【PowerPoint2013】コンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PowerPointで作成したスライドを開こうとしたら「コンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります。」と表示されて全く開くことができませんでした。

スポンサーリンク

PowerPointのファイルが開かないときに試してみたこと

コンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります。」と表示されたエラーメッセージ。試してみたことを書いておきますが、最初に結果を書いておくと開くことができませんでした…。

修復を試してみる

エラーメッセージの修正ボタンをクリックして試してみました。が、何度やっても同じメッセージが表示されてしまいました。

PowerPoint自体に問題がないかを調べる

PowerPoint2010自体に問題があるのかファイルに問題があるのかを切り分けるために、PowerPointを単独で開いてみました。問題なく開くことができました。続いて、PowerPointで作成した別のファイルを開いてみました。これも問題なく開くことができました。

PowerPointで新規のファイルを作成し、オブジェクトとして読み込んでみる

PowerPoint2010で新規のファイルを作成し、<挿入>タブ→「オブジェクト」からファイルを読み込んでみることにしました。たいていのファイルはこれで開くことができるはずなのですが、読み込みはできませんでした。

pptxの拡張子をpptに変更してみる

拡張子を変更してみました。拡張子を変更するために表示を変更します。Windows10の場合は、エクスプローラーを開き、<表示>タブ→「ファイル名拡張子」にチェックを入れます。

ファイルの拡張子の表示方法
ファイルの拡張子の表示方法

ファイルを右クリック→名前の変更で拡張子を変更し、再度開いてみました。が、やはりファイルは開かず、同じメッセージが表示されてしまいました。

ウイルス対策ソフトを無効にしてみる

これはあまり関係ないかもしれないと思ったのですが、USBメモリでPowerPointのファイルを持ち込まれたのでもしかしたら何かにひっかかってしまったのかと…。これもやはりファイルは開かず。完全にお手上げでした。

追記:ファイルをメール添付などで受け取った場合、ブロックが設定されてしまうことがあります。ファイルアイコンを右クリック→プロパティへと進み、<セキュリティ>タブの中に「このファイルは他のコンピュータから取得したものです。コンピューターを保護するため、このファイルへのアクセスはブロックされる可能性があります」と表示されていたらブロック解除のボタンがあるのでクリックしてもらうと開くことができます。

プレゼンテーション実施者が確認すべきこと

今回のトラブル。そもそも会場管理者とプレゼンテーション実施者との打ち合わせ不足にも原因があったように思われました。というのも、プレゼンテーション実施者からは「資料を使う」という連絡を受けた会場管理者はこの資料という言葉を紙だと理解してしまっていたという…。その場で事の顛末を聞いたほうは「え?」というしかありませんでした。

プレゼンテーションを実施する会場、設備の確認

わたしがセミナーを担当させていただくときは必ず会場や設備の確認は行います。というのも会場の広さや収容人数(予定)に合わせてスライドを作る必要があるからです。

それからパソコンは必ず持参します。会場が遠いこともあるので電車移動することもありますが、スライドを作成したパソコンでプレゼンテーションを行うほうがファイルの不具合や今回のようなトラブルに出会うこともあまりないからです。

遠いからとパソコンを準備してくださる場合もありますが、それでも自前のモバイルパソコンとRGBをUSBに変換するケーブルは必ず持っていきます。何が起きるか分かりませんものね。

パソコンを準備してくださる場合は必ずPowerPointのバージョンを確認しておくようにもしています。PowerPointはバージョンに依存する動作が非常に多いソフトです。

事前にスライドを主催者に送っておく

それと念のため、作成したファイルをセミナー主催者にメールなどで送っておきます。会場設営の際、ファイルが動作するかを確認しておいてもらうためです。あわせて、会場に訪れる人たちに資料が必要かもしれないので、印刷用のファイルも一緒に送っておきます。

データのバックアップにUSBメモリとクラウドサービスを利用する

当日、パソコンの不具合があってはいけないのでUSBメモリにバックアップを取っておき持参しています。ファイルの保存形式も通常のpptxとppt、念には念を入れてPDF形式もUSBメモリに保存して持参し、さらにクラウドサービスにもファイルをアップロードしておきます。

PowerPointのファイルを開くと「コンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります。」と表示された場合のまとめ

この「コンテンツに問題が見つかりました。プレゼンテーションを修復できる可能性があります」というエラーメッセージが表示されても、大体は拡張子を変更すると表示できることが多いのですが、今回は何をやっても開くことができませんでした。

でも、このエラーメッセージが表示される場面として多いのが、PowerPointでファイルを作成したのとは違う別のパソコンで開くときのような気がします。

プレゼン会場でファイルが開かないというのは致命傷ですので、可能であれば作成したパソコンを会場に持ち込むほうがいいと、経験上思います。

追記 Microsoftのサポートページに対処法が書かれていました。
PowerPoint 2016 および PowerPoint 2013 でプレゼンテーションが破損した場合のトラブルシューティング方法

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク