SNSを効果的に使うなら知っておきたい、「ハッシュタグ」って何だろう

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSを使っている人なら見たことがあるだろう「ハッシュタグ」。言葉の前に「#」を付けているものがハッシュタグと呼ばれているのですが、この使い方を少し工夫してみるというのもハッシュタグの使い方としてはいいと思いますので、少し書いてみようと思います。

スポンサーリンク

「ハッシュタグ」の使い方。どんなふうに使っていますか?

ハッシュタグとは、さきほども書いたとおりキーワードの前に「#」を付けることなのですが、そもそもハッシュタグとはどういったときに使うのか。明確なルールがあるわけでもない、いくつ付けたらいいのかということもありません。

自由に自分独自のものを付けることができます。どういうときに付けるのかというのも人それぞれ。フォロワーさん以外にも見せることができるきっかけにもなり得るものでもあります。

たとえば、Instagramに愛犬の写真を投稿する。その時に犬種をハッシュタグで付けると、ハッシュタグをタップすれば、同じハッシュタグを付けているInstagramユーザーさんの投稿を見ることができます。それはアカウントを閉じていない限定公開ではない状態でという条件は付きますが、見てもらえたら「いいね」を付けてもらえることもあるし、ハッシュタグをきっかけにフォロワー、フォローの関係が生まれることだってあります。

昔はTwitterだけで使われていたハッシュタグですが、今ではFacebookやInstagram、ブログサービスでもハッシュタグを使うことができるようになり、フォロー・フォロワーの関係じゃなくても投稿を見ることができたり投稿にリアクションすることができます。

ハッシュタグの付け方にルールはあるの?

ルールとまではいかないにしても、入力の仕方によってはハッシュタグとして認識されない場合があります。たとえばこんな感じ、です。

001
001

「#」を付ければいいというわけではなくて、「#」の前に半角スペースを1つ入れておかないとハッシュタグと認識してもらえません。

また、半角スペースのあとに「#」を付けてキーワードを入れますが、このキーワードの中に半角スペースを付けてしまうと半角スペースの後のキーワードはハッシュタグとは認識されません。

ハッシュタグを使って、いろんな人とつながろう!

ハッシュタグに使うキーワード。同じキーワード(興味・関心)を持つ人の投稿を見ることも見てもらうことができます。ただし、投稿者の公開設定にもよりますが。

ハッシュタグに使うキーワードを工夫すれば、同じキーワードを使う人たちとのつながりを生み出すことができます。

わたしはSNSの中でもInstagramでハッシュタグをよく使いますが、愛犬の投稿をきっかけにたくさんの人とつながることができています。投稿を見ると楽しい気持ちになれたり癒された気持ちになったりもします。

やみくもにハッシュタグをつけるというのはあまりお勧めしませんが、フォロー・フォロワーの関係を越えてつながるきっかけになり得るのがハッシュタグ、なのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
SNSを効果的に使うなら知っておきたい、「ハッシュタグ」って何だろう
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク