Facebookの使い方、プライバシー対策などいろいろまとめました。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの使い方やプライバシー設定にからむ相談を受けて書いた記事をまとめてみました。

スポンサーリンク

Facebookには2つの画面と2つのツールがある。使い分けられていますか?

Facebookには「タイムライン」と「ニュースフィード」という画面があります。タイムラインとは自分の投稿が時系列で並ぶ画面、ニュースフィードとは自分と関わりのある人の投稿が並ぶ画面です。さらに「Facebookページ」と「Facebookグループ」があります。

Facebookページを使うのはどんなとき?

Facebookページは、個人ページとは違い、主にお店や企業、団体、フリーランスなどの方が個人名ではない名前で情報を発信できます。

Facebookの個人用タイムラインでお店の告知をしている人へ
Facebookの個人用タイムラインでお店の告知をしている人へ
Facebookに実名ではなく団体名や店舗名で登録している方。個人ページではできないことがあります。
飲食店のFacebookページ、運用のコツ。
飲食店のFacebookページ、運用のコツ。
飲食店を営んでおられる方から店の宣伝をしたいのでFacebookに登録したのはいいけれど、どんなことを投稿すればいいかというご相談がありまし...

また、Facebookページは、複数の人で管理や投稿ができますし、それぞれの人に役割を付与するができます。複数の人で管理ができるということは誰でもがその設定を変更できるということ。もしそれがFacebookページをどう運用したいかという目的にそぐわない場合は権限を制限することもできます。

Facebookページ管理には役割設定が大事。
Facebookページ管理には役割設定が大事。
Facebookページの管理権限には「役割」というものがあり、複数の人が管理していくうえでの権限を付与することができるようになっています。

Facebookグループを使うのはどんなとき?

Facebookグループとは、同じ価値観や興味関心のもとに集まることができます。公開、非公開、秘密という公開範囲を設定できるので、グループの集まり方、交流方法を自身で決めることができます。

FacebookページとFacebookグループの使い分け
FacebookページとFacebookグループの使い分け
Facebookには個人的に使うタイムラインのほかに、FacebookページとFacebookグループがあります。このふたつ、使い分けがうま...

Facebookページ・Facebookグループは運用目的を明確にしておくべき

FacebookページもFacebookグループも、複数の人や不特定多数の人の目に触れることになるので、運用目的を明確にしておかないとトラブルの元です。

この事例はある団体がFacebookグループを開設するときにその運用目的を明確にしておかなかったために起こった小さなトラブルを例に書いています。

Facebookグループ。開設目的に合わせた設定を
Facebookグループ。開設目的に合わせた設定を
Facebookグループを使っている人から「トラブルが起きた」「荒らしがいる」といったご相談が多く寄せらています。どうしても文字だけのやり取...

Facebookを使っているうえで心配なのはプライバシー

Facebookというのは基本的に実名登録です。だとすると、実名で登録して個人情報は大丈夫なのだろうかという不安を口にする人がいます。

インターネット上のサービスなのですべてにおいて絶対に安全だとは言い切れないのが事実ですが、最低限、プライバシー設定を自分の使い方に合わせて見直してもらえるといいかなと個人的には思います。

SNSのプライバシー設定。使い方に合わせて変更しよう~Facebookの場合~
SNSのプライバシー設定。使い方に合わせて変更しよう~Facebookの場合~
Facebookに限ったことではありませんが、SNSは初期設定のままで使用していると意図せず自分の情報が広がってしまうことがあります。 F...

Facebookに登録した直後、プライバシー設定を何も変更していない状態だと登録した情報は公開情報になっています。それがもとで思わぬことに遭遇したという相談事例を元に書いた記事です。

Facebookの写真へのタグ付けについて

SNSは主にスマホでの利用が多いですよね。スマホについたカメラを使って撮影した写真をすぐに投稿できるというのがブログやホームページにはできない、情報発信の方法です。

SNSにはタグ付けというものがありますが、Facebookは写真に写り込んだ人にタグを付けられるようになっています。わたしはタグを付けるときは相手に「タグ付けしてもいい?」と確認してからタグをつけるのですが、勝手にタグを付けられて困ったという話もよく聞きます。写真にタグを付けるのは控えてもらった方がいいかなと個人的には思います。

Facebookのタグの種類と付け方、注意点
Facebookのタグの種類と付け方、注意点
FacebookをはじめとしたSNSにはタグというものがありますね。これはその人と情報をタグで結びつけるという作用がありますが、このタグには...

Facebookに限らずSNSにある機能、ハッシュタグについてはこちらにまとめました。

SNSを効果的に使うなら知っておきたい、「ハッシュタグ」って何だろう
SNSを効果的に使うなら知っておきたい、「ハッシュタグ」って何だろう
SNSを使っている人なら見たことがあるだろう「ハッシュタグ」。言葉の前に「#」を付けているものがハッシュタグと呼ばれているのですが、...

まとめのまとめ

Facebookは個人で利用するタイムラインとニュースフィードに加えて、FacebookページやFacebookグループというツールがあります。発信したい情報に合わせて使い分けられるので、自分の発信したい情報に合わせて選択してもらえたらと思います。

また、プライバシー設定やセキュリティについても一度見直してもらい、自分の使いたい目的に合わせて公開する情報を選択するようにしてもらえたらと思います。

ブログやホームページにはできない、SNSならではのメリットも大きいと思いますので、そのメリットやデメリットにも目を向けてうまく使い分けられるようにしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

Facebookの使い方、プライバシー対策などいろいろまとめました。
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク