FacebookページとFacebookグループの使い分け

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookには個人的に使うタイムラインのほかに、FacebookページとFacebookグループがあります。このふたつ、使い分けがうまくできていない人が多いようなので、備忘録的に書いておこうと思います。

スポンサーリンク

Facebookのページやグループはつながりを形として表したもの

Facebookは過去記事(facebookはあくまでも「個」。団体名、店舗名で登録するなら「facebookページ」を作りましょう)でも書きましたが、個として利用することが大前提になっています。

人は一人では生きていないというか、何かしらのコミュニティに参加もしていますね。それは職場であったりサークルだったり、もちろん友人関係もそう。

そのコミュニティを形にしたものがFacebookページであったりFacebookグループであったりするのです。

ところがその使い分けがご自身の意図とはそぐわず、目的と違うと相談を受けることがあります(Facebookグループに荒らしが登場?!)。

Facebookページは公式情報。Facebookグループは掲示板のようなもの

Facebookページは団体というか組織というか、ある程度決まった形態があり、公式な情報として発信するといった意味合いを持ちます。Facebookページは基本、公開情報となりますし、検索エンジンにもインデックスされます。

最近、検索エンジンで団体名や店舗名などを検索すると、Facebookページが検索結果に表示されることが多くなりました。もちろんFacebook利用者じゃなくても見ることができます。

Facebookグループは、どちらかというと掲示板のような使い方になるのかな。グループ名での投稿でのやり取りではなくて、グループに属した人どうしがコミュニケーションを取るような形です。ディスカッションというとイメージが近くなるでしょうか。

お店や団体、組織などの情報を発信するならFacebookページがいいと思う理由

Facebookページは外向け。Facebookグループは内向け。でも書きましたが、外向け、不特定多数の人に情報を届けたいと思うなら、Facebookページがいいと思います。

さらに、複数の人を投稿者とすることができますので、ひとりで情報発信を担うことが負担となりそうな人におすすめしたい機能でもあります。

関連記事 Facebookページを複数の人で管理する場合の役割について

Facebookページでできることは、写真や動画をシェアしたり、ライブ動画を配信したり、イベントを作ったり、クーポンを作ったり。また、Facebookページ同士でいいねができます。店舗や団体どうしのつながりが表現できるところもおすすめしたいもののひとつです。

Facebookグループでできること

一番大きいのがアンケートを取ったり、ファイルの共有ができるところです。WordやExcelで作ったファイルも共有できます。グループには公開、非公開、秘密といった公開範囲を設定することができます。これはFacebookページにはできないものですね。

FacebookページとFacebookグループの使い分けについて

Facebookページは公開範囲が設定できないという不安はありますが、検索エンジンに登録されるという点ではホームページを公開し、検索エンジンに登録されるよりはるかに速いような気がするので、両方を運用してみるのはどうかと思います。

また、Facebookグループはグループメンバーの関係を深めていくのに適していると思います。

それでもどちらを使用するにしても個であるタイムラインもうまく使って機能を活かして関係を構築していくのがSNSだとも思いますので、ご自身が思う関係性はどんなものかという点をよく考えていただいて活用していただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
FacebookページとFacebookグループの使い分け
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク