パソコンインストラクターになりたい人にお伝えしたいこと。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンインストラクターとして働き始めてから2018年で20年弱になりました。

パソコンインストラクターという仕事について改めて考えてみようと思います。

スポンサーリンク

パソコンインストラクターの昔と今について考えてみた

パソコンインストラクターというと20年ほど前なら引く手あまた。求人募集も今よりもっとあったような職種でした。

ITというものが世の中に知られるにつれ、パソコン操作を指導するインストラクターの需要は明らかに増えました。

わたしがパソコンインストラクターとして活動し始めたころは、行政や企業の依頼を受けて講習会を行うことが非常に多い時代でもありました。

その頃を思い出してみると、会社だけじゃなく家庭にもパソコンが普及し始めた時代だったなと。パソコンができるというだけで就職に有利、と言われた時代でもありました。

そういう時代を越え、家の中にもパソコンが1台あるようになると、就職に有利だったパソコン操作は「誰にでもできるもの」になり、「パソコン操作はできて当たり前」になってきました。

生まれた時からITという技術が身近にある、いわゆるデジタルネイティブ世代が社会人となった今、学生時代からパソコン操作を当たり前のように使いこなせる人たちがわたしたちと一緒に働くようになりました。

そして、パソコンだけがインターネットに接続できる端末であったのに、スマートフォンやタブレット、ゲーム機、さらには家電までがインターネットに接続できるようになりました。

昔は少しでも就職に有利に働くように、就職してからも仕事を効率的に進められるようにとパソコン操作(特にMicrosoft Office系)を習いにくる人たちが多かったですが、いまはそういう目的でパソコン操作を習おうとする人たちよりも、分からないことだけを聞きたいという人が増えたように思います。

パソコンインストラクターとして、昔教えていたMicrosoft Office系のソフト操作だけを知っている人、話せる人よりも、幅広い操作方法を習得している人や業務内容を理解してたくさんある操作方法の中から適切なものを選んで話ができる人が求められています。

そして、パソコンを家庭で、仕事ではなく趣味や地域活動に使うために習おうとする世代(特にシニア世代)がパソコン操作を習いたいとやってくるようになりました。

こちらは、職場で使うようなパソコン操作の習得は一切求めていません。「楽しく使いたい」という生涯学習的な感覚でパソコン操作を習いにやってきます。

仕事を効率的に行うためのパソコン操作技術を知りたい人と、生涯学習的な感覚で「楽しく使いたい」という人。

どちらにしても、WordやExcelをテキストで勉強したくらいでは太刀打ちできない。検定を受検した程度でも。

仕事というものを根本的に理解し、効率的に行おうとしている人にWordやExcelの基礎的な話をしても「そんなの知っている」っていう話になりますし、楽しく使いたい人に基礎からみっちり話しても…。

パソコンインストラクターとして操作技術の基礎をしっかりと身につけたうえで、業務や楽しく使うという展開力というか提案力が求められている、と個人的には思います。

本音を言えば、昔のほうが楽だったように思います。決まったことを決まった流れでお話できるようにしておけばそうそう困ることはなかったからです。

今は、昔に比べて検索すればある程度のことは知ることができます。そのうえで、「わざわざ」習いに来て良かったと思ってもらえるような提案をしなくちゃいけない。

そう、「わざわざ」です。そして、この「わざわざ」を取っ払うのが本当に難しい。

操作が理解できていればよかったのは昔の話。それ以上の「もの」を持っていなければいけない土壌も出て来たな、と感じることが多くなりました。

とはいえ、パソコンインストラクターとして働く場といえば、パソコン教室や人材派遣会社などがありますね。

そういうところは教える側のマニュアルもしっかりとありますから、上に書いたようなことをやらなくてもパソコンインストラクターとして働くことはできます。

ただ明らかにパソコン教室自体の数は大きく減少しています。パソコン教室単体で経営しているところは大手くらいで、あとは他に何か事業を行いながらパソコン講習を事業として行っているというところが多いのではないでしょうか。

特に、地方だとそうではないかと思います。現に、わたしが住む地域ではパソコン教室を単体で経営しているところはありません。大体が他に事業を行っている場合が多いです。

個人で、たとえば自宅を開放してパソコン操作を教えている人がいます。また、わたしのように個人である程度人が集まっているところに出向き、パソコン操作についてお話する、という形もありますし、自宅や職場に伺ってマンツーマン指導という形を取ることもあります。

が、正直、パソコン操作を教えるインストラクションだけである程度の収入がほしいというとそれは難しいかなと思っています。

どこかに雇用される形でインストラクターとして働くことができれば一番いいのかもしれませんね。

個人で教えるパソコンインストラクター

自宅を開放してパソコンを習いたい人を集めて教える。そういう人がいるようです。

ちなみにわたしは、自宅では教えることは無いですが、マンツーマンでという依頼があれば依頼者の自宅に伺ってお話することはあります。が、それだけである程度の収入を…というのは難しいというのが現状です。

正直な気持ちを書くと、雇用される形でパソコンインストラクターとして働くことができれば、そのほうが有難いかもしれないですね。収入はある程度安定しますので。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク