高齢者を対象としたスマホ教室を開かない理由。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近「高齢者が行けるスマホ教室をやってほしい」と声をかけていただくことが非常に多くなりましたが、スマホ教室を開くことは今のところお断りさせていただいています。

というと、「高齢者にスマホを教えるのは難しいから」「高齢者にはスマホは使えないから」と言われてしまうのですが、それは違います。

むしろ、わたしは高齢者だからこそ、スマホを暮らしの中に取り入れてほしいと思っています。スマホを持つことを応援しています。

ただ、高齢者に集まってもらって一斉に講習を行うというスタイルに無理があるという話なのです。その理由について今日は書いてみようかと思います。

スポンサーリンク

高齢者だからスマホは使えない、と決めつけるのは違うんじゃないかと思う理由

高齢者を対象としたパソコン教室でインストラクターをやっているので、高齢者ご自身から「スマホには興味はあるけれど使えないのではないか」「家族に相談しても『おじいちゃん、おばあちゃんにはスマホは無理だよ」と言われるからわたしたち(高齢者)にはスマホは無理でしょ?とよく聞かれます。

が、わたしは“高齢者だから”スマホが使えないということはないといつもお話させていただいています。パソコンの出始めもそうでしたよね、高齢者にはパソコンは無理だ、そんなふうに言われたことがあった。けれど今、パソコンは高齢者の中でも使える人が多くなっています。

そもそも、この何かにつけ飛び出す「使える」という言葉、なんとも曖昧じゃない?と思うところで。

パソコンが使える、という線引きっていったいどこまでできればいいのか。これにバシッと言い切ることができる人ってどれくらいいるのだろう。

スマホも同じだとわたしは思っています。

スマホというのは所詮、電話です。乱暴な言い方かもしれませんが、かかってきた電話に出ることができて、話したい相手に電話がかけられたら最低限使えている、ということになるのではないか。

ガラケーだって最初は抵抗していた高齢者は多かった

ガラケーだって最初は電話と簡単なメールしかできなかった。それがカメラ機能が付いて、撮影した写真を添付メールで送ることができるようになった。おサイフケータイなるものも登場しました。ガラケーでホームページすら見られるようになった。

とはいえ、スマホはガラケーの進化とは比べ物にならないくらい高性能で高機能。正直な話、わたし自身、スマホの全部の機能をすべて知っていて使いこなしているかと言えば決してそうとは言えないです。

ただ、費用対効果というのでしょうか、スマホとガラケーの本体代金を比べたとき、また、月々携帯電話会社に支払う料金を比べたとき、ガラケーのそれよりスマホのほうが圧倒的に高額になります。

ガラケー時代は月々3,000円未満だった引き落としが、スマホに変えるとその倍以上になるわけです。費用対効果を考えたとき、倍以上支払うなら元を取らなきゃ、と考えるのは当然。今以上に使いこなさなければ元が取れない、と考える気持ちもあるんじゃないかと。

スマホの基本的な操作。どれくらいできればいいの?

スマホ操作の基本は、指を使うこと。開いたり閉じたり指でなぞる?操作がほとんど。何かが表示されたら指でタッチ(タップ)する。拡大したいと思えば指を2本使って広げるように画面をなぞるし、縮小したいと思えば指を2本使ってつまむように画面をなぞる。気になるところは指をトントンと2回。

あとは文字入力ですが、ガラケー時代と同じように1つのキーを複数押すことで入力するモードもありますし、パソコンと同じようにローマ字入力もできます。マイク機能を使って音声入力だってできます。

スマホの基本操作はざっくり言うとこれくらいです。

ガラケー時代にはなかったアプリの購入やダウンロード、インストールを覚えればいい。あとは、そのアプリごとの操作を覚えていけばいい。

スマホが難しく思えるのは、使い始める時の設定が要因かも

スマホを使い始めるときに設定が必要ですが、これは携帯電話会社の店頭で行ってくれることがほとんどです。ただ忘れてはいけないのがアカウントとパスワード。これだけはしっかりと覚えておかなければいけませんが。

たぶん、この使い始めに必要な設定のあれこれが難しく感じる一因なんじゃないかと思います。なにせ、スマホに付いてくる説明書の薄さに驚愕する人が多いです。これで本当にスマホを使えるようになるのか、スマホを購入した高齢者の多くが必ず話す一言です。

スマホの一斉講習をやらない理由

では、なぜスマホ操作について一斉講習が適さないと考えるのかを書いていきます。

OS違いのスマホ。格安スマホ。バラバラ過ぎると講習が成り立たない?

まず、当たり前ですが、スマホの種類には大きく分けて2つありますね。その種類を分けるのは「OS」です。AndroidとiOSが一般的でしょうか。基本的な操作は同じですが、OSが違えばインストールできるアプリも違う。設定ひとつとってもどこにあるかは違ってきます。

さらに、携帯電話会社独自のアプリがあること。それから、格安スマホ。それらが入り乱れている環境で一斉に講習を行うというのは相当な時間と人員が必要です。両方のOSについて理解しておくことも必要です。

パソコン講習ならOSを絞ることで何とか対応できますが、それでもインストールされているソフトはパソコンごとに違います。OSが同じであればインストールされている可能性の高いソフトを選んで講習内容を組み立て講習を行います。

ところが、スマホだとどうなるか。OSが違えば使えないアプリもあります。パソコンのソフトに比べてアプリの数は圧倒的に多い。その中からどちらのOSでも使えるアプリを探し出すのは一苦労です。

とはいえ、よく使われているアプリはどっちのOSにも対応していることがほとんどですが。

パソコンは何かを作ることができるから講習に向いている

パソコンはどちらかというと「何かを作る」という作業を行う講習を組み立てますが、スマホアプリは作るというより操作して終わり、というのが多いような気がします。

たとえば、地図アプリで住所検索をして道案内をしてもらう、とか撮影した写真を加工する、とか。すべてスマホの中だけで完了してしまうことのほうが多い。

講習を行うにしても、たくさんあるアプリのご紹介、使い方の説明はできてもそれ以降、使い続けるかというとそうではないような気がするのです。

もし、スマホ教室を引き受けたとしたら

もしわたしがスマホの一斉講習を引き受けるとしても講習内容は

  • スマホの起動・終了
  • スマホのロック及び解除
  • スマホの基本操作及び文字入力(音声入力を含む)
  • 地図アプリで検索
  • ブラウザアプリで検索
  • カメラの撮影、写真の見方
  • アプリの検索、ダウンロード、削除
  • 有料アプリの購入方法

くらいじゃないかと…。あとはアプリを指定して(例えばLINEとか)の講習か…。

アプリを限定した一斉講習ならできるかもしれない

一斉講習より、どちらかというとアプリを指定した講習なら一斉講習しやすいかもしれないですね(と、書きながら思った)。

アプリを限定しているから、使いたいという意識は同じ。OSが違うとボタンの配置などが微妙に違うけれど前準備がしやすい。

これならできるかもしれないですね、スマホの一斉講習…。

スマホ教室ではなく、スマホの何でも相談ならできるかもしれない

でも、わたし自身の考えとしては、一斉講習というスタイルではなく、使っているスマホの分からないところを聞くことができる相談スタイルのほうが、高齢者がスマホを使っていくためのサポートになるのではないかと思うのが一番なのですが。

実際、何度かこの相談スタイルで高齢者と接してみましたが、明らかにその後のスマホの利用頻度、利用範囲が大きく広がっているのを実感しています。

気軽に聞きたいことだけ聞く。このスタイルのほうが高齢者がスマホを使っていくためには大きなサポートになるのではないかと考えているので、スマホに限っていうと一斉に講習するスタイルは適していないんじゃないかと思うのです。

パソコン以上にその人その人聞きたいことが違うのがスマホ

高齢者がスマホを購入した後、分からないことを聞くことができない、家族に聞いても教えてくれない(教えてはもらっているけど覚えられない)、スマホを買ったところ(携帯電話会社)に聞きに行くのは面倒という話はよく聞きます。

でもよくよく話を聞くと、使い始めのころはスマホ自体の操作や機能で分からないという人は多いですが、ある程度日にちが経つとアプリの使い方で分からないことが増えていきます。

アプリはたくさんある。使っていないアプリの操作を聞かれても分からない

同じアプリを使っていれば家族の人も答えられる。けれど、自分が使っていないアプリのことを聞かれても困りますよね。使っていないから分からない、だから答えられないとそれだけのことです。

スマホはパソコンより、アプリを追加しやすいです。パソコンソフトを購入するより明らかに安価でアプリを購入できる、というより無料のものがいっぱいある。アプリを追加したり削除したりもパソコンより手間がかかりません。

いろんなアプリを追加したり削除したりしていくことでスマホは自分の使いたいようにカスタマイズできるのです。

スマホをどう使うかは自分自身で決められる。

スマホを使えるか使えないか、ではなく、自分がスマホを使ってやろうと思っていることが誰にも聞かずに、時間がかかっても操作することができたら、わたしは「スマホが使えている」と言えると思っています。

かかってきた電話に出ることができる。自分で誰かに電話がかけられる。あとは出先で地図を調べたりお店の情報を調べたり。写真を撮影する。メールが送受信できれば、どちらのOSにも最低限入っているアプリは使えています。ということはスマホの最低限の機能は使えているとなるのではないでしょうか。

なので、年齢でスマホが使えない、スマホを使うのは難しい、と考えるのではなく、自分に合わせた使い方で、月々の利用料金も納得したうえで使ってもらうならそれでいい、とわたしは思います。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク