Windows10のメールアプリ。シンプルだけどちょっと使いにくい点

Windows10の標準メールソフトは「メール」というアプリです。が、この「メール」アプリ、今までWindowsメールやWindows Liveメール、Outlookを使っていた人には大変使いづらい印象を与えているようです。

スポンサーリンク

Windows10のメールアプリの使いにくい点

Windows10のメールアプリ。それまで使っていたMicrosoftのメールソフトに比べ起動が早くなってありがたいのですが、メールのやり取りがガッツリな人にはちょっと使いにくいかなとおもうところがありますね。

メールアカウントを追加する方法が分かりづらい

メールアカウント(メールアドレス)の追加方法が分かりづらい印象。有難かったのはGmailアドレスの追加がスムーズだったことくらいでした。

プロバイダメールの場合、選ぶのは「その他のアカウント」のように感じますが、詳細設定を選択したほうがうまくいきます。

プロバイダメールの場合、受信サーバやら送信サーバの設定のほかに、迷惑メール防止のために、送信サーバの認証やSSLを使うかどうかという設定がプロバイダごとに決まっています。それらの設定は、詳細設定から進まないと設定できません。

それからプロバイダによって違うと思うのですが、送信サーバの設定にSMTPの設定を変更するようにというものもありまして。それが設定できないんですよね。

とはいいつつも、その辺は大丈夫なところのほうが増えたのでそこまで問題視するほどでもないようですが、プロバイダによっては、Windows10のメールアプリを使わず、ほかのメールソフトを使うことを推奨しているところもあるので、メールの送受信ができないときはプロバイダのヘルプページなどを探してみると解決方法が見つかるかもしれません。

サーバーにメッセージのコピーを置く設定がない

今まで使っていたメールソフトにはサーバーにメッセージのコピーを置くという設定がありました。これは、複数の端末で同一のメールアドレスを使用しているときに役立つ設定でした。例えばAというパソコンでメールを受信してしまうと、同じメールアドレスを設定してあるBというパソコンでは受信されないのを回避するためです。

ところが、この設定がどこを探しても見つかりません。これは詳しくは分かりませんが、従来のメールソフトはメールを受信する=パソコンにメールをダウンロード・保存→サーバーからメールが無くなるというものでしたが、Windows10のメールアプリは、サーバーに残した状態でパソコンに仮ダウンロードした状態?なのではないかと思われます。

じゃあ、これはメールのコピーがずっと残ってるってことじゃない、設定は必要ないんじゃない?と思いますが、メールアプリでメールを削除後、同期をしないとメールサーバのメールは消えない。要はずっと残ったままになるのです。ということはメールを受信したらメールがサーバから消えていたのが消えなくなった。メールアプリで削除して同期しないとメールサーバにはずっと残ってる状態になるということ。メールサーバの容量が圧迫されるということになります。

同期と言えば、話はそれますが、Yahoo!JAPANのフリーメールアドレスをWindows10のメールアプリに設定していたのですが、時々「アカウントが最新ではない」というメッセージが出てメールの受信ができないことがあります。

解決方法は、ブラウザでYahoo!JAPANのサイトにアクセスして、ログインしている場合はいったんログアウトして再ログインしてからYahoo!JAPANのメールアカウントを同期するとうまくいきます。(たまにパスワードをもう1回打ち込みなおすとうまくいくときもあります)

相手のメールアドレスを登録する「アドレス帳」や「連絡先」はどこ?

アドレス帳や連絡先は、別のアプリ「People」になり少し扱いにくい印象を受けました。

Peopleを起動すると「アカウントの追加」を促されるので、Microsoftアカウントを追加するとそのMicrosoftアカウントに使用しているメールアドレスがオンラインアカウントの場合は、そのメールアドレスに紐づけられている連絡先が同期されるようです。

メールの送信時、相手の名前やメールアドレスの先頭文字を入力すると宛先欄に候補がでてきます。逆にPeopleを起動し、相手の連絡先からメールを送ることもできます。

複数の人に一斉にメールを送るのが面倒…

既存のメールソフトであれば、宛先ボタンをクリックすると登録されているメールアドレスの一覧が表示され、送りたい相手のメールアドレスを選択して宛先ボタンを押せば追加できました。

が、メールアプリの場合、宛先とは書かれていますがボタンにはなっていません。メールアドレスの一覧を呼び出すことができないようです。

一斉メールを送る場合は、相手の名前やメールアドレスの一部を入力し候補から選択→「;」セミコロンで区切って…という操作を繰り返す必要があります。

受信メールを別画面で表示する(ダブルクリックで開く)ことができない

既存のメールソフトでは、レイアウトを切り替えることでメールを別画面で開くことができました。しかし、Windows10のメールアプリの初期設定ではクリックするだけでメール内容がプレビューされてしまうようです。

なぜ、メールを別画面で開くのか。それは、迷惑メールやウィルスが添付されているメールを間違ってプレビューしたくないからです。

Windows10のメールアプリでは、クリックすればプレビューしてしまいますので、設定を変更したいのですが、この設定はありませんでした。

Windows10のメールアプリがちょっと使いにくい点についてまとめ

使い始めて3ヶ月ほど経ちましたが、Windowsアプリのメール、使いづらいです…。でも、それは既存のメールソフトに慣れ過ぎたということがそう感じる原因のひとつだと思います。いろいろな機能がついていないせいか起動は早いように思いますが…。

Windows10のメールアプリの一番の不満点は、メールの別画面表示ができないこと。これができないと間違って迷惑メールなどを開いてしまいそうで困るというのが印象として一番強く残っています。

クリックしなきゃいいだけなんですけれど、絶対クリックしないとは言い切れないから不安が残ります。

関連記事 Windows10のアプリ「メール」、なかなか既読にならないのはなぜ?

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Windows10のメールアプリ。シンプルだけどちょっと使いにくい点
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!