページを開設する前に、あなたが持つ技術や知識を洗い出しておきましょう。

たとえば、問い合わせの窓口としてホームページを作って問い合わせメールを送ることができるようにしたいとなれば、メールチェック、返信ができるかを考える。

スマホでメールを受け取れば返信できるのであれば、設定するのはスマホのメールアドレスになる。だけど、スマホのメールアドレスは使いたくないのであればフリーメールアドレスを取得するか、スマホでプロバイダメールを受信できるようにするか。

インターネットを使って商品やサービスを販売するなら在庫管理と受注に必要な技術や環境が整っているか。

概要を紹介したい、履歴を残したいのであれば文章や画像を準備できるか。会員や利用者を増やしたいのであればどうやってそれを受け取り、やり取りできるかを考える。

それらが難しいのであれば代行してもらえる人やサービスがあるかも調べておくことができます。

同業者などのホームページをたくさん見て、イメージを膨らませておく

それから、個人的には似ている業種や団体などのホームページをたくさん見ておくこともお勧めしています。自分が気に入っているところをぜひ伝えてください。逆に、ここがもっとこうなっていると理想に近いと伝えてください。

この情報が手に入るだけでだいたいの費用をお出しすることができますし、必要なサービスなどもご紹介できます。また、ホームページを開設するよりブログやSNSのほうがいい場合もあります。

Facebook・Twitter・Instagram…SNSはたくさんある。どれを使うかより連携させるのもひとつの手。
FacebookやTwitter、InstagramなどSNSというのはたくさんありますね。 SNS、どれを使えばいい?と相談されることが多いのですが、それぞれに得意なこと不得手なことがありますので、どれがいいというのは使う側の「目的...

インターネットで情報を発信する手段は増えた。だからこそ自分にとって適切な手段を選ぶことが大事

インターネットを使って情報を発信する手段はホームページだけではなくなりました。メールもそうですし、SNSもあります。もちろん、ホームページを開設する方法もたくさんあります。

ホームページの制作方法からそれぞれのメリット・デメリットについて書いてみた。
ホームページを開設したいと考えるとき、ホームページってどうやって作るのと考えることがあると思います。 パッと思いつくのはホームページ制作業者に依頼する、だと思いますが、これだけ技術が向上した今、ホームページを制作・開設するにはいろいろ...

ただ、どの方法を使うにしても、目的が明確でないと選択を誤ることがあります。もし、それが費用をかけて開設したホームページだったとしたら…。

そうならないよう、インターネットを使って情報を発信したいと考えるときには、上のようなことを合わせて考えてもらえたら嬉しいなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
ホームページ制作
スポンサーリンク
wseedkをフォローする
だぶるしーど