友だちや知り合いからタダ働きさせられそうになったら。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友達や知り合い、身内からタダで仕事を依頼されたら、あなたはどうしますか?

スポンサーリンク

フリーランスのあるあるなのか?友達に頼まれる仕事で困ったこと。

パソコン関連の『なんでも屋さん』か?

こういう仕事をしていると『パソコンやWeb系に詳しい人』認定を受け、パソコンやプリンタの不具合やSNSトラブルなどあらゆるところから「ちょっと教えて」と言われることがあります。突然電話がかかってきて「知り合いのパソコンがおかしいから見てやってな」と一方的なのもあるし。

「ちょっと」という前置きが気になる…

「知り合いに『ホームページ作れる友達がおるって言ったら紹介してって言われた。俺(私)に免じて安くしたって」もあります。

ひどいときは「俺の知り合い、安くホームページ作ってくれるで」と相手に言い、わたしには「仕事取ってきてやった」と言う人までいる。

友達や知り合いからタダ働きさせられそうになったら

パソコンやプリンタの不具合の場合

パソコンやプリンタの不具合の場合、画面や印刷結果などに不具合の状況が現れていますので、それを写真に撮って送ってもらうようにしています。

写真に撮って送れないと言われたら直接伺うけれどお金を頂戴する、と言います。10人いたら7人は直接伺うこと、お金を頂戴することを了承してくださいますが、残り3人は「電話で何とかならんのか」と言ってきます。

そういう人にはパソコンやプリンタメーカーのサポートさんに問い合わせるか、購入した店舗に持っていくようにお話しします。わたしに聞くより確実。特にハード面の不具合ならなおのこと、です。

SNSのトラブルには

SNSの場合は、状況を把握して対応方法が書かれているホームページのURLを送ります。それでもダメなら上と同じく対面対応。

制作物の依頼。これが一番ややこしい。「ちょっと」では作れないのよ(泣)

文章を書く、文書を作る、ホームページを作る

文章を書いて、が一番難しいんですよね…。書いて、と言われてすぐに書けるものではないですから。特に得意分野以外だと。

最低でもどんな用途でどんな言葉を使って誰に向かって書く文章なのかが明確になっている場合以外はお断りしています。

ホームページ。もうこれが一番の悩みどころ。作る技術は持ち合わせてます、確かに。

仕事あったほうがいいだろう、という優しさもよく分かっるのですが、安請け合いはできないのでお断りするほうが多いかもしれません。

「ちょっとホームページ作ってよ」と簡単に言ってくる人は「ホームページ作成は簡単」だと思っている人が多い。

ホームページを作るにはけっこう時間がかかるし、やり取りは何度もしなくちゃいけない。作っただけで検索エンジンに検索結果として上がってくるかというとそうではない。

正確に言えば、作るだけならそこまで考える必要ないんですよ、作るだけなら。だけど、検索エンジンの検索結果に表示されるようにするには数ヶ月要することもあるのです。

特に、HTMLを使ったホームページだとページ数が少なくなりがちなので、しっかり作り込まないとなかなか検索結果に表示させることは難しい。

ホームページを開設して、アクセスの状況(どんなキーワードで検索されているかなど)を見ながら、ホームページを修正していく。

依頼者が思うようなキーワードって意外と大きなワードでライバルが多かったり、逆に検索すらされないワードで狙ってほしいと言われたりもする。

結構な時間、拘束されます。なにせ個人事業だから一人だし。その辺の事情をお話ししてご理解いただけるのであれば喜んでお請けしています。

友だちや知り合いの言う「お任せする」の真意

後はこういう話はお断りしています。それは「お任せで」です。お任せほど怖いもんはないです。たとえケチと言われようとお請けしません。「好きなように作ればいい。その代わり安くして」と言われたら絶対にお断り、です。

この話、知り合いの知り合いっていう人からだったんですが、「ホームページ?分からへんから適当に作ってよ」と言われて嫌な予感がしたんです。ホームページにする前にはフレームワークといって、画面構成を図式化したものをお見せするのですが、「なんでもええよ」と言われ。文章やデザインを入れ込んだカンプを作った段階で確認をお願いしたら「それでいいよ」と言われた。「この先もう変更はできないよ」と念を押したときの反応で気付けばよかったのに、まだ経験が浅かったわたしはそのままコーディング作業に入ってしまった。

嫌な予感は的中です。もう変更じゃなくて「作り直し」の域でした。今ならそんな下手は打たないけれど、知り合いの知り合いだからと油断した自分がいたんです、確かに。

それも口頭でしか話をしなかったんです、契約書・仕様書なんて要らないよという言葉を真に受けて文書化していなかった。そう、全部口約束だった。

もう、後の祭りですよ。結果、変更と言う名のやり直しをし、最初に見積もった金額しかいただけなかった。踏み倒されなかっただけでも良かったと、勉強代だと思うしかなかった。

それ以降、契約書や仕様書はしっかり書くようになった。相手に「そんなの要らない」と言われても、だ。このページは参考になったのでリンクを貼り付けておきます。

Web系フリーランスをモンスタークライアントから守る契約書
契約書なしの口約束でお仕事を受けているWeb系フリーランスさん、多いのじゃありませんか?クライアントと制作側が末長く仲良くおつき合いしていけるように、そんな願いを込めて契約書を無料で配布します!

親しい中だからこそ「仕事」としてしっかりとお請けしたい

最後は愚痴と恥を晒しただけの文章になってしまいましたが。友達だから、知り合いだからと何でも安請け合いしてしまうと、自分の力を安売りする結果になってしまうし、自分自身の価値を下げてしまうことにもなりかねないです。

親しいからこそ、しっかりと「仕事」としてお請けしたい。相手にとっての利益になるよう、自分の持つ力や経験を活かしてしっかりと仕事がしたい、多少色は付けちゃうかもしれないけれど。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク