デスクトップにあったアイコンが真っ白に?!Windows10へのアップグレード後に起こった不思議。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windows10へアップグレードしたらデスクトップ上にあった筆まめのアイコンが真っ白になった。ダブルクリックをしても筆まめを起動できない。これでは年賀状の宛名印刷ができないというご相談です。

スポンサーリンク

年賀状作成ソフトで作成した住所録を探す

まず、真っ白になっている筆まめのアイコンをダブルクリックして現象を確認しました。やはり起動できません。ソフトが削除された~みたいな文言が表示されます。

ご相談の様子からして、年賀状作成ソフトで登録した住所録を見つけるほうが先決だと判断し、ドキュメント内を探してみました。筆まめの場合、住所録が保存されているとしたらドキュメントの「筆まめ」というフォルダのはずです。

ドキュメント内に筆まめという名前が付いたフォルダがあったので開いてみると、住所録ファイルらしきデータを確認できました。「去年印刷した」という話だったので、更新日付を確認すれば最新のデータかどうかが分かります。が、おかしいのです。データの更新日付をプロパティで確認してみると「2009年」とあります。

もう一度ドキュメント内に戻り、筆まめ以外のフォルダが無いかを確認すると、やっぱり筆王という名前が付いたフォルダがありました。住所録ファイルらしきファイルの更新日付を確認すると昨年のものでした。これだ!住所録ファイルらしきものを開いてみると、筆王が起動し、住所録のデータも無事だということがわかりました。

デスクトップにあったアイコンは、使っていない年賀状作成ソフトのショートカットアイコンだった

つまり、このパソコンには筆まめと筆王という2つの年賀状作成ソフトがインストールされていたのです。そして、昨年宛名印刷に使用したのは、筆王で作成したデータだったのです。

ということで、筆王をすべてのプログラムから探し出し、デスクトップ上にショートカットアイコンを作成し、今回からこちらのアイコンを使ってもらうということで相談は終了しました。

デスクトップ上の真っ白なアイコンの正体は?

ただ疑問が残りますね。先ほどのデスクトップ上の真っ白になったアイコンの正体です。すべてのプログラムを探しましたが、筆まめは見つかりませんでした。

筆まめを削除された記憶はありますか?と尋ねましたが、削除した覚えはないとのこと。

Windows10へのアップグレード。動作が確認できないアプリは削除される

もしかしたら、Windows10へのアップグレード中に削除されたのかもしれないと思いました。というのも、Windows10へアップグレードする際に、Windows10での動作が確認できないアプリは削除されることがあるからです。

ただ、筆まめというのは年賀状作成ソフトです。動作が確認できないからといって安易に削除対象になるとは考えにくい。そこで、デスクトップ上の真っ白なアイコンを右クリックし、プロパティをクリックして詳細を確認してみることにしました。

ここで原因が分かりました。

デスクトップ上の真っ白なアイコンの正体は、筆まめのMOOK版へのショートカットアイコンだった

実は、この筆まめ。確かに年賀状作成ソフトではあったのですが、市販されているもの、またはこのパソコンに初めからインストールされていたソフトではなく、書店などで購入できるMOOK版の筆まめだったのです。

つまり正規版ではなく、あくまでも付録として付いてきていたものだったので、Windows10へアップグレードされる途中で削除されてしまったと考えられるのです。

今回の場合、昨年使用していた年賀状作成ソフトは筆まめではなく筆王でしたし、筆まめのMOOK版は削除されてしまっているので、このデスクトップ上にあった真っ白なアイコンは削除しても問題ないと判断し、経緯を説明してから削除しました。

さいごに。

年賀状作成ソフトは、以前なら自身で購入しインストールしないと使うことができないソフトだったのですが、最近はパソコンを購入した時点で何かしらの年賀状作成ソフトがインストールされていることが多くなりました。

ところが、年賀状作成ソフトがインストールされていることを知らずに、新しく年賀状作成ソフトをインストールしたり、今回のようにMOOK版についてくる付録の年賀状作成ソフトをインストールしてしまうことがよくあります。

すると、どの年賀状作成ソフトで住所録を作成したのか、年賀状を作成したのかを忘れてしまうこともよくあります。

なにせ年に一度しか使用しませんからね、年賀状作成ソフトって。忘れちゃっても仕方ありません。

今回は無事、住所録が見つかったので良かったですが、やはり住所録など大事なデータはバックアップを取っておく、できれば他の媒体にコピーを取っておくことをお勧めしたいなと。

下に、主によく購入される年賀状作成ソフトのバックアップ方法が書かれたページへのリンクを貼っておきます。

|パソコンソフトからAndroid、iPhone、iPadアプリまで。ソースネクストなら人気ソフトが勢ぞろい。ダウンロードしてすぐ使えます。
【筆まめネット】サポート「筆まめVer.25」製品 Q&A「CDやUSBメモリに住所録などのデータをバックアップする方法」
年賀状ソフト「筆まめVer.25」のご購入後のよくあるお問い合わせ(Q&A)を掲載しています。
USBメモリへ住所録データをバックアップする方法・バックアップから戻す方法 | 筆ぐるめ
USBメモリへ住所録データをバックアップする方法・バックアップから戻す方法

年賀状の印刷が終わったあと、年賀状を受け取ったら受け取ったよと記録も残せますので、新年のばたばたが落ち着いたら、一度年賀状作成ソフトを起動し、年賀状を受け取った記録を残しつつ、バックアップもあわせて行ってもらえたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

デスクトップにあったアイコンが真っ白に?!Windows10へのアップグレード後に起こった不思議。
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク