Googleカレンダー講習終わり!難題がいくつも発生したけれど…

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の投稿に書いたGoogleカレンダーの初歩講習が終わりました(Googleカレンダーの初歩講習をすることになりました)。

講習といっても、一斉講習という形ではなかったので、まあいい汗かきました(笑)

まず、一斉講習ならある程度環境を整えることができるのですが、今回は団体の事務所にうかがっての講習なうえに、使用する端末がパソコン、androidスマホにiPhone…。パソコンとiPhoneは自分が使っているのでなんとか行ける?とは思っていましたが、androidスマホは最近使っていない…。ちょっと不安を感じながらの事務所訪問。

スポンサーリンク

GoogleカレンダーはGoogleアカウントを持っていなくても共有ならOK

いい汗かいた理由のひとつは、このGoogleアカウントとGmailアドレス。事前にGmailアドレスとパスワードを準備しておいてくださいね、とお伝えしていたのですが、おひとりが「Gmailアドレス持ってるかってどうやったらわかりますか?」と聞かれて「え?」となりました。ここで、不安を感じた理由が判明したのです。実は、Googleカレンダーの前の講習が必要だったことにそこで気づいたという…。

とりあえずGoogleカレンダーの共有が目的でしたので、今回はGmailアドレス以外のアドレスを使っていただくことにしました。

代表の作成したGoogleカレンダーに招待する形にしたので、とりいそぎこれで目的はクリアか。

Googleアカウントがわからない…って「ええっ!?」(”◇”)ゞ

実はその代表もGoogleアカウントが不明でした…。何かで使用した形跡もない…。記憶をたどっていくと、一年前に「Googleカレンダー使いたい!」って思って操作し始め、途中で何かしらの不具合?が発生したらしく、どうやら途中で終わっている?かもしれないとの話で。

以下のヘルプを参考に、Googleアカウントを探してみます。

既存のアカウントを確認する - Google アカウント ヘルプ
ユーザー名を忘れてしまった、あるいはアカウントを作成したかどうかがわからないためにログインできない場合は、ユーザー名の復元をお試しく

が見つかりません…。こうなったらもう途中で終わっていることを願って(?)、新しいアカウントを作ることにしました。

登録が完了すると、こんな画面見たことない!と感嘆の声があがります。(あ、やっぱり登録できていなかったんだ…)と内心思いながら、アカウントを複数持つことは回避できそうでホッとしました。

Googleカレンダーを作り、ほかの人と共有する

まずは代表にパソコンのブラウザからGoogleサイトにログインしてもらいます。実は、Googleカレンダーの共有設定はパソコンのブラウザを使用するか、スマホやiPhoneならブラウザアプリを使用しないと設定できませんのでご注意くださいね。

まずGoogleカレンダーへの予定追加・削除などの設定方法をお話しし、いくつか予定を入れていただきました。

続いて、共有設定に入ります。Googleカレンダーを共有するには以下のサイトに掲載がありますので割愛します。(以下のサイトの「既存のカレンダーを共有する」欄を参照ください)

Share your calendar with someone - Calendar Help
You can share your calendar with family and friends. If you use Google Calendar for work, school, or other group, you can delegate access to your calendar so an...

共有したい人のメールアドレスを入力し、保存ボタンをクリックします…が、その前に。

メールアドレスを入力した後、実は変更を加えてほしいところがあります。それは「権限」です。そのカレンダーを共有する人にカレンダーの修正や追記、削除などの権限を与えるかどうかを決めておきます(後で変更可能です)。

こまかいことについては先日投稿した記事(Googleカレンダーの初歩講習をすることになりました)に書いてありますのでご一読ください。

今回は講習を行ったすべての人に「変更および共有の管理権限」をつけ、全員が修正や追記、削除などができるようにしてほしいとのことだったので、そのように変更しました。

ちなみに初期設定の権限は「閲覧権限」になっています。これをそのまま使用すると閲覧のみ可能な状態です。予定の変更を許可したい場合は、「変更および共有の権限」または「予定の変更」にしておきましょう。

共有の保存が完了すると、共有したい相手にメールが届きます。メール内のリンクをクリックするとGoogleカレンダーが開きます。共有カレンダーは「他のカレンダー」に表示されます。

Googleカレンダーを作成した人が予定を追加するときは必要ないのですが、共有側がそのGoogleカレンダーに予定を追加するときは、マイカレンダーから共有されたカレンダーに切り替えが必要ですのでご注意くださいね。

Googleカレンダーを共有する。のまとめ。

Googleカレンダーは自身の予定管理もできますが、今回のように団体や組織で予定を共有することができます。この機能を十分に活用して組織内の予定管理がしやすくなるといいですね。

Googleカレンダーをスマホやタブレットで使用したい人は、ブラウザアプリでも使用可能ですが、あまり表示が美しくありません。スマホやタブレットの容量に余裕があれば、Googleカレンダーを同期できるアプリの使用をおすすめします。

ちなみにわたしは、「さいすけ」というアプリを使っていますが、公式アプリのGoogleカレンダーもありますので、いろいろ探してみると楽しいですよ。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク