Wordで作成したファイルをPowerPointにインポートする方法

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼンテーションがある。でも資料が出来ていない。いや、正確には原稿はできているけれど、プレゼンテーションに使うスライドが出来ていない。スライドを作ってくれないかとお願いされました。

スポンサーリンク

Wordで作成された原稿をPowerPointにインポートする方法

Wordで作成された原稿、PowerPointに流し込むこと、出来るんです。PowerPoint2016を起動し、<ホーム>タブをクリック→新しいスライドボタンをクリック→アウトラインからスライドで、Wordで作成したファイルをアウトラインとしてPowerPointにインポートすることができるんです。

ところが、これにはある程度PowerPointでのスライドづくりを意識して、Wordで作成しておく必要があります。今回、いただいたWordの原稿ファイルは残念ながらこの方法は適していませんでした。

とはいえ、いちいち文章を入力したりWordの原稿からコピーして貼り付けしたりする手間は軽減されますので、このまま作業を進めてみようかと思います。

PowerPointの表示をアウトライン表示に切り替えてスライドの中身を絞り込んでいく

Wordの原稿は文章になっています。これではプレゼンテーションのスライドとしては適切ではありません。こういう場合は、<表示>タブをクリック→「アウトライン表示」に切り替えて作業を行います。

右側がメイン作業を行うエリアで、左側が各スライドの内容をアウトラインで表示しているエリアです。

要は、文章になっているものを箇条書きに変えたり、スライドを分けたりすればいいのです。では作業をしていきます。

アウトライン表示になっている部分を使って文章を分類していきます。アウトライン表示にするとスライドの入れ替え(話の流れ)がドラッグでできます。

タイトルとしたい部分の行末にカーソルを移動させ、Enterキーを押すと次の文章が次のスライドページに送り込まれます。そのままキーボードのTABキーを押すと、レベルが1つさがり、先ほどタイトルとしたスライドの内容となります。画面をキャプチャしようかと思いましたが、他人が作成したデータなのでやめておきます。

PowerPointでスライドづくり。いきなり作り始めるのではなく。

PowerPointでプレゼン資料を作るとき、みなさんは何から始めますか?わたしは基本的に、スライドマスターで大体のデザインを作ってから。

ちなみにスライドマスターというのは、ざっくり言うと「スライドデザインの骨格」のようなもので、スライドマスターに設定したものは今作成しようとしているスライドにすべて反映されます。

PowerPointのスライドマスターについてサポートしてきた
数日前、個人経営の社労士さんから「PowerPointでスライドを作っているが、スライドマスターをいじっているうちに修正ができなくなった」と...

このスライドマスターを使わなくてもプレゼンテーションの標準表示(PowerPoint起動直後)でもデザインの変更はできます。が、1つスライドを追加すると、またデザイン(フォントの変更とか文字サイズとか)を変更していかなくちゃいけない。

1枚1枚違ったデザインを適用するならこれでもいいですが、やっぱりスライドは全体的なデザインイメージは統一しておいたほうが、見る側にとって邪魔にならない。

というわけで、スライドマスターで大体のデザイン(フォントの変更や文字サイズ、箇条書きのリストマーク、背景、スライドに表示させたいロゴなど)を設定しておいてから、スライドを作り始めるようにしています。

PowerPointのスライドに使っているフォントを一括変換するには

PowerPointのスライドマスターを使えば、レイアウト枠のフォントを変更するとすべてのスライドのレイアウト枠にそのフォントが適用されます。

が、テキストボックスで入力した文字にはフォントの変更は適用されません。

1つくらいのテキストボックスなら通常のフォント変更で問題ないですが、複数のスライドにテキストボックスを挿入しているとなると、ひとつひとつのテキストボックスのフォントを変更するのはなかなか手間のかかる作業です。

そんなときは、スライドマスターの「フォント」を使って一括変換、一括設定することができます。

まず、スライドマスターを表示させ、「フォント」ボタンをクリック→フォントのカスタマイズをクリック

表示された「新しいテーマのフォント パターンの作成」の画面で、英数字のフォントと日本語文字用のフォントを好きなフォントに変更し、保存ボタンをクリックします。

これで、テキストボックスのフォントは、この新しいテーマのフォント パターンの作成で設定したフォントになっているはずです。

PowerPointのアウトライン表示は使える。

実は、PowerPointでスライドを作成するとき、わたしはアウトライン表示で作成しています。標準のプレビューモードでも作成できますが、なぜかアウトライン表示のほうが好きで。

アウトライン表示でプレゼンテーションで話す内容をざっと入力しておき、必要なところでタイトルに変えたり、箇条書きにするようにしています。

このアウトライン表示だと話の順番(箇条書きの順番)もドラッグだけで移動できますし、新しいページもEnterキーだけで作成できます。

スライドの中身を入力するときは、アウトライン表示で新しく追加した行でTabキーを押すとレベルが1つ下がり、スライドの中身を入力することができます。

中身を箇条書きで入力していくのは先ほどと同じEnterキーで改行?していけばいいのですが、次のスライドに移るときはどうすればいいかというと、Shiftキーを押しながらTabキーを押すことで入力内容のレベルを上げられ、タイトルとして新しいスライドとなります。

話の流れが出来上がったら、中身を詰める作業に入ります。たとえば写真を入れたりアニメーションを設定したり。その時は<表示>タブをクリック→標準をクリックして、アウトライン表示を標準に切り替え、作業していきます。

PowerPointにWordで作成したファイルをインポートする方法とアウトライン表示、スライドマスターについてのまとめ。

Wordで作成したファイルをインポートする方法とアウトライン表示とスライドマスターについて書いてみました。

Wordで作成したファイルを見ながらスライドを作る、というのも手ですが、インポートするで文字入力は省けるかと。

Wordでプレゼンテーションに使う原稿を作るときには見出し設定や箇条書きなんかを駆使してもらうと、このインポート作業はもっと手間が省けるかもしれません。

メールでのやり取りでのスライドづくりでしたが、Wordで作成された原稿の話の流れがしっかりできていたので、見た目を整えたりスライドらしく箇条書きに変更したりする程度の作業でした。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク