【Windows10】メールアプリの未読通知が消えないのはなぜ?

今日のご相談
この記事は約5分で読めます。

個人的にずっと気になっていることがありまして。

それは、Windows10の標準メールアプリの「メール」。タスクバーに「メール」をピン留めしているのですが、開封していないメール(未読メール)がないにもかかわらず、アイコンに未読メールの数らしき数字がずっとついていること。

スポンサーリンク

Windows10の「メール」を開いただけじゃ既読にならない?

Windows10の「メール」を開き、開いていないメールを探してみた(開いていないメールタイトルは太字になる)のですが、中身を読んだはずのメールも未開封扱いになっていました。

もしかして開いただけじゃ開封済みにならないのか?と思い、未読メールを

Windows10のメールアプリをタスクバーにピン留めしているとメールが既読にならないとこの通知は消えない

Windows10のメールアプリを起動し、未開封のメールをクリックしていけば開封済みになるのかなとやってはみるものの、なかなか開封済みにならない。

そこで、未開封のメールだけを選択し、開封済みにしてみることにしました。

Windows10のメールに届いたメールを開封済み(既読)にするには

まず、未読メールだけを選択するため、受信トレイ右上にある「すべて」横の▼をクリック→「未読」をクリックします。

未読メールだけが表示できたら、キーボードのCtrlキー+Aを押してすべて選択し、右クリック→「開封済みにする」をクリックし、未読メールをすべて開封済みにしてみました。

Windows10のメールアプリで受信したメールを開封済みにするとき、一度に選択するメールの件数が多いとフリーズします

未読メールを開封済みにすると、タスクバーにある「メール」の通知が消えました。ということは、未読メールをいちいち開封済みにしないと、タスクバーの通知アイコンは消えないということなんだろうか…。

メールタイトルをクリックして中身を見れば開封済みになると思っていたけれど、それ自体が違うのかもしれない…と設定画面をひとつずつ見ていくとありました。

Windows10の「メール」ではメールを開封済みにするタイミングを設定できる

Windows10の「メール」の設定にある「閲覧ウィンドウ」の中に「アイテムを開封済みにする方法」というのがありました。

「アイテムを開封済みにする方法」には

  • 選択が変更されたとき
  • 自動的に開封済みにしない
  • 閲覧ウィンドウに表示されたとき(何秒後に開封済みにするかも設定できる)

と選択肢が3つありました。

わたしの場合、この3つのうちの「自動的に開封済みにしない」が選択されていました。自動的に開封済みにはしない、つまり上の操作を行わなければメールは開封済みにならないということだったのです。

そこで、「アイテムを開封済みにする方法」を「選択が変更されたとき」に変更してみました。

1つメールタイトルをクリックし、中身を確認した後に別のメールタイトルをクリックしたタイミングでメールが開封済みになりました。

ということで、「アイテムを開封済みにする方法」が「自動的に開封済みにしない」になっていたため、未読メールを選択し開封済みにする必要があったと分かりました。

Windows10のメールアプリの通知(バッジ)が気になるなら

仕事柄、複数のメールアカウントを設定しているため、タスクバーの「メール」アイコンに、メールが届くたびに通知(バッジといいます)が出て、それがどんどん増えていくのがどうしても目に入ってしまうんですよね。

Windows10のメールアプリにメールが届いても通知を出さないようにするには、スタートボタンをクリック→「設定」をクリックし、Windowsの設定画面を開きます。

「個人用設定」をクリック→左側にある「タスクバー」をクリック→「タスクバーボタンにバッジを表示する」をオフにします。

これでタスクバーのアイコンに通知(バッジ)は表示されなくなりました。

Windows10のデスクトップ右下角から出てくる黒い吹き出しが気になる

実はもうひとつ気になることがありまして。それはデスクトップ右下から黒い吹き出し「トースト」。メールを受信するたびにメールが届いたと吹き出しがでるんです。これも気になったので設定を変更します。

この黒い吹き出し「トースト」はWindows10のアクションセンターの通知設定で表示・非表示が変更できます。

アクションセンターにメールの受信通知を表示させないようにするには

Windows10のメールアプリの受信通知をアクションセンターに表示させないようにするには、Windows10のメールアプリで、画面左下にある設定(歯車のようなアイコン)をクリック→「通知」をクリックします。

アクションセンターに通知したくないアカウントを選択し、「アクションセンターに通知を表示」をオフにします。

Windows10のメールアプリに複数のメールアカウントを設定していてすべてのメールアカウントでアクションセンターへの通知をオフにしたい場合は、「すべてのアカウントに適用する」にチェックを入れればOKです。

アクションセンターで通知するものをアプリごとにオン・オフを設定する

Windows10のメールアプリからの設定は以上ですが、アクションセンターの通知全体に対して設定することもできます。

アクションセンターへの通知設定を変更するには、スタートボタンをクリック→設定をクリック→システムをクリック→通知とアクションをクリック→「送信元ごとの通知の受信設定」の中からアクションセンターに表示したいものはオン、表示させたくないものはオフにします。

Windows10の「メール」。タスクバーのアイコンのバッジが消えないときの対処法、まとめ。

Windows10のメールアプリの設定を変更することでタスクバーの通知が思うように消えないという事象は解決しました。

Windows10を使い始めるまで、Windows Liveメールしか使っていなかったので使いにくさが増すのは仕方ないとは思いますが、以前出来ていたことが出来ないというのはストレスがかかります。

他のメールソフトを使おうかとも思いましたが、Windows10のメールアプリにはメールアカウントのエクスポート機能がないこともあって二の足を踏んでいるのが今の現状です。