飲食店のFacebookページ、運用のコツ。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店を営んでおられる方から店の宣伝をしたいのでFacebookに登録したのはいいけれど、どんなことを投稿すればいいかというご相談がありました。

飲食店。投稿ネタは豊富にありそうですが。

スポンサーリンク

Facebookの個人アカウントに投稿せず、Facebookページを作って投稿しよう

その方は40代の男性でオーナーであり、仕入れから調理まで担当されているそうです。お店のホームページは開設しておらず、スマホを購入したのを機にFacebookに登録したところ、知人から「Facebookページ作ったら」と助言をもらったそうです。

Facebookのアカウントを確認させてもらうと、アカウント名が飲食店の名前になっていました。いくつか投稿されているものを確認すると、投稿が「友達のみ」になっていました。これでは情報の拡散が難しいです。というのも、個人アカウントで投稿の公開範囲を友達のみにしてしまうと、この方とFacebook上で友達になっている人にしか見てもらうことができないからです。

関連記事 団体名、店舗名で登録するならFacebookページを作る方がいい

そこで個人アカウントのアカウント名をご自身の名前に変更してもらい、Facebookページを作成することにしました。

自分の名前を変更するにはどうすればよいですか。 | Facebookヘルプセンター | Facebook
名前を変更したり、アカウントに別名(ニックネーム、旧姓など)を追加できます。

Facebookページにどんなことを投稿すればいい?飲食店の場合。

告知しかしないFacebookページは流し読みされやすい

これはきっと誰でもが分かると思いますので詳しくは書きませんが、投稿される記事が告知しかないFacebookページは「いいね」が付きにくいです。

チラシを写真に撮り、そのままFacebookページにアップしているのもよく見かけますが、これも目には付きますが、内容までは読んでくれていないかもしれません。

写真は訴求力がある。が…

最近よく耳にする「インスタ映え」。写真というのは文章より伝わりやすい面があります。文字だけの投稿よりも人の目に触れるのは間違いないと思います。

とはいえ、ただ店内やメニュー、ドリンクなどの写真をただ撮ればいいというわけにもいきません。

スマホで撮影した写真をFacebookページにアップするときに、写真加工アプリを使って加工することがありますね。たまに見かけるのが明らかに加工し過ぎている写真。その写真を見た人が来店したときに実物とは違うという話にもなりかねません。このあたりは気を付けておかれた方がいいと思います。

それから一度に複数の写真を付けた投稿を見かけますが、パッと見た時に見える写真はせいぜい3枚程度です。それ以上だと、わざわざクリックまたはタップしないと見ることができないのです。よほど3枚目までの写真で関心が高まっているならクリックしてくれる可能性は増しますが…。

たとえば食材の写真なら、寄りの写真と引きの写真、あるいは食材の写真と調理後の写真というような感じです。写真の写り込みや背景にも注意してくださいね。あとピントも。結構ずれてます。スマホの場合、構図を決めてから一番見せたいところをタップしてピントを合わせる。この時点で明るさを調整できますので、それも使ってみてくださいね。

Facebookページに投稿するタイミングも大事

例えばランチメニューをアップするなら、お腹が空き始める時間帯、例えば10時~11時くらいという風に投稿するようにしてみてはどうでしょうか。今日はどこでランチを食べようかな?と考えている人が検索するかもしれないですし、Facebookをチェックする可能性もあります。

たまにはお店の雰囲気が分かるような写真をアップするのもありじゃないかと思います。例えば、忘年会シーズンなら大勢で利用したい人がFacebookをチェックしたり検索したりしますよね。そんなときに座席の様子を撮影し、「何名様までOKです」といった一言を添える、といったような感じでしょうか。

お店に「人の存在がある」ことを表現する

料理やドリンク、デザートばかりではなく、そこで働く人やお客さま(掲載許可は絶対に取りましょう)の様子を投稿するのは人の行き来を表現するのに効果的なのではないかと思います。

顔出しが難しいなら手元だけとかお客様の背中越しのスタッフの様子が伝わるような写真とか。人がいるところに人は集まります。動があるところに動きは生まれるのではないかと思います。

飲食店のFacebookページ投稿のヒント、まとめ。

Facebookページの投稿についてご相談いただいた内容を踏まえてこちらからお話した内容についてざっと書き込んでみました。

他にも話したような記憶があるのですが、思い出せるのがこれだけでした。まずはしばらく上に書いたようなことを意識した投稿をしていただき、効果測定をしていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
飲食店のFacebookページ、運用のコツ。
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク