Facebookグループを開設したら。目的に合わせて設定を変えよう

Facebookグループを使っている人から「トラブルが起きた」「荒らしがいる」といったご相談が多く寄せらています。どうしても文字だけのやり取りになりますから言葉の行き違い、ニュアンスがうまく伝わらないということは想定内の出来事なのですが、相談の中にはFacebookグループの設定を変えれば解決しそうな事例も多くありますので、今回はその件について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

Facebookグループ内で意図しない動きをするメンバーがいる

Facebookグループを作った人から「グループを荒らされている」と物騒なメッセージをもらいました。どういう状況なのかを聞いてみると、Facebookグループにメンバーがどんどん追加されているとのこと。状況を確認したところ、確かにある一人のメンバーがメンバーをどんどん追加していました。

Facebookグループのメンバーが増えていいのではないかと内心思いながらも話を聞いていると、このメンバー、Facebookグループへの投稿が別のFacebookグループやイベントのシェアばかりしていました。

相談者曰く、Facebookグループの内容に合わないシェアばかりしてくる上に、おまけに他のグループメンバーから「関係ない投稿をするな」というコメントが入ったことで言い合いになっているというのです。

Facebookグループの設定が開設目的とは合っていない

今回のご相談。荒らしと言えるかどうかという点はさておき。気になったのが、相談者が言うFacebookグループに合わないという点。

Facebookグループの説明に開設の目的やメンバー追加の方法などを記載されていなかった

合わないと思っているのは相談者(Facebookグループ開設者)だけではないかと伝えました。実はこのFacebookグループの説明には何も記載されていませんでした。

最低限、Facebookグループの在り方のようなものをこの「説明」に入れておかないと、目的が明確ではないわけだから何でもあり状態になっても仕方がないんじゃないかと。

Facebookグループのメンバー追加方法が開設目的に合っていない

次に、メンバー追加の方法が初期設定のままでした。Facebookグループのメンバー追加方法の初期設定は、Facebookグループのメンバーであれば誰でもメンバーを追加することができるし、承認することもできます。

今回の相談者が言う「勝手にメンバーを追加されるのが困る」ということであれば、メンバーを追加することを許可しても、承認できるのは管理者だけという設定にしておかなければこの状況はクリアできません。

実はFacebookグループにメンバーを追加するだけならだれにでもできますし、このFacebookグループの存在を知ることができる人ならだれでもが参加申請をかけることができます。

追加というといきなりメンバーに入るというふうに読み取ることができますが、そうではなくて、メンバーに入れたいというアクション自体を追加というふうにFacebookでは言うのです。つまり、この段階ではまだFacebookグループのメンバーではないのです。

では、どうすればメンバーになれるのかというと、承認というアクションが必要になります。そして、Facebookグループの初期設定では誰でもメンバーを承認することができるようになっているのです。

今回の場合は、このメンバー承認の設定を管理者またはモデレーターの承認がなければ正式メンバーにはならないというふうに変更することで、相談者がいう「勝手にメンバーを追加されて困る」は解決できます。

Facebookグループの設定は、Facebookグループを開き、その他→グループの設定を編集から行うことができます。

追記 2017年12月18日現在、仕様変更を確認しました。

メンバー承認の設定は、グループメンバー全員か管理者とモデレーターのみとなったようです。誰から構わず承認することができないようにするには管理者とモデレーターのみに変更されるといいでしょう。

他にも、投稿の権限を限定したり、投稿自体を承認するかしないかという設定もできるようになったみたいです。

ちなみに上のキャプチャはFacebookグループの公開範囲が秘密のグループの場合ですが、Facebookグループが非公開もしくは公開の場合、メンバーの自動承認と参加リクエストで質問項目を設定し、グループへの参加意思を確認できるようになったようです。

Facebookグループは簡単に作ることができるからこそ、開設する目的を明確にしておくほうがスムーズに運用できます

以上のような対処をしたあと、そのAさんは途端に動きが鈍くなりました。たぶん、ご自身が思っているようなFacebookグループではないとご理解いただけたのではないかと思います。

今回の場合は、わたしが知っているような実害はなかったですので、これを荒らしと表現してよいものだろうかと思いはしましたが。Facebookに限らずインターネットを使った情報発信には付いて回るのが、開設者の意図しない言動だと思います。

以前に比べてつながりを表現する手段が増えてきた一方、このようなボタンの掛け違いのような事例も増えているのが現状です。中にはそうではない事例もあるかもしれませんが、まずはご自身がどのようなつながりを望んでいるのかというところをしっかりと考えて、開設・運用されることが「意図しない」ものに遭遇しないひとつの手ではないかと思います。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookグループを開設したら。目的に合わせて設定を変えよう
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!