Windows10のメールアプリ。シンプルだけどちょっと使いにくい点

今日のご相談

Windows10の標準メールソフトは「メール」というアプリです。が、この「メール」アプリ、今までWindowsメールやWindows Liveメール、Outlookを使っていた人には大変使いづらい印象を与えているようです。

スポンサーリンク

Windows10のメールアプリ。メールアカウントの設定について

プロバイダのメールアカウント設定が分かりづらい?

Windows10メールのメールアカウントの設定方法が分からない、分かりづらい、送受信できないという相談が圧倒的に多いです。

下の図は、Windows10のメールアプリ(以下、Windows10メール)にアカウントを追加するときの選択画面です。

Outlook.comやGoogle(Gmail)、iCloudを使う人なら選択するのがどれかは分かりやすいと思いますが、プロバイダメールやYahoo!JAPANのメールアドレスはどこから設定すればいいのか。

プロバイダから配布されているメールアドレスもYahoo!JAPANのメールアドレスもPOP3やIMAPを使うことはご存知だと思います。

POP3やIMAPを使うメールアドレスの設定は「その他のアカウント」になるかというと必ずしもそれでうまくいくとは限らず…。

実はこのようなご相談が圧倒的に多いんです。POP3やIMAPを使うメールアドレスを設定するとき「その他のアカウント」を使ってうまくいかないという方が…。

もしも、Windows10メールのメールアカウントの設定がうまくいかないときは、「その他のアカウント」ではなく「詳細設定」を選択するとうまくいくことが多いので試してみてください。

それでもうまくいかないということであれば、使っているプロバイダのホームページを見てもらうと、Windows10メールの設定方法が掲載されているかもしれないので確認してみてください。

以前、あるプロバイダメールの設定がどうしてもうまくいかないのでプロバイダのサイトを確認してみたら、「Windows10のメールアプリ以外のメールソフトを使ってください」と注意書きが掲載されていました。

ちなみに、Outlook2016はMicrosoft Officeがインストールされていないとインストールされないメールソフトです。もし、Microsoft Officeがインストールされていないパソコンであるなら、Thunderbirdなどフリーのメールソフトを使うしかないかもしれません。

プロバイダによっては、メールアカウントを設定する前にWebメールにログインしてPOPまたはIMAPの設定をオンにする必要があるようです。

Windows10のメールアプリの受信設定について

「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定がない

同一のメールアカウントを複数のデバイスで共有している場合、従来のメールソフトを使っているとデバイスのひとつでメールを受信すると、他のデバイスでそのメールを見ることができません。

そこで、同一のメールアカウントを複数のデバイスで共有するときは、「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定を行い、どのデバイスでもメールを受信できるようにしていました。

ところが、Windows10のメールアプリにはこの「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定がありません。

Windows10のメールアプリは、メール本体をダウンロードする形式ではなく、メールサーバと同期されるようになっています。

つまり、メール本体をデバイスに受信するのではなく、メールソフトがメールサーバと同期した状態になっているだけ。同期だからどのデバイスからでもメールを確認することができる、というわけだから、「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定がそもそも不要ということのようです。

メールアプリでメールを削除すればメールサーバのメールが削除される

となると、メール本体はメールサーバに残ったまま…ということになるから、いつかはメールサーバがいっぱいになってしまうのではないか…。

そこで、Webメールに対応しているメールアカウントへブラウザからログインしてみました。すると、今まで受信したメールはメールサーバに残っていました。

従来のメールソフトだとメールソフトにメールを受信すると、メールサーバからメール本体がデバイスに移動します。が、Windows10のメールアプリは、メールサーバと同期しているだけなのでメールを受信してもメールサーバにメール本体は残ったままになります。

メールサーバがいっぱいにならないように、Webメールを使ってブラウザからログインして要らないメールを削除する必要があるのか…。

そこで、Windows10のメールアプリで受信したメールで不要なものを削除してみました。もう一度ブラウザからWebメールへログインして不要だと削除したメールがどうなっているかを確認すると、Windows10のメールアプリ上で削除したメールがメールサーバ上でも削除されていました。

Windows10のメールアプリでは、メールサーバに届いたメールをデバイス上に受信するわけではなく、メールサーバと同期しているだけ。Windows10のメールアプリ上でメールを削除すれば、メールサーバにあるメールも削除される、ということか。

Windows10メールは、メールのプレビュー機能を切り替える設定が無い?

実は、Windows Liveメールを使っていたころは、メールのプレビュー機能をオフにしていました。

ところが、Windows10のメールアプリにはこのメールのプレビュー機能をオフにする設定がありませんでした。このメールのプレビュー機能をオンにしたりオフにしたりする機能は残しておいてほしかったです…。

2018年7月23日 追記
Windows10のメールアプリを全画面表示にしているとメールの内容がプレビューされてしまいますが、メールアプリの幅を狭くするとこのようにメールの件名と送信者のみの表示になります。

Windows10のメールアプリには迷惑フォルダーがない…

Windows10のメールアプリで迷惑メールを受信したときに迷惑フォルダーに移動させることができる…とあったのですが、迷惑メールで右クリック→移動を選択しても移動先に迷惑メールフォルダーがないんですよね…。

おかしいなと思って調べてみると、Windows10のメールアプリでアカウント設定をするときにPOP3で設定するとこの迷惑メールフォルダーができない?ない?らしいのです。

確かに、IMAPで設定していませんでした。

もし、プロバイダにPOPだけじゃなくIMAPで設定できる情報があるのであれば、IMAPで設定してみてください。

※2018年7月25日追記しました。

Windows10のメールアプリがちょっと使いにくい点についてまとめ

使い始めて3ヶ月ほど経ちましたが、Windowsアプリのメール、使いづらいです…。でも、それは既存のメールソフトに慣れ過ぎたということがそう感じる原因のひとつだと思います。いろいろな機能がついていないせいか起動は早いように思いますが…。

関連記事 Windows10のアプリ「メール」、なかなか既読にならないのはなぜ?

お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
今日のご相談
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど