ホームページの制作方法からそれぞれのメリット・デメリットについて書いてみた。

ホームページを制作する方法 ホームページ制作

ホームページを開設したいと考えるとき、ホームページってどうやって作るのと考えることがあると思います。

パッと思いつくのはホームページ制作業者に依頼する、だと思いますが、これだけ技術が向上した今、ホームページを制作・開設するにはいろいろな方法があります。

ご自身の環境やかけられる費用などを考慮して、ホームページを制作・開設できる方法とそれぞれのメリット・デメリットについて書いていきます。

スポンサーリンク

誰がホームページを制作・開設するか

先ほども書きましたが、パッと思いつくのがホームページを作ることができる人(業者)に依頼する、ではないでしょうか。

でも、今の時代、業者に頼まなくてもホームページを自力で制作する手段がたくさんあります。

「え?ホームページを作るなんて難しいんじゃない?」

そう口にする人は多くいらっしゃいます。

ホームページを制作する仕事をしているわたしが言うのもなんですが、昔ほど専門知識を必要とせずにホームページは制作できます。

それだと、ホームページを制作してほしいという依頼が減りそうだと思われるかもしれませんが、専門知識があればより良いホームページ、依頼者の思う結果を出すためのホームページを作ることができます。

話を元に戻して、ホームページを制作する方法を人に頼むか自分で作るか、どうやって作るかによって分類してみます。

ホームページを制作する技術があり、自分で制作したい

ホームページを制作する技術があるのであれば、迷わずご自身でホームページを制作されたほうがいいです。思うように作れますし、いつでも更新や修正ができます。

これはあえて書く必要はなかったかもしれないですね…。

ただ、ホームページを自分で作るとなるとそれなりに時間や手間がかかります。ホームページを作るより日ごろの業務のほうが優先されますので、思った以上に時間がかかりますし、ホームページを作っている間は対価が発生しないことのほうが多いです。

モチベーションを維持するのは難しいかもしれません。

ホームページを制作する技術はないが、自分で制作したい

ホームページを制作する技術がないけれど自分で作りたいのであれば、方法は2つ。

  • CMSを使う
  • ホームページ作成サービスを使う

これらはホームページを制作するための専門知識を必要とはしません(ただし、FTPとかそのあたりの知識は必要になりますが)。

特に、ホームページ作成サービス(JimdoやWix、グーペなど)を使うとデザインを選んで使いたいパーツを選んでいくだけでホームページを制作できます。

ありえないほど簡単にホームページができる【Jimdo】

ホームページ作成サービスについて考える
ホームページをブラウザ上で作成・開設できるサービスがどんどん増えてきました。ホームページ作成サービスのメリット・デメリットについて書かせていただいています。

ただ、CMSやホームページ作成サービスを使うとデザインやレイアウトが限定されますので、差別化しづらいというのがデメリットかもしれません。

とはいえ、CMSでいまよく使われているWordPressなら、有料テーマを使うことで差別化しやすいかもしれません。

WordPressテーマならLIQUID PRESS

また、ホームページ開設直後は順調に更新されるのですが、時間の経過とともに更新頻度が下がってきます。更新頻度が下がれば情報がどんどん古くなる。

ホームページを何度も見に来てくれる人がいたとしても、情報が更新されていないと分かると、見に来てくれる頻度も下がってしまいます。

ホームページを制作する技術がないので人に任せたい。開設後もホームページの保守管理をお願いしたい

ホームページを制作してもらうには制作してくれる人にお願いしなければいけません。

ホームページを制作できる業者に加えて、クラウドソーシングやわたしのようなフリーランス。

誰にお願いするかはホームページを制作するためにかけられる費用に左右されるかもしれません。

ただ、一番避けてほしいのは友人や知人にホームページの制作をお願いすること。

トラブルとは言えないかもしれませんが、ずっと面倒見てもらえる保証はありません。

わたしのところに相談に来られる人の中に、友人や知人にお願いしていたけれど対応してもらえなくなったというのがよくあるのです。

中には、スタッフに頼んでいたけどその人が辞めるというのもよくあります。

ホームページは制作して終わり!ということはほとんどありません。ホームページを開設するのはスタートであってゴールではありません。

作りっぱなしで放置しているホームページがダメな理由。
ホームページを作りっぱなしにしていませんか?見直し、加筆、修正。リライトだって必須です。誰が作るのではなく、どう育てるか。作りっぱなしのホームページは機会損失を生むかもしれません。

