Facebookページのカバー写真を「Canva」で作成してみた

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページを作成中、「カバー写真を」と言われてパソコンに保存してある適当な写真や無料写真サイトからダウンロードした写真を使うことがよくあります。

先日、新たにFacebookページの開設を依頼された流れで、Facebookページのカバー写真という画面を見て、あ!そういえばFacebookページのカバー写真のサイズって指定があったような気がする…と久しぶりにFacebookのヘルプページでカバー写真のサイズについて調べてみました。

スポンサーリンク

Facebookページのカバー写真のサイズについて確認。 ※再掲

参照 Facebookページのプロフィール写真やカバー写真のサイズはどのくらいですか。

Facebookページのカバー写真については以前、Facebookページのカバー写真。いろいろ決まりがあります(2017年度)Facebookページのカバー写真はスマホ基準で作成しようでも記事にしましたが、現時点で大きな変更はないようですね。

一からPhotoshopで制作してもいいのですが、アイキャッチに文字を入れられるツールやウェブサービスはないかな?と相談されたときにご紹介した「Canva」というサイトを使って、今回は制作してみることにしました。

Canvaを使ってみる。

Canvaは会員登録をすれば利用できます(もちろん無料で)。ただし、利用する素材によっては有料のものもあります。無料で使うことができる素材には「無料」と表記されています。

作りたいものに合わせたレイアウトを選択する

なんて言ったって、パソコンで一からサイズ指定をして制作する必要がない、これが一番かもしれません。

Canvaで作成できるものはどんなものがあるのかというと、ブラウザからの利用とアプリからの利用で差があるようですが、ものすごい数です!

どういうところで使いたいか、使用するシーンによってサイズやレイアウトが準備されています。見ているだけでも楽しめます。

どうやらCanvaで利用できるレイアウト自体は無料、のようです。素材や背景などに有料のものがあるようです。

レイアウトに使っている素材に有料のものが含まれている場合は、ダウンロードをする前に支払いが発生するようなので、使いたいレイアウトに有料素材が含まれていないかを確認し、使われていたら無料の素材と差し替えることで無料ダウンロードが可能です。

では、さっそく、Facebookページのカバー写真を作成してみようと思います。今回は、パソコンのブラウザを使って作成し、CanvaのiPhoneアプリをダウンロードし、スマホからFacebookページのカバー写真として設定してみたいと思います。

まずは会員登録がしてある前提で。画面左側にある「デザインを作成」ボタンをクリックします。すると、先ほども書いた通りレイアウトが分類されて表示されます。

分類されている中から「ソーシャルメディアとメールヘッダー」を探し、「Facebookカバー」を選択します。

すると真っ白なページが表示されます。次に、画面左側にある「レイアウト」をクリックすると、Canvaが持っているレイアウトが選択できるようになっています。

レイアウトは初めからサイズが決まっています。もしも自分が作成したいサイズがレイアウト内になかった場合は自分でサイズ指定をすることも可能です。

自分が作成したいイメージに近いレイアウトをクリックすると、先ほどの真っ白なページに反映されます。

あとは、修正したい箇所をクリックし、文字を入れ替えたり、文字の色を変えたり、フォントの種類を変えたり。写真を入れ替えたり、背景の柄を変えたりすれば『自分らしさ』を表現することもできそうです。

フォントはアプリで作成するよりブラウザで作成したほうがたくさん種類があります。

フォントの種類も豊富ですし、何よりCanva自体が持つ無料素材が結構ありますし、無料写真をダウンロードできるサイトを利用してもいい。もちろん自分が撮影した写真を使うことだってできます。

自分で準備した写真やイラストを使用するなら、画面左側にある「アップロード」を使います。

4分ほど操作して完成したのがこちら。

書き出し(ダウンロードの際に選択できます)はPNG形式を推奨しているようです。このブログに出来上がりイメージを掲載しようとしたのでダウンロードしましたが、CanvaのアプリをiPhoneにインストールし、ログインしてあるのでそちらで作成したFacebookカバー写真を確認してみました。

Canvaを使ってFacebookページのカバー写真を作るときの注意

やっぱり、以前の記事にも書いた通り、画面の上下左右の中央に見切れてはいけないものや文字は配置したほうがいいです。上に完成イメージを掲載したのですが、やっぱり文字が見切れてしまいました。

参照 Facebookページのカバー写真はスマホ基準で作成しよう

画像加工ソフトを持っていない人やレイアウトをやったことがない人にはおすすめ!「Canva」

直感的に操作できるので初めてFacebookカバー写真を作成するという人にはお勧めしたいところです。他にもいろいろ使えそうなので、試していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

Facebookページのカバー写真を「Canva」で作成してみた
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク