Windows10のメールアプリ。シンプルだけどちょっと使いにくい点

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10の標準メールソフトは「メール」というアプリです。が、この「メール」アプリ、今までWindowsメールやWindows Liveメール、Outlookを使っていた人には大変使いづらい印象を与えているようです。

スポンサーリンク

Windows10のメールアプリの使いにくいと思う点

プロバイダのメールアカウントを追加する方法が分かりづらい

特にWindows7あるいはWindows8、8.1からWindows10へバージョンアップした人からの質問が多いのがダントツで「プロバイダのメールアカウントを追加する方法が分からない」「プロバイダのメールアカウントを追加したけれど送受信できない」です。

下の図は、Windows10のメールアプリ(以下、Windows10メール)にアカウントを追加するときの選択画面です。Outlook.comやGoogle(Gmail)、iCloudなら選択して進めていけばいいのですが、プロバイダメールの場合はどれを選択すればいいのか。

プロバイダメールの場合、POPかIMAPを選択する必要があるので、この選択肢の中だと「その他のアカウント」を選択しそうになりますが、この「その他のアカウント」だとメールアカウントの設定がうまくいかないことが多くて。

じゃあ、どれかというともう一つしか残っていないですね、「詳細設定」です。この「詳細設定」を選択すればメールアカウントの設定に失敗することは少なくなります。

そのせいかどうかは分かりませんが、大手のプロバイダ以外だとプロバイダのホームページに「Windows10のメールアプリ以外のメールソフトを使ってください」という注意書きがされていることもありました。

もし、Windows10のメールアプリにメールアカウントを何度設定してもうまくいかないということであれば、プロバイダのヘルプページを見てもらうほうがいいと思います。

プロバイダによっては、メールアカウントを設定する前にWebメールにログインしてPOPまたはIMAPの設定をオンにする必要があるようです。

Windows10メールにはサーバーにメッセージのコピーを置く」設定がない?

この設定、同一のメールアカウントを複数の端末で使用するときに使うことが多いのですが、Windows10メールにはこの設定がありませんでした。

この「サーバーにメッセージのコピーを置く」設定がないということは、1つの端末で受信してしまうと他の端末では、1つめの端末で受信したメールを他の端末では受信することが出来ないのか、というと実はそうではないということが分かりました。

どうやら、Windows10メールはすでにこの設定になっているようです。

従来のメールソフトでメールを受信した段階でメールサーバーからメール本体がパソコンに取り込まれますが、Windows10メールはメールサーバーにコピーを残した状態でメールを受信できるようでした。

メールサーバにコピーを残し続けるとどうなるのか?

ということは、メールサーバにはメールのコピーが残り続けるということになり、メールサーバーの空き容量がどんどん減っていくということなのか。

調べてみると、メールのコピーは残り続けるようです。ただしWindows10メールのほうでメールを削除し、同期を行うとメールサーバーのメールは削除されるようです。

複数の端末で1つのメールアドレスを共有していないなら、このあたりを意識することはないかもしれませんが、受信したメールを削除しないでおいておくとメールサーバーがいっぱいになってしまうことがあるので注意しましょう。

Windows10メールのアドレス帳はPeopleで別管理

相手のメールアドレスを登録する連絡先やアドレス帳などは、Windows10のメールアプリでは「People」という別のアプリで管理するようになりました。

このPeople、起動直後にアカウントの追加という画面が開いてきます。とりあえずMicrosoftアカウントを追加してみました。

Windows10のメールアプリからメールアドレスを呼び出すときには、相手のメールアドレスの先頭文字を入力すると検索が開始され、相手を見つけていくという流れのようですが、これ、相手のメールアドレスの一文字目を覚えていなくちゃいけないってことですよね。

これはさすがに効率が悪いので、Windows10のメールアプリを使ってメールを送信するなら、Peopleから新規のメールを作成するほうが現実的な操作のようです。

Windows10メールは、メールのプレビュー機能を切り替える設定が無い?

実は、Windows Liveメールを使っていたころは、メールのプレビュー機能をオフにしていました。

というのも受信したメールのなかに迷惑メールやウイルスメールがまぎれていた場合、メールのプレビュー機能がオンになっていると受信アイテムの中を誤ってクリックしてしまい、中身が見えてしまうからです。

このメールのプレビュー機能をオンにしたりオフにしたりする機能は残しておいてほしかったです…。

2018年7月23日 追記
Windows10のメールアプリを全画面表示にしているとメールの内容がプレビューされてしまいますが、メールアプリの幅を狭くするとこのようにメールの件名と送信者のみの表示になります。

追記:Windows10のメールアプリで迷惑メールを受信したとき

Windows10のメールアプリで迷惑メールを受信したときに迷惑フォルダーに移動させることができる…とあったのですが、迷惑メールで右クリック→移動を選択しても移動先に迷惑メールフォルダーがないんですよね…。

おかしいなと思って調べてみると、アカウント設定をするときにPOPで設定するとこの迷惑メールフォルダーができない?ない?らしいのです。

確かに、IMAPで設定していませんでした。

もし、プロバイダにPOPだけじゃなくIMAPで設定できる情報があるのであれば、IMAPで設定してみてください。

※2018年7月25日追記しました。

Windows10のメールアプリがちょっと使いにくい点についてまとめ

使い始めて3ヶ月ほど経ちましたが、Windowsアプリのメール、使いづらいです…。でも、それは既存のメールソフトに慣れ過ぎたということがそう感じる原因のひとつだと思います。いろいろな機能がついていないせいか起動は早いように思いますが…。

関連記事 Windows10のアプリ「メール」、なかなか既読にならないのはなぜ?

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク