今さら聞けない。OneDriveって何するもの?

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word2016やExcel2016で「名前を付けて保存」を選択すると目にするようになってきたからでしょうか、OneDriveって何するもの?という質問が多くなってきました。

実際、どれくらいの人がOneDriveを使われているのかは定かじゃないですが、意味も分からず使っている人もいるかもしれません。今日はざっくりとOneDriveについて書いてみようと思います。

スポンサーリンク

OneDriveとはMicrosoftが提供するオンラインストレージサービスのこと。

OneDriveとはMicrosoftが提供しているオンラインストレージサービスです。

Windows8以降のパソコンだと起動時にMicrosoftアカウントを求められますね。1つのアカウントに1つのオンラインストレージが無料で提供されるようになりました。

オンラインストレージ…という言葉も耳慣れないかもしれませんね。少し次で書いてみます。

オンラインストレージとはインターネット上にあるあなた専用の保存領域のこと。

オンラインストレージとは、インターネット上に用意されたアカウント(あなた)専用の保存領域のことを指します。

実生活の中でイメージに近いものというと、郵便局にある私書箱のようなものでしょうか。

オンラインストレージで有名どころといえば、Dropboxや今回ご紹介しているOneDrive、Google Driveなどがありますね。使ったことがある人はいらっしゃるでしょうか。

オンラインストレージサービスを使うと、こんなことが手間なくできる

昔、家庭に1台しかなかったパソコン。それが今では1人がパソコンだけじゃなくてスマホやタブレットと複数台のデバイスを併用する時代になりました。

そして、そのデバイスが同じアカウントで管理できるようになった。アカウントとパスワードがあれば、自分の作業環境やデータを異なるデバイスで確認できるようになりました。もちろん、修正も追記もできるようになりました。

昔は自分のパソコンで作ったデータはUSBメモリやCDに入れて持ち運ぶか、添付メールで送信するしか方法はありませんでした。そのデータには差異が生まれますね。どちらかが新しくてどちらかが古い。上書き保存をしてしまい、データが違う値で更新されてしまったという経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

オンラインストレージサービスにデータを預けると、デバイスが違ってもアカウントとパスワードがあれば閲覧・修正・追記が可能です。

さらに、オンライン上のデータを追記・修正しますから、データは常に最新です。これは作業効率からしてありがたいものです。

万が一、パソコンなどのデバイスが故障したとしてもオンラインストレージサービスにデータを預けていれば、データ自体は無事です。

複数のデバイスを使わないという人にはあまり関係がないかもしれませんが、バックアップという意味でもオンラインストレージサービスにデータを預けられることは大きなメリットではないかと思います。

OneDriveを使ってみよう

OneDriveを使う準備

OneDriveはMicrosoftアカウントとパスワードがあれば利用できます。OneDriveにも容量がありますが、Microsoftアカウントを持てば5GB(無料)使うことができます。

Windows10、8.1の場合

はじめからOneDriveアプリがインストールされているので、アプリ起動時にMicrosoftアカウントとパスワードを入力することで使用できるようになります。

OneDriveアプリは、スタートメニュー→プログラム一覧から「OneDrive」をクリックすると起動できます。

プログラム一覧に「OneDrive」がなかったらアプリをダウンロードしよう

OneDriveアプリをダウンロードするには、以下のサイトにアクセスしてダウンロード、インストールします。

Microsoft OneDrive
Windows PC または Mac 上のファイルを同期するには、Microsoft OneDrive アプリをダウンロードします。携帯電話またはタブレットからファイルをアップロードするには、モバイル アプリをダウンロードします。

OneDriveが利用できるようになるとエクスプローラーにOneDriveが表示される

OneDriveが利用できるようになると、エクスプローラーのナビゲーションウィンドウ(左側)に「OneDrive」というフォルダ表示されます。

通常のウィンドウ操作と同じでファイルをドラッグすればいいだけです。

OneDriveを使っている人に。注意してもらいたいのが「写真と動画」の自動保存

OneDriveには「自動保存」という機能がありまして。実はこの自動保存が悪さ?(というよりOneDriveの使い方がよく分からなかった)をしてピクチャに保存されるはずのデジカメ写真が何度やっても保存できないという相談を受けたことがあります。

デジカメからパソコンに保存したのではなく、OneDriveに保存しているのだということをご本人が理解されていなかった。OneDriveに入っているよと言っても「ピクチャがいい」とおっしゃるので、デジカメをつないでもOneDriveに自動保存しないように設定を変えることにしました。

OneDriveの設定を変更・確認するにはタスクバーにある雲のアイコンを右クリック→設定をクリックします。

「自動保存」タブをクリックし、「写真と動画」のカメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存のチェックを外します。

OneDriveに保存しておけば、別の端末でも写真や動画を見ることができるので便利といえば便利なのですが、これらのファイルは1つのファイルの容量が結構な大きさになるのであっという間に容量を超えてしまうかもしれませんから、外しておいてもいいかもしれないですね。

OneDriveは共有ではなくて同期、です。ファイルの移動や削除には注意

OneDriveに限らず、オンラインストレージサービスは使い方が分かると便利なサービスです。同じアカウントでログインすれば複数の端末からファイルを見ることができますし、必要なアプリをインストールすれば修正なんかもできる。

ただ、ファイルはコピーされるのではなく、ファイルそのものです。OneDriveのフォルダからデスクトップにドラッグすればコピーされるのではなく移動になりますのでご注意を。

Dropboxで共有していたデータが消えた!

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク