Word2016でモノクロPDFを保存するには ※ただし図形はモノクロにならないようだ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

操作マニュアルをWord2016で制作してほしいというご依頼。ついでにPDFファイルも一緒に納品してと言われたので、Word2016でAcrobat PDFとして保存から書き出したPDFファイルも合わせて納品したのですが。

スポンサーリンク

「PDFファイル、モノクロにしてもらえない?」とまさかの追加作業が発生。

印刷目的なら印刷するときにモノクロ印刷してもらえばいいのではないかと思ったので、そのようにお話したら、「PDF自体をモノクロにしておいてほしい」と。

元々画面キャプチャなどの画像はカラーです。ひとつひとつの画像をモノクロに変更するのか…。何ページある?画像は何枚ある?

Word2016で画像をモノクロ(グレースケール)にする方法はある。けれど…

ちなみに、Word2016で画像の色をモノクロ(グレースケール)にするには、画像を選択した状態で<図ツール>の<書式>タブの中にある「色」ボタンをクリック→色の変更にある「グレースケール」を選択すればモノクロにできます。

が、これを操作マニュアルに挿入されているすべての画像に設定するとなると操作に時間がかかってしまいます。これは効率が悪いぞ…、ということでいろいろ探ってみたところふと印刷の項目の中にこれを見つけました。

プリンタをAdobe PDFに変更し、モノクロでPDFファイルとして書き出す

すべてのWord2016+Windows10の環境で実装されているかは未確認ですが、印刷の中にあるプリンタの種類に「Adobe PDF」というのを見つけました。

「Adobe PDF」にプリンタを切り替え、プリンタのプロパティの中に設定項目があるかをを確認してみました。

Adobe PDFのドキュメントのプロパティという画面の中にある用紙/品質タブをクリックすると、色という項目の中に「白黒」というのがありました。

白黒をクリックした後、OKボタンをクリックすると元の画面に戻るので、印刷ボタンをクリックします。

保存先を聞いてくるので、デスクトップなど任意の場所を選択して保存ボタンをクリックします。PDFファイルが選択した場所に作成されました。

Word2016で挿入した図形はモノクロ(グレースケール)にはならなかった…

Word2016で制作した操作マニュアル(カラー版)をPDFで保存できているかを確認してみると、マニュアルの中のキャプチャ画像などはモノクロになっていたのですが、図形(矢印)のみ元の色のままでした。

ということは、モノクロになるのであれば、今回は矢印でしたがWordで挿入する図形の類(テキストボックスや吹き出しなど)は、塗りつぶしに色を使わず、色を使ったとしてもグレーや黒・白にしておけば問題なさそうです。

Adobe Acrobat Pro DCがインストールされているなら、色の置換を使えばモノクロPDFにできる

この方法でも操作できなくはないのですが、Adobe Acrobat Pro DCがインストールされているなら、こちらの記事を参考にしていただくとPDFファイルをグレースケール(モノクロ)にすることができます。

参考 Wordで作ったファイルをPDF保存。PDFをモノクロに変換する方法

Word2016で作成したファイルをモノクロでPDFにする方法のまとめ。

それにしてもなぜ、カラーのPDFファイルをモノクロに変換しなければいけなかったのか。ここがまだ腑に落ちていませんが、納品すると大変喜ばれたのでひとまず良かったということで無事制作完了です。

Word2016の印刷にあるプリンタをAcrobat PDFに切り替えることでモノクロでPDFにすることはできましたが、図形は元の色を保持したままになるとは。

ちなみにWord2016では図形といっていますが、それより古いバージョンだとオートシェイプと言われていましたね。オートシェイプといっても最近はあまり伝わらないことが多い(パソコンインストラクターあるある?)。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク