Facebookページ管理のコツ。Facebookページの「役割」について

Facebookページは複数の人で管理することができます。ブログにしてもホームページにしても投稿や管理はだいたいひとりで行うことが多いのですが、Facebookページは複数の人で投稿や管理することができるので、情報発信をひとりで担うより負担が軽くなります。よって、団体や企業・店舗などが行う情報発信のツールとして有用であると思います。

ただし、複数で管理するからと勝手に設定を変更されたりしては困ります。そんなときには、Facebookページの管理権限「役割」を使い、管理に加わるひとりひとりに適切な権限を付けておくといいと思います。

スポンサーリンク

Facebookページの管理権限、「役割」について

Facebookページの管理権限「役割」には以下のものがあります。

  • 管理者
  • 編集者
  • モデレータ
  • 広告管理者
  • アナリスト
  • ライブ寄稿者

Facebookページを開設したアカウント(個人アカウント)は必然的に管理者となります。

Facebookページ名で投稿できるのは管理者と編集者だけ

Facebookページを閲覧したことがある人ならご存知だと思いますが、開設は個人アカウントなのですが、投稿者名はFacebookページ名となります。ちなみに、Facebookページ名で投稿できるのは管理者と編集者だけです。

Facebookページに寄せられたコメントやメッセージへの対応ができるのは管理者・編集者・モデレータ

Facebookページとして(Facebookページ名で)コメントに返信したりメッセージに対応ができるのが管理者、編集者、モデレータだけになります。

ここで、いきなりモデレータというのが登場するのですが、このモデレータの位置づけが少し分かりづらいですね。

モデレータというのはわたしの印象になりますが、Facebookページにコメントやメッセージがあったときに対応できる人を増やすためということなのかなと。外部からのアクションに対応する人を増やしてレスポンスを早くした方がいいからなのでしょうね。Facebookページのモデレータとは会社でいうところの窓口業務っていうところなのでしょうか。

ライブ寄稿者とは

Facebookページにライブ投稿という機能が追加されましたね。ライブ寄稿者とはFacebookページのスマホやタブレットを使ってライブ配信だけを担当する役割のことをいいます。

このライブ寄稿者はライブ配信のみが権限として与えられているので、Facebookページとして投稿できるのはライブ配信のみということになります。ちなみにライブ寄稿者以外にライブ配信ができるのは管理者と編集者です。

Facebookページでできることから役割を見てみよう

Facebookページの役割について書かれているFacebookページのヘルプをはりつけておきます。

ヘルプセンター
ページを管理する人の役割は6種類あります。管理者のみが他の人の役割を変更できます。

Facebookページでできることから役割を見てみると、Facebookページでできることすべてに権限があるのは管理者のみ

編集者ができないことはページの役割(管理権限の付与)や設定の管理だけであとはすべてできる。

モデレータは役割や設定の管理、Facebookページとしての投稿、ライブ配信はできないけれど、あとのことはすべてできる。

広告主については外部に委託することもあるので、Facebookページの投稿や設定は変更できないけれど、広告やプロモーション、投稿宣伝の作成はできる。

アナリストも同じく外部に委託することもあるので、インサイトを見ることができる。

ライブ寄稿者はライブ配信しかできない。

Facebookページの管理に携わっている誰が投稿したのかということを確認できるのはライブ寄稿者以外の人。

会社に例えると管理者は社長さんで、編集者は専務さん。モデレータは社員さん。広告主は広告会社さん、アナリストはコンサルタントさん?で、ライブ寄稿者は映像コンテンツ制作会社さん?っていうところでしょうかね…。うーん、ちょっと違うかな。

Facebookページを複数の人で管理するときに注意してほしいこと

Facebookページの役割がいっぱいあって誰にどの権限を与えたらいいか悩むくらいなら全員管理者にしてしまう方がいらっしゃいますが、注意が必要です。

全員が管理者となれば全員が設定変更可能になるということです。要は全員が同じ権限を持つわけですから、意図せず設定を変更されることもありますし、団体・企業・店舗として相応しくない投稿をFacebookページ名でされてしまうことだってあります。

誰にその権限を与えるのかを考えるのは非常に難しいし手間がかかるかもしれませんが、ここを怠ると後々思わぬトラブルに見舞われることもよくありますので、Facebookページを複数の人で管理する場合は役割については十分にお考えいただいたほうがいいと個人的に思います。

関連ページ 団体名、店舗名で登録するならFacebookページを作る方がいい

関連ページ 「Facebookページ」と「個人ページ」の違いを知って情報発信に活かしましょう!

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Facebookページ管理のコツ。Facebookページの「役割」について
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!