Facebookのタグの種類と付け方、注意点

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FacebookをはじめとしたSNSにはタグというものがありますね。これはその人と情報をタグで結びつけるという作用がありますが、このタグには種類があります。またタグ付けをするときに気を付けてもらいたいことも書いてみようと思います。

スポンサーリンク

Facebookのタグ付け、3つの方法

Facebookの投稿画面から友達をタグ付け

Facebookの投稿画面で友達をタグ付け→相手の名前を入力して検索→タグ付け完了

投稿されるタイトルに〇〇さんと一緒にいますと表示されます。ここで注意ですが、一緒にいますと表示されるということは投稿時点で一緒にいる場合はいいけれど、そうでないのであればこの方法だとまずいですよね、今は一緒にいないのですから。

ということは、今一緒にいないけれど投稿内容(たとえばイベントとか遊びに行ったとか)の時点では一緒にいたというのであれば次の方法が向いていると思います。

@を使って文中にタグ付けする

投稿の文中で半角の@マークを入力後、タグ付けしたい友達の名前を入力することで文中にタグを付けることができます。

この方法にはポイントがあって、行の頭にタグを付けるなら上に書いた方法でタグ付けしたい友達を呼び出すことができますが、投稿分の行末、文末でタグ付けしたい場合は、半角スペースを入力してから@マークを入力すると上の方法で友達をタグ付けできます。Facebookページのタグ付けも同じ方法でできます。

投稿した写真にタグ付けするのはおすすめしない

写真を投稿すると顔が四角で囲まれ名前が表示されることがあります。これは個人的にあまりおすすめすることはありません。というのも顔を認識して誰かが表示されているのだと思うのですが、たまに間違った人がタグ付け候補にあがってくることがあります。

わたしも以前、写真にタグ付けをされたのですが、投稿された人が東京にいらっしゃったせいか、わたしも東京にいることになっていたようで「東京で何してるの?」とメッセージをもらってびっくりしたということがありました。

タグ付けには相手の許可をもらうようにする

本来、タグ付けはタグ付けしたい人に「タグ付けしてもいい?」と確認してから行うのが暗黙の了解になっているのですが、勝手にタグを付けられた!っていう方もいらっしゃるかもしれません。そんなときはFacebookのタグ付けを自分で確認・承認する設定に変更しておくようにしましょう。

タグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認するか

パソコンで自分のタイムラインを表示させます。次に、「・・・」ボタンをクリックし、「タイムライン設定」をクリックします。

タイムラインとタグ付け設定の画面が開きます。

まずは、「友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?」の「編集」をクリックするとオンにするかオフにするかが設定できます。ちなみに設定をしていなければタグ付けの確認がオフになっているので、ご自身の承諾を得なくてもその人のタイムラインに掲載が可能な状態になります。

この設定をオンにすると、確認メッセージが送られてくるようになりますので、心構えができますね。ちなみに最初はオフになっています。

あなたの投稿に他の人が追加したタグを、表示する前に確認しますか?

次に、「ほかの人によって追加されたタグやタグの提案の管理」→「あなたの投稿に他の人が追加したタグを、表示する前に確認しますか?」の「編集」をクリックするとオンにするかオフにするかが設定できます。オンにすると、相手のタイムラインに自分のタグ付けを承認するまではタグが表示されないようになります。これも初めはオフになっています。

あなただと思われる写真がアップロードされたときにタグ付けの提案が表示されるのを非表示にする

これは相手が写真を投稿した時に「〇〇さん」というふうに候補として挙がらないようにするかどうかという設定になります。

設定方法は、先ほどの「タイムラインとタグ付け設定」→「他の人によって追加されたタグの提案の管理」→「あなただと思われる写真がアップロードされたときにタグ付けの提案が表示される人」の「編集」をクリックし、「非公開」に変更にしましょう。

Facebookのタグ付けは拒否できない

実はタグをつけられることを拒否することはできません。タグ付けした人のタイムラインに掲載されることを拒否することはできないのです。

ただし、タグ付けをされた投稿をご自身のタイムラインに掲載しないという設定はできます。この設定をしていないと、タグ付けされるたびにご自身のタイムラインに掲載されます。

この「できない」という言葉を使ってしまうと、タグ付け=いけないものと思われてしまいそうで、使うことをためらってしまうのですが、それでも、タグ付けされたくないという人も少なからずいらっしゃいますので書いてみました。

タグ付けを削除するには

ちなみにタグ付けされたときに削除する方法は、以下のFacebookヘルプページに掲載されていたので、リンクしておきます。

ヘルプセンター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク