「独自ドメインとはなんですか?」独自ドメインのメリット・デメリットについて話したことをまとめてみた

ホームページ制作
この記事は約7分で読めます。

独自ドメインってよく聞きますけど、独自ドメインってよくわからないんですよね。お金かけてまで取得するのに意味あるんですかね?

彼は、会社でPC系に強いというだけで(と、本人は言っておられましたが、実務的には相当PCを使える人です)上司に「ホームページ作れ」と指示されたらしいのですが、何から初めていいのやら、いろいろ検索しているうちに分からなくなってしまった、相談に乗ってと呼び出されました。

スポンサーリンク

独自ドメインって何?

ホームページを作ることとそれをインターネット上で公開することとは違う話、なんですよね。

インターネット上にホームページを公開するためには、Webサーバというものにホームページを構成するファイルをすべて「アップロード」しなければなりません。

ドメインとは、ホームページのアドレスの「http://www.」の後についているもの、といえば分かりやすいでしょうか。

通常、Webサーバにはアドレス(URL)が与えられますが、それを使わずに世界中でまだ利用されていないドメインを設置するときに取得するのが「独自ドメイン」です。

ドメインにはいろんな種類があります。よく使われているのが「co.jp」や「com」、「net」などですが他にもたくさんあるんです。

たとえば、このサイトは「https://w-seed.com」ですので、ドメイン種別は「com」。この「com」の中で取得できたのが独自ドメインである「w-seed」です。

ドメイン種別にはそれぞれ用途が設定されています。たとえば、「com」なら商業組織用、「net」ならネットワーク用といった感じです。

参考 ドメイン名の種類 一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター

独自ドメインを取得するには使いたいドメイン種別を選んで、自分が使いたいドメインが使えるかを調べる必要があります。

独自ドメインを取得するにはムームードメインお名前.comなどのドメインを取得できる会社で取得する場合と、Webサーバをレンタルする会社(クラウドソーシング「ランサーズ」など)で同時に取得する場合があります。

じゃあ、うちが独自ドメインを取得するとしたら、商業組織だし「com」や「co.jp」なんかがいいのかな?

そうですね、「com」や「co.jp」などがいいかもしれませんが、これらはずいぶん昔から使われているので空きがない、というか希望の独自ドメインが取得しづらいかもしれません。

co.jpは、日本で登記された法人だけしか登録できません。
スポンサーリンク

独自ドメインを取得せずにWebサーバのURLを使うのはどうなの?

ところで、独自ドメインって取得したほうがいいもんなのかな。Webサーバを契約したらとりあえずはURLがもらえるんでしょ?それでもいいんじゃない?

確かに、ホームページを公開するだけならWebサーバに与えられているURLでできますし、Webサーバを運営する費用を負担するだけでホームページを公開することができますが、いいところだけではなくやはりデメリットもあるんです。

Webサーバを契約して与えられるURLは、同じWebサーバを使っている人たちと共有することになります。

イメージとしては無料ブログサービスやホームページ作成サービス(無料プラン)でサイトやブログを公開したときと同じようなものです。

たとえば、というホームページ作成サービス「ジンドゥー 」の無料プランでホームページを公開すると、URLは「https://●●●.jimdofree.com/」、●●●のところがあなた専用となります。

これはサブドメインという形での公開になり、Jimdofree.comというドメインを一緒に使っている人が複数いることになります。

ということは、同じドメインを使っているホームページの中に検索エンジンの評価がよくないホームページが含まれていた場合、その影響を受けてしまう恐れがあるのです。

Webサーバと契約してホームページのデータをアップロードすればホームページとしては公開できる。けど、それはサブドメインっていうやつになるから、おんなじサブドメインを使ってるところの評価が自分とこのホームページの評価に影響することがある、ってことか。

そうなんです。これが難しいところだったりもします。

ホームページを制作する仕事をさせていただくなかで、依頼者の希望もあってサブドメインで公開しているホームページは、やはり検索エンジン対策(SEOといいます)はなかなか難しく、独自ドメインを取得したホームページはSEO対策もしやすいのは経験上…。

スポンサーリンク

独自ドメインを取得するのにメリットはあるの?

他に独自ドメインを取得したほうがいい理由ってある?

そうですね、一番のメリットは一度取得してしまえばWebサーバを変えてもそのホームページに対する検索エンジンからの評価を引き継ぐことができることだと思います。

それと、独自ドメインを取得し、ホームページを公開したとすればその先、販促物やチラシ、パンフレットなどにURLを記載しますよね。

そのときに自分の会社をイメージできるような独自ドメインを記載していると、情報を公開するために費用をかけてホームページを運用していると伝わります。

独自ドメインを取得するデメリットは?

となると、独自ドメインを取ったほうがいいような気がしてきたけど、いいところがあればよくないところがあるんじゃない?

独自ドメインを取得するデメリットといえば、自分で管理しなくちゃいけないってことと、その独自ドメインを使い続ける限り費用がかかることでしょうか。

独自ドメインの管理を自分でしなくちゃいけない

ドメインを管理する会社と契約して取得した独自ドメインを自分が契約しているWebサーバにくっつける(ネームサーバ)作業をしないといけないです。

それに、ずいぶん分かりやすくはなりましたが、ドメイン管理にもそれなりの専門知識が必要なので、初めのうちは戸惑うことが多いかもしれません。

独自ドメインには更新が必須。忘れるとえらいことになる

また、独自ドメインはだいたい1年から複数年契約で使用していきますが、更新を忘れてしまうとホームページが表示されなくなることもあります。

ホームページを担当していた人が辞めてしまって、管理の仕方が分からず更新できなくてホームページが表示されなくなったと相談に来られることもあるので、そのあたりがデメリットかな、と。

独自ドメインを取得する手順ってあるの?

なんとなく分かってきた…。で、独自ドメインを取得してホームページを公開するのに手順ってあるのかな?

手順というほどのことないんですけど、独自ドメインを取得しただけではホームページを公開できるわけではありません。Webサーバも必要ですよね。Webサーバとも契約して独自ドメインとくっつける作業が必要になります。

独自ドメインを使うならネームサーバの設定がしやすいように同じ会社を使うといい

独自ドメインをWebサーバにくっつける際、必要なのがネームサーバの設定なのですが、これにはちょっとした知識が必要になります。

個人的におすすめしたいのが独自ドメインとWebサーバの管理を行っている会社のサービスを利用することです。

たとえば、独自ドメインを取得するのは「お名前.com」、Webサーバ(レンタルサーバ)は「お名前.com レンタルサーバー」とか、独自ドメインを取得するのは「ムームードメイン」、Webサーバは「ロリポップ!」といったような。

同じ会社のサービスを利用すればネームサーバを設定しやすく、専門知識もさほど必要ありません。

ホームページ作成サービスの有料プランを契約し、独自ドメインを取るのもひとつの手

また、ホームページ作成サービス(ジンドゥー など)の有料プランを契約し、独自ドメインを取得すれば、Webサーバとレンタルサーバがひとつの契約にまとめられますし、ホームページ作成サービスですので、ホームページをブラウザ上で作成できますので、ホームページを開設するのに必要なコストを抑えることができます。

そっか!独自ドメインを取得したりWebサーバと契約しただけじゃだめだね、肝心のホームページを作るのにも費用がかかるんですね!そこ、忘れてた~(笑)

「独自ドメインとはなんですか?」独自ドメインのメリット・デメリットについて話したことをまとめてみた

ホームページ開設にかかる費用ってホームページを公開するために必要な場所を得るためにかかるものとホームページを誰かに作ってもらうならその費用、そしてホームページを公開し続ける限り発生するコストもかかってきます。

そのあたりを見積ってみて、上司に確認したほうがいいかもしれないですよ、公開したら追記や修正にも費用がかかってきますから。

分かりました!とりあえず、簡単に見積もってもらえます?w

か、簡単にって…(苦笑)