保守管理も含め、どこまでサポートしてもらえるのかは確認しておいたほうがいいですし、できればしっかりと契約書を交わしたほうがいいです。

制作だけを依頼するにしても、保守管理もお願いするにしても見積もりは出してもらってください。

見積りの内容が「ホームページ制作一式」と書かれていたら、依頼するのは考えてもらったほうがいいです。

この手の見積や請求、意外と多いです。後からトラブルになることも多いです。

ホームページの制作だけを依頼して自分で更新したい

ここですよね、問題は。ホームページの制作だけを依頼して、更新や修正は自分でやりたい、そうおっしゃる人は結構いらっしゃいます。

ホームページを制作する技術がない場合は、ブログを更新する感覚でページを作成できるようにしてもらうのが一番。

先ほども書きましたが、CMSやホームページ作成サービスでホームページを制作してもらって、後は自分でやれるようにしてもらう。

この時、制作者に開設した後もフォローしてもらえるかは確認したほうがいいかと。

ホームページ制作費用から考えてみると

ホームページを制作する費用をかけることができるなら

これはもうホームページ制作業者に依頼されたほうがいいと思います。基本的にホームページ制作に関することをすべてお任せできるので、自分であれこれと手間をかけたり時間をかける必要はないです。

ホームページ制作に予算をかけられるのであれば制作実績が多いホームページ制作業者に依頼されることをお勧めします。

このときも必ず見積もり内容を確認しておきましょう。画像1枚変更するだけでも追加料金がかかる場合もありますので、どこまで面倒見てくれるのかをしっかり確認し、話し合った内容を文書にしてもらうようにしましょう。

ホームページを開設した後にもコストがかかります
ホームページ開設の相談をお請けするときに思うのが、ホームページの開設費用に関しては関心の高い人が多いけれどホームページ開設後にかかるコストについては関心が低いと感じることがあります。 ホームページは開設して終わりというわけではありませ...

ホームページを制作する費用を抑えたいなら

ホームページの制作にあまり費用をかけられないというのであれば、クラウドソーシングやフリーランスの人にお願いするのがいいかもしれません。

実はわたしもクラウドソーシングでお仕事させていただいています。

特に、クラウドソーシングだとコンペという形が取れます。たとえばホームページのトップページだけをデザインしてもらってコンペに出してもらうということができます。


クラウドソーシング「ランサーズ」

クラウドワークス

ただし、ホームページのデザインとは別にホームページをブラウザで見られるような形にする必要があります(コーディングと言います)。

ホームページ制作をクラウドソーシングで依頼する場合、デザインをコンペで集めて、そのデザインを元にコーディングしてくれる人を依頼する、という形が多いように思います。

また、CMSやホームページ作成サービスを使ってホームページを開設できる人をクラウドソーシングで探すという人もいらっしゃいます。

CMSやホームページ作成サービスを使えば、一からホームページをデザインし、コーディングするより費用を抑えることができます。

ホームページを制作する方法はたくさんある。何を重視するかに合わせて方法を選ぼう

ホームページを制作する方法についていろいろ書いてきましたが、ホームページとひとことで言っても、考えるところはいくつかあってそれぞれにメリット・デメリットがあります。

知識やデザイン、費用、手間の中でどれを一番に優先するかを決めるのはホームページを開設したいあなたです。

それぞれのメリットやデメリットも踏まえたうえで、自分が求める結果に一番近づけるのはどれかを選択してもらえたらいいなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
ホームページ制作
スポンサーリンク
wseedkをフォローする
だぶるしーど