Facebookページは外向け。Facebookグループは内向け。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookには通常使う個人的なつながりの部分であるタイムラインと、Facebookページ、Facebookグループがあります。

わたしなりの使い分け基準は、Facebookページは外向けに情報を発信する、Facebookグループは内向けの情報のやり取りに、そんなふうに使い分けています。

スポンサーリンク

FacebookページとFacebookグループではできることが違う

この記事にも書いたのですが、使い分けできていないなと感じることがよくあります。

FacebookページとFacebookグループの使い分け
Facebookには個人的に使うタイムラインのほかに、FacebookページとFacebookグループがあります。 Facebookペ...

まずはFacebookページとFacebookグループではできることが違う、そこから見ていきたいなと思います。

Facebookグループの説明を公式サイトのヘルプから引用します。

グループは、特定の人々と共通の趣味・関心について交流するための場です。家族間のコミュニケーションのため、仕事を離れたスポーツチームのため、読書クラブのためなど、グループはどんなテーマや目的についても作成できます。また、グループの参加者や公開対象に応じて、グループのプライバシー設定をカスタマイズできます。

Facebookグループは、交流が目的のツールなんですね。では、Facebookページはどうでしょう。

企業、ブランド、組織、著名人がFacebook上で情報を発信し、人々とつながるための手段がFacebookページです。Facebookページはプロフィールと同様、ストーリーやイベントなどでカスタマイズできます。ページに「いいね!」した人や、ページをフォローした人は、ニュースフィードを通じて最新情報を知ることができます。

とありますので、こちらは情報発信という手段を使ってつながりを生み出すという使い方をします。

ということは何が違うかというと、目的が違うということになりますね。

Facebookページで出来ること

まずは個人名ではなくFacebookページに付けた名前で投稿ができます。さらに投稿者は管理者または編集者の役割を持つ人が投稿できます。

Facebookページ管理には役割設定が大事。
Facebookページの管理権限には「役割」というものがあり、複数の人が管理していくうえでの権限を付与することができるようになっています。

そしてFacebookページとして、他のFacebookページを「いいね」することができます。リンク集みたいなものですね。ちなみに個人を「いいね」することはできません。

それから、どれだけ人の目に触れたかという「インサイト」を見ることができます。ちなみに30名以上のいいねを獲得していないと見ることはできません。

あとはマップを付けられたり、イベントを作成出来たり、レビューをもらえたりもします。公になっている、つまりパブリックなものという位置づけになりますね。

Facebookグループで出来ること

こちらで一番よく利用しているのは、作った資料を見てもらうときに使うファイルのアップロードです。

こんなの作ったけど意見ない?みたいな感じで使っています。

あとはそうだな…、アンケートです。これは会議の日どうする?みたいな投げかけをすることが多いかな。あとはこんなイベントをしようと思ってるけどどう?みたいなときも使うかな。

そうそう、これが大切な機能でしたね、公開、非公開、秘密。

これについては昔書いた記事があるのでリンクしておきます。

Facebookグループ。開設目的に合わせた設定を
Facebookグループを使っている人から「トラブルが起きた」「荒らしがいる」といったご相談が多く寄せらています。どうしても文字だけのやり取...

記事の内容自体は、荒らし対策の話ですが、公開、非公開、秘密のどれを選ぶかによって設定を見直しておく必要があるよという内容ですのでよかったら読んでみてくださいね。

外向けに情報を「発信」するのか、内向けに情報を「やり取り」するのかで選択は変わってくる

あくまでもFacebookページは、パブリック的な使い方。つまり個で情報発信しているというわけではなくあくまでも団体や店舗、企業といったものとして、不特定多数の人に向けて情報を伝えることができるというものだと思います。

反対に、Facebookグループは、同じ価値観・興味、関心といった何かしらの共通項を持って、自主的に参加するという使い方をするものなんじゃないかなと。つまり、積極的に声をあげて(投稿して)コミュニケーションを密にしていくという感じじゃないかと。

ちなみにFacebookページは一人で作成できますが、Facebookグループは作成する人ともうひとり必ず必要になります。

ということは、Aという会社で働いている、もしくはその会社の人から作成を依頼された人が作成できるのはFacebookページ。つまり、お客さんがその会社のFacebookページを作ることができないわけで(厳密には作れてしまうのかもしれませんが…)。お客さんがその会社のファンどうし交流できる場を作ろうと思えばFacebookグループを作る、こんな感じかな?

結構何度も書いてますね…、この手の記事。

ご相談が絶えないのでまた書いてみました。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク