サークルブログの開設。開設登録から長く続けるコツ。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サークルの活動を紹介するブログを開設したいと相談されたとき、いつもきまって思うことがあります。サークル活動を紹介するブログを開設する前に考えてほしいことについて書いていきます。

スポンサーリンク

ブログの開設自体は、ほんの数分で完了できる。が、運用はずっと続く

ブログの開設というのは、メールアドレスがあれば数分で開設できます。が、開設したら継続していかなければなりません。サークル活動自体が解散すれば別ですが。

せめて月に1回、サークル活動の内容をまとめる程度でも構わないので記事を投稿し続けること。それがブログを周知目的で利用するなら、最低限必要なことだとわたしは思います。

サークル活動を紹介するブログを開設する前にやってほしいこと。

ブログの開設・運用についてご相談を受ける時、「ブログを開設したが、投稿するのは自分だけ。負担が大きい」、「ブログの投稿をしていた人がサークルを辞めた。今後どうしていけばいいか」というのが相談内容で実は一番多いです。

ブログを開設する意思・意義をメンバー間で共有してほしい

サークル活動を広く周知したい、とブログの開設を考える人が多くいます。ただ、ブログを開設したいという意思をサークルメンバーのなかで共有できていない、というのが運用を妨げる一因になっていると考えます。

なぜブログを開設するのかという思いを共有できておらず、メンバー内の温度差を生み、ひどいところでは、「勝手にやった」という声までが聞こえてきます。

サークルの活動にも目的があるのと同じように、ブログを開設する目的というのも存在するはずです。それを共有できていないと後から「責任のなすりあい」が起きる事例をたくさん見てきました。

こういうことが起きないように、ブログを開設しようとするときには必ずメンバー間で話し合いを行ってほしいと思います。せっかく楽しくサークル活動を行っているのですから…。

ブログ投稿がイベント時のみ…では読んでくれる人は増えない

日々のサークル活動についてもぜひ書いてください。サークルでイベントをしたから、とそのときだけ記事を投稿したとしても読んでくれる人というのは増えません。

ブログというのは記事数が増えることでGoogleなどの検索エンジンに拾われやすくなります。あなたのサークルを直接知ることができた人しか読んでくれないというのでは「周知したい」という思いにはつながりませんよね。

日々のサークル活動についても書き、イベントへ向かっていく経緯も書き、実際にイベントを行った感想や結果なども書く。サークルの活動内容に絡んだ情報、ニュース記事を取り上げる…なども必要な投稿だと思います。

ブログの管理者・投稿者。サークル内の役割を決めておく

ブログの管理者=投稿者でなくてもいいのです。

ブログの管理者と投稿する人が別の人でもいい。むしろ別の人であった方が、投稿に色が付きます。その人のカラーというのでしょうか。そのほうがたくさんの人が関わっているんだなという印象を読み手に与えることができるかもしれません。

ブログの投稿なんて無理!という声をよく聞きますが、投稿自体をするのではなく、たとえば

  • 活動の様子を写真におさめる人
  • 感想を書く人
  • 同じような活動をしているブログを読んで戦略を練る人

サークル内の人がブログという広報活動に関わることができる仕組みを構築すると、ブログの運用・継続がしやすくなるのではないかと思います。

ブログは動きを表現する媒体。さらに活動内容を蓄積できる媒体でもある

ブログは動きを表現するには有効なウェブサービスです。そして動き(活動の様子)を伝えながら活動の履歴を残していくことができる。振り返りができる。同じような活動をしているサークルとの交流も生まれるかもしれません。

それにはまず不定期でも構わないので更新し続けることが大切なんじゃないかとわたしは思います。

サークル活動紹介ブログを開設する手順

ブログをたくさん検索して自分たちの活動にあったブログサービスを選ぶ

自分たちが行っているサークル活動に似たブログはないかを検索してみてください。たとえば「ハンドメイド ブログ」というようなキーワードで構いません。

そうやって検索したブログを読んでみれば、どんな投稿をしたらいいか、どんなブログサービスを選ぶといいかが分かってくると思います。

自分たちの活動と似た活動をしているブログが登録されているブログサービスを選ぶと、ブログ開設後、つながりが生まれる可能性があります。

他には、活動地域でも検索してみてもいいかもしれません。同じ地域での活動ならリアルなつながりが生まれる可能性もあります。

ブログ開設用のフリーメールアドレスを取得する

ブログを開設した人が辞める。メールアドレスが使えなくなった」「サークルを辞める。自分のメールアドレスを別のメールアドレスに変更したい」という相談がよくあります。

こういうことがないようにブログ開設用にフリーのメールアドレスを取得することをおすすめしています。

ついでにこのフリーのメールアドレスをサークルの連絡用のメールアドレスにして他者とのやり取りに使用するほうがメールアドレスの変更などの手間がかからないのではないかと思います。

ブログタイトルは意外と重要。じっくり考えて。

サークルの形態にもよると思いますが、サークルは地域に密着した活動であることが多いと思います。できればブログタイトルに活動地域を入れておくといいでしょう。

また、活動内容が分かる言葉(例えば英会話とかステンシルとか)も一緒に入れておくのもいいでしょう。

ブログのタイトルは後でも変更可能ですが、読み手がたくさん訪れるようになってからブログタイトルを変更するのはあまりおすすめしません。

タイトルくらい…と思われるかもしれませんが、結構大事なのがブログ自体のタイトルなのです。

ちなみに、ブログタイトルが長過ぎるとあまりよくないので、30文字程度までで収まるようなタイトルをつけられるといいと思います。

ブログに掲載する写真の取り扱いについて

ブログは文字投稿が中心ですが、中には活動の様子を撮影してブログに投稿する場合があるかもしれません。

サークル内のメンバーでも顔写真はNG、という人が結構いらっしゃいます。もちろん、イベントを開いたときの参加者だって顔写真はNGということもあるでしょう。

顔写真はNGだろうからと、顔にモザイクをかけたりスタンプを付けたりして顔が分からないように配慮しているブログをよく見かけます。

が、個人的にはモザイクやスタンプをつけるくらいなら写真自体を投稿しない方がいいと思います。どうしても写真を掲載したいのであれば、手元だとか背中越しだとか、見る人が見たら分かる(本人若しくは家族)程度に写真を撮って掲載したほうがいいのではないかと。

サークル活動を紹介するのですから、まったく写真がないというのは味気ないかもしれませんね。

わたしは、「活動を紹介しているチラシなどにブログのURLを貼り、『活動の様子を撮影した写真をブログ(SNSも)で掲載している。不都合がある人は教えてほしい』と注意書きじゃないですが、一言入れる」ようにアドバイスしています。

また、削除依頼ができるようにブログにメールフォームなどを設置し、直接連絡を取れる手段を明示しておくようにもお伝えしています。

あとは、作品も同じく。写真の加工がしづらいように写真のサイズを下げておくとか、ウォーターマークじゃないですが、写真に署名みたいなものを入れておくとかというのもひとつではないかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
サークルブログの開設。開設登録から長く続けるコツ。
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